FC2ブログ

ホンダビートについて

beat 前

その生い立ち、クルマのスペックなどはネット上でいくらでも手に入るので、わざわざここでは書きません。
このクルマが発表された当時、私はホンダ自体があまり好きではありませんでした。(ホンダのファンの皆さんすみません。)

理由は特別無いのですが、強いてあげれば親戚にマツダのエンジニアが居たから何となくマツダの肩を持っていただけでしょう。 当時のことを思い出してみるとマツダはマツダで今なおモデルチェンジさせながら継続販売しているマツダユーノスロードスターを発表していましたね。
クルマの完成度から言ったら後者の方が圧倒的に作りが良かったような気がしています。
ビートはというと、発表当初は軽自動車初のアレコレというセールスポイント(ミッドシップであるとか、4輪ベンチレーティッドディスクブレーキ標準装備とか)がたくさんあったけど、発売後メーカーはいろいろなトラブルの対応に見舞われ、その対策に追われたという記憶があります。

別に頼まれたわけでもないのにマツダの肩を持つものだからビートとロードスターを比較してみて、ビートの幌の作りの悪さ、ディスビの欠陥によるエンジンブロウの危険性、コンピューター故障のリスク、などを論ってみたりしました(買えもしないくせに)。
決定的だったのはわざわざミッドシップにしているのに前後の重量配分が50対50になっていないということ、リアヘビーなんですね、このクルマは。
そういう詰めの悪さを貧乏学生風情が評論家気取りで頭の中で反芻して、そのまま忘れてしまうわけであります。


時は流れてビート生産中止からまもなく20年。あれだけ悪く思っていたビートを買ってしまいました。本当は好きだったんですね。
たまたま良い個体にめぐり合えたこと、値段もお手ごろだったこともありますが、手に届かないところにあると思っていたからとりあえず悪く蔑んでいただけでしょう。

2009年3月、静岡県三島市で車を引き取り浜松まで乗って帰りました。
その印象・・とにかく疲れる。     シートの出来が悪すぎて連続運転は30分程度が限界だと思いました。
その後の雨天の日、幌は新品なのに室内にかなりの雨漏りが認められました。
そこでいろいろ対策を練る事にしました。

beat 後ろ
この後姿を見てリア周りがファットだと感じた方が居たとしたら鋭い!
手に入れたときのリアのタイヤサイズが175/65/14だったんですが、それを純正サイズと勘違いして同サイズの新品のタイヤに変えてしまいました。正しくは165/60/14です。一回り以上大きいものを買ってしまいました(涙)。


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR