FC2ブログ

2010年9月のマイナートラブル

先日愛車のエアコンが効かなくなりました。ご愁傷様で・・いやいや、センターコンソールのエアコンスイッチの故障なんです。
よく古い車の場合エンジンを掛けるときに過大電流が流れてアクセサリーの電装品を壊すことがあると本に書いてあります。
だからナビとかは可能であればエンジンを切る前に電源を落とすと良いとアドバイスされていたので私もエンジンを切る前にエアコンのスイッチはオフ、エンジンを掛けた後にスイッチをオンにしていました。
昨日いつものように駐車場に車を置いてエアコンのスイッチをオフにしてみたら、ボギィッと鈍い音がしてそれっきりオンに入らなくなりました。
9月に入ってもまだまだ30度を超えるクソ暑い日が続いています。
どうせつぶれるならオンの状態で潰れてくれたら良いのに、大体こういうのは持ち主が困る状態で故障することが多いように感じますな。


さて・・どうしようか・・・
実は1年以上前にインターネットオークションでこの車の部品は数点買ったので慌てずに済みました。
押入れからごそごそ・・あった、あった。
袋入り
部品取り

部品取りの方がウッドパネルの状態がよいのですが、今回はスイッチだけいただきます。
スイッチ

コンソールにはスイッチは押し込んで固定してあるだけ、裏側から押し出せばスポンと外せます。
そもそもこの部品を買ったのはクライメートコントローラーの部分の方が壊れると高くつくので買っておいたのですが、意外な部品が役に立ちました。
私の車のパネルを外します。
オーディオ側に2本ねじで固定されているだけです。上側は預けてあるだけ、合理的に作られています。
分解

配線をつけたまま後ろから押し出すとエアコンスイッチは簡単に外せました。
2本の黒い線は照明用の配線です。
取り替えたら後は逆の行程で組み付けるだけ。約10分で作業終了。
修理後

エンジンを掛けてエアコンのスイッチを入れてみるとそよそよと冷たい風が出てきました。

ちなみに、もしもこういう部品を持っていなかったらどうするの?という疑問があるかと思いますが、ある程度の高い金額でやむを得ないと納得できるならヤナセに注文すれば普通に手に入ると思います。
別の車種ですが、90年ごろまでこのスイッチが使われている車両がありました。
あちらのメーカーはこういう機能部品はいつまでの配給してくれます。ありがたいことです。

まず最初はこの車を手に入れて、最初の車検で経験したことを書こうと思ったのですが、先日こんなトラブルがあったものだから、急遽この記事を書きました。
センターコンソールの下側を固定している2本のねじも、実は緩めるのにコツが要るのですが、継続は力なりです。以前はいちいち途方にくれていたのに今はそれなりの解決方法を小出し小出しでも見つけることができるようになりました。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR