FC2ブログ

平成23年7月 新日本海フェリー すずらん・すいせん乗り比べ vol8

この記事はこちらからの続きです

オーセントホテル宿泊の翌朝です。
しぶとくいつものように午前5時過ぎに起きてジョギングをします。

110730-3.jpg
街中を通っていた手宮線跡を見たりしながら・・・

110730-2.jpg
おっと、こいつを忘れてはいけなかった。
小樽港に着岸したゆうかりの写真も取ります。これも利用したいけど、朝4時半に小樽港着というのがつらいんだよなぁ。

そんなこんなで小樽市内を約40分軽く走り、スウィートルームのバスタブで汗を流して食事を取ることにしました。いかにも慣れている感じのようですが、実際は元を取りたくて必死だったです。

和食を食べたいときは3階にある「入船」というレストランに行けば良いようです。
ブッフェスタイルではなくて朝食定食として出されます。よく見てみると「海鮮朝食セット(イカ、ウニ、アワビ入り)」など、夕食に食べてもいいくらいの高カロリーだったので、昨日夕食を取ったレストランへ。

110730-5.jpg
新鮮な野菜に、ベーコン。

110730-6.jpg
スクランブルエッグは卵そのものがいいのでしょう。ほんのりと甘くて美味でした。
リゾットも同様。ピクルスは・・・残念ながら嫁さんが作ってくれるものより美味しい(と、優等生な発言をします)。詳細はこちらをクリック
1個だけ載っているジャガイモもホクホクとしていました。

110730-7.jpg
冷製コーンスープにオリジナルトマトジュース。トマトジュースはオリジナル商品をアピールするだけに確かに美味しい。

110730-8.jpg
パンもしっかり食べて・・

110730-10.jpg
果物も余市産のさくらんぼなど、やはり素材にこだわっているらしい・・・

110730-11.jpg
こうなると普通のコーヒーもたいそうなものに思えてくる・・・

・・と、日ごろは食べることの出来ないような良い食事をがっついているとチーフと思しき男性が近付いてきて
「お前ら食いすぎだよ!!」と怒鳴られましたじゃなくて・・・

110730-9.jpg
「お客様方は昨晩の夕食のとき家族写真を撮っていませんでしたね・・。」と写真を1枚撮ってくれました。
子供の顔が一段と不細工に見えるのは、朝食の直前まで寝ていたから顔が腫れていたからです。
更にこいつなりの慣れない作り笑顔が不細工さに拍車をかけていました。
しかし実は私が一番にやけて嬉しそうな顔をしていたんだな、これが。

昨日は午後2時半にチェックイン。チェックアウトは午前10時半くらいと甘えさせていただきました。

110730-12.jpg
さて、この日の夕方には北海道から引き上げることになります。とりあえず、オーセントホテルのパン売り場で帰宅後の朝食用のパンなどを調達しておきます。
夜まで時間をつぶすためにとりあえず無駄に旭山動物園に行きました。

110730-1.jpg
旭山動物園の正門駐車場が満車だから東門へ進みます。
写真はその途中。たくさんの私設有料駐車場がありますが、それらの誘導を振り切って東門へ。

110730-13.jpg
と、そこまで行き着くと東門の市営無料駐車場があるんだな。何も知らないおのぼりさんで旭山動物園に行こうと思う人はこの記事を参考にしてください。

110730-14.jpg

110730-15.jpg
旭山動物園を題材にしたブログはいくらでもあるだろうから写真はこれだけ。
動物を退屈せずに見せる工夫はさすがで気が付くと夕方になっていました。

そして高速道路で苫小牧まで戻り、お土産を買いあさることにします。


110730-26.jpg
・・・これがそのお土産の1部。私が9日間の休暇を取る代わりに手を貸してくれた職場の同僚に1個ずつメロンを買いました。といっても苫小牧のイオンの生鮮食料品売り場で買ったもの。
1個980円のメロンを6個。1個680円の完熟メロンを3個。
観光客向けのお土産物屋で高価な贈答品用のメロンを買わなくても充分に甘くて美味しいのです。実際渡した人には「北海道のメロン丸ごと1個だ!」と狂喜乱舞して喜んでもらい、大好評でした。

その後苫小牧東港へ。

110730-16.jpg
お疲れのところすみません、親の趣味に付き合ってください。とたたき起こします。

110730-17.jpg

110730-18.jpg
すずらんはよくよく考えてみると5年位前に乗ったのが最初で今度で2回目です。

110730-19.jpg
どんな内装かも忘れてしまっているけど、楽しみだ。

110730-20.jpg
では乗り込みます!


110730-21.jpg
翌日撮った写真だけど、これはエントランス付近のもの。すいせんと違って随分暖かな印象の配色です。

110730-22.jpg
結構疲れていまして、20年以上愛用しているかばんのチャックも開きっぱなし、閉じる余裕もありませんでした。そしてゼェゼェ言いながら登りつめた所にビデオシアターがあります。

110730-23.jpg
その脇の特等室、スウィートルームエリアの廊下に入っていき・・・

110730-24.jpg
スウィートルームがあります。

110730-25.jpg
今回は右舷船主側の部屋、camel autumnという部屋を取りました。
camelといえば、おじいさんのモモヒキの色・・・そんなオシャレな配色だなと想像しながら部屋をあけて見ますと・・・

以下、私が乗用車を積み込みをしている間に嫁さんが先に乗船して撮った写真です。

110730-27.jpg
出入り口付近です。確かに暖かな印象の茶系統でまとめています。

110730-28.jpg
ベッド周りです。往路も復路もベッドの写真は1度座った形跡があるのがわかると思います。
それは疲れた子供が座ってしまうから。
嫁さんが「お父さんのために写真を撮らないといけないから立って。」と言うと黙ってうなずいて立ち上がるそうな・・・(泣)
ちなみにシーツも茶系統の色です。

110730-31.jpg
ベッドの足元付近です。奥側にトイレとお風呂があります。

110730-32.jpg
お風呂のバスタブはオフホワイト。タイルは茶色で品良くまとめていました。

110730-29.jpg
リビングエリアです。面白いことにソファーや椅子は薄い青紫色っぽい生地を使っていましたが、それはそれで違和感が無いのです。

110730-30.jpg
ソファーも向こう側。

110730-33.jpg
リビング側からベッド側を見た写真です。

110730-34.jpg
・・・ふぅ疲れた。ビールを飲んで寝ることにしよう。

                           その後の続きはこちらをクリック
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

情報他色々

手宮線は撤去の話も合った筈。運河の成功で残したのかも、不正確ですので信用されないように(笑)。4時半着は確かに眠いです、運転するとなると辛いでしょうね。何せ3時には…(笑)。でも、トラック類は6時までに降りないとその後が大変です。
野菜プラスベーコンですか、カロリー高ッ。夏は有料でも冬は無料で開放しているらしいです、全部かどうかは分かりませんが。なにせ横着して歩きたがらないですから、それと数年前は車が沸いてましたから混雑は半端ではなかったと思います、それの解消にはなってますね。今は落ち着いたので暇かな。

いまだに覚えているのが、水中ペンギントンネル。ニュースで見たときは衝撃でした、行列も凄まじかったです、確か最長3時間待ち。メロンは車で行っている利点ですね、夕張の国道沿いには直売所が沢山有りフェリーで航送している人達の行きつけの店も有るらしいです。来年からどうなるのかな。

エレベーターが有った筈ですが乗らなかったのですか、確か車両甲板と行き来できるんですよね。階段が急だったり狭かったりで1デッキ分なら我慢しますけど2デッキ分は辛い物が有りますよね。それを二回ですか。
高速タイプの二航路には車で乗っていないので車両甲板の詳細はまったく分かりません。新潟航路の乗用車専用のリフトデッキは見物でした、かなりな面積が上下する構造でした。ただ、これが稼動するとなると車を降ろすまでは大分掛かりそうな気配では有りますが。「しらかば」か「あざれあ」で1月4日に苫小牧東に着き降りたらターミナルから信号まで車が繋がってました。船腹は確かに乗用車しか見えませんでしたが何台積んでいたのでしょうね。

Re: 情報他色々

秋田利用さん、こんにちは。
この旅行の最中は毎日高カロリー食を食べていましたが、しつこいくらいにジョギングをしたから体重は増えずに済みました。
メロンはわざわざ観光客向けのお店で買うよりも地元のスーパーで買ったほうが安くて美味しいものが手に入ると思っていますが、どうでしょうね。夕張を抜ける高速道路が全通すると国道沿いの御土産物屋はかなり困ると思います。
ちなみにフェリー乗船中に限らずエレベーターはあまり使いません。フェリーのときは階段で最上階まで登るほうが高揚感があるので特にそうしています。

No title

ジョギングの理由が分かりました。私の場合航送が少なく歩きで早朝着と活動時間が思いっきり長いので特に何もしません。車だと逆に(爆)。
エレベータは持ち込んだスリッパで移動するので(チョロチョロし過ぎ)転倒防止の意味合いで使う事が有ります、外部デッキには靴で出ますが。
ウラを知っている訳ではないのですが、直売所によってはメロン農家が経営(系列?)していると聞いた気が。タイミングにもよりますが、そのような店だと食べごろになったのは捨て値で売るようです。
見通しは不明ですが、「乗り降り自由」の特例地域(特区?)にしてほしいと夕張市長が国に申請?したとか。

Re: No title

秋田利用さん、こんにちは。
道端でやっている直売所。これは農協などに出荷できなかったものを自分たちで売ったりするケースがあるらしくて、意外に良い収入になったりすることもあるそうです。
無人販売所でさえ、良い小遣い稼ぎになると聞いた事もあります。
私の住んでいる場所は浜松駅から車で10分足らずのところにあるのですが、何故か近所に3箇所ほど無人販売所があります。
良心に基づいた販売方法ですね。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR