FC2ブログ

ホンダビート 計器のちょっとしたメンテナンス

111023-1.jpg
ホンダビートのメーター周りです。
バイクを意識しているらしいですけど、そうかな??

ホンダビートはオープンカーですが、幌の造りはあまり良くなかったというのは以前書いた通り。
雨が降るたびに室内に漏れて、それに関わる電気系の故障も少なくは無かったようです。
メーター周りも叱り。
錆を呼んで積算計などが固着して動かなくなる車両は多数あります。
この車も積算計が動かなくなったため、前オーナーが新品のスピードメーターに交換したようです。
そのため私のビートは走行距離は1万キロ強をさしていますが、実はただの走行不明車両ということになります。


今回は計器類を外して軽く錆止めをすることにします。
111023-3.jpg
これは計器を後ろから見た写真。このカバーは差し込んであるだけです。

111023-4.jpg
こんな感じでビスを緩めます。短いドライバーを使っているのは長いものだとフロントガラスにぶつかるから。
ちゃんと短いドライバーも持っていないといけないようです。

111023-5.jpg
ダッシュボードの運転席側アンダーカバーです。
矢印にあるようなネジが左右で計2箇所あります。

111023-6.jpg
これを緩めるとこの通り。

111023-7.jpg
ステアリングコラムのアンダーカバーです。矢印に有るようなネジが計4箇所あります。

111023-8.jpg
外すとこんな感じです。

111023-9.jpg
ここまで外すと計器を固定するネジが見えます。これは右側。

111023-10.jpg
これは左側。この2箇所を緩めると・・・

111023-11.jpg
計器がアッセンブリーで外れます。

111023-12.jpg
ここからが多少面倒で、計器裏のネジを4箇所先に緩めます。ここは6角レンチが必要です。

111023-13.jpg
後ろのカバーを外すとようやく矢印に示すような配線を外すことが出来るのです。

111023-14.jpg
一応奇麗だと思う。

111023-15.jpg
こんな具合ですな。

111023-16.jpg
スピードメーターを外します。
ここまで来たら後はプラスドライバーで簡単に外せます。

後ろも基盤を外すとこの通り。

111023-17.jpg
前オーナーが交換してまだ3年くらいなのにもう錆が出ていやがる。
潤滑スプレーで適当に吹いた後、ポリプロピレン製のプラスチック部品の擦動部分はシリコングリースでスベリを良くしました。


111023-2.jpg
後は元に戻すだけですが、最後にこの写真。
下の積算計がずれてしまっています。
この辺がホンダ車は作りが甘いのかなーと思ってしまいます。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

やまとに乗船しました。
賑やかな船内で楽しいです。

ヤマトの子が髪を切っっていました。

Re: No title

こうじさん、おはようございます。
今度はやまとに乗られたのですね。

こうじさんならではの切り口の乗船記を楽しみにしています。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR