FC2ブログ

私と船旅 その馴れ初め vol2

大学時代はボート部に所属していました。オリンピック競技にもなっているあの細いボートですね。
2年生のときと4年生のときの夏の大会がそれぞれ大阪のどこかの運河を利用した競技場と琵琶湖の競技場でありました。
艇自体は競技場で貸し出してくれるのでそれぞれの大学のオールは各自で持っていく必要がありました。
競技場についてからの行動を考えると、やはり自動車があるほうが便利なのは明らかで、これらの年は部員の車で特に多く荷物がつめる車を選んでフェリーで移動をしました。
私の車はというといわゆる2ボックスカーで5人乗り、荷物もそこそこ積めたと思いますが、エアコンが無かったため選考から落ちました(爆)。
2年生のときは泉大津行きの阪九フェリーでした。そこそこ楽しかったのですが、硬いカーペットの上で一晩寝た翌日は体がきしんで辛かった覚えがあります。泉大津港はフェリーターミナルの近くに屑鉄置き場があって、着岸間際にそんな光景を見ているとどこかしらわびしい気持ちになりました。
4年生のときは神戸行きの阪九フェリーでした。
元来高速道路も満足に無かった地域に住んでいる生粋の田舎者にとって、神戸の高速道路網はとても運転しがたいものがありました。いったいどこでどう迷ったのか、大津へ行くはずが変な工業地帯に迷い込んで他のみんなに迷惑を掛けました。
そして大学生の最後の夏休み、ひとりで車の旅行に行ったとき神戸まで遠回りをしながら陸路走っていき、神戸から門司まで帰ってきました。
平成5年のことです。このときには船内のレストランも割高なのは分かっていましたからホカ弁を2個しっかり買い込み、船内に持ち込みました。5メートル未満の乗用車の航送料金が12980円、ネットも無かったからおのずと割引もありませんでした。カーペットにじかに寝ると腰が痛くなるから寝台を使おうと思いましたが、貧乏学生の身分ではその追加料金が出せませんでした。
そんなことを書いていると、お前あんまり楽しくなさそうだな!?と思われそうですが、実際それほど楽しく感じませんでした。そんなわけで社会人になると急激に船を利用する旅行という概念は私の頭の中から消えていきました。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR