FC2ブログ

エニカ supertest (スーパーテスト) 21石

110819-5.jpg
エニカの機械式時計はジャンク品であれば安価で手に入れることが出来ます。
そんなわけで私もぶっ壊れたエニカの時計を(いつか)再生しようと安く買ったものがいくつかあるので大して興味がありませんでした。

写真のこの時計を見るまでは・・・


110819-7.jpg
インターネットオークションで見つけたのですが、とにかく届いた時点の状態は汚いの何の。
こんな汚いバンドを付けたまま出品するのだから、出品者も期待してなかったのでしょう。
ついでに言いますけど実際安く手に入れることが出来ました。(値段はその他のジャンク品の時計と3点セットで3000円足らずです。)

110819-6.jpg
しかしこの裏蓋。このようにエニカのマークが入っています。シールを貼っているとか、印刷とかではなくて別部品でわざわざ入れているようです。(状態はあまり良くないですけどね)
大抵裏蓋にわざわざその時計の会社のマークを別部品で入れると言うことはその会社をフラッグシップたる良い機械が入っていることがあるから落札したのです。
・・・で、裏蓋を開けてみると・・・

110819-8.jpg
やっぱり!
テンプ(この写真で見ると5時方向のもの)が大きく、振動数に頼らず安定した精度を出そうとした頃の設計。
それと比較すると角穴車(1時方向の歯車)が小さく作られています。多分自動巻きバージョンもあったはず。
しかも角穴車にはちゃんと磨きが入れてある・・・
さらに矢印に注目、ここには小さくシリアルナンバーが入っています。
すなわちメーカー本社で管理するための番号、それだけ特別に調整されたもののようです。
この時計のsuper test (スーパーテスト)というペットネームはそういう意味かもしれません。
これは是非再生しよう!!!

110819-9.jpg
まずケースから機械を取り出します。幸い文字盤の状態も非常によろしい。

110819-10.jpg
テンプを外します。

110819-13.jpg
こいつはきちんとこのようにばらばらにして汚れを奇麗に取ります。

110819-12.jpg
その他の部品の洗浄後の様子はこんな感じです。
前のエニカの時計と違って赤くメッキが掛けられているから奇麗です。

110819-14.jpg
まずは耐震装置から組んでおきます。(矢印の通り)  お約束です。

110819-15.jpg
輪列周りを最初に組みます。

110819-16.jpg
この通り。

110819-17.jpg
そしてゼンマイ周りを組みます。ここでぜんまいを巻いてあげて抵抗なくさらっと回るなら大丈夫。

110819-18.jpg
アンクルです。大体お米1粒くらいの大きさです。

110819-19.jpg
矢印のところに組みます。尻尾が見えると思います。

110819-20.jpg
テンプ周りもこのように組みなおして・・・

110819-21.jpg
試運転で速やかに動き出しました。
こんなことを言っては悪いがとてもエニカとは思えないほどこの機械は美しいぞ!

110819-22.jpg

110819-23.jpg
後はケースに入れるだけ。

110819-24.jpg
ちなみにこのケースも通常のエニカとは違う良い材質のようでした。
かなり酷使されたはずなのにメッキの禿げがほとんど無いです。
写真では分かりにくいですが、くすんだガラスも奇麗に磨き出してみました。
良い機械の方が再生していてすごく満足感があるぜ!!!とか思ってこの記事を書いていましたが、時期を同じくしてエニカ スーパーテストの25石を手に入れました。(この時計は21石です)
・・・・エニカも侮れないぞ・・・
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR