FC2ブログ

セイコーロードマーベル cal.5740の分解修理

110705-1.jpg
独身の頃に買いあさった壊れた時計を集めたジャンクボックスを探っていると、こんなものが出てきました。
いつ買ったか全く記憶がありませんが、セイコーロードマーベル(不動品)です。

ロードマーベルは昭和38年にグランドセイコーが発売されるまではセイコーのフラッグシップ的存在でした。後にキングセイコー、ロードマチックなど精度の高い機械式時計が発売されてもなお、根強いファンがいるのか昭和47年頃まで生産が続けられたと思います。(うろ覚えです)
この時計は最終型のcal.5740。アンティック時計のファンの間でも一定の人気のある品物です。

この時計自体はボロボロに使い倒されているのですから、仮に修理できたとしても高く売れるものではありません。
ガラスのシワのような傷は長年高温にさらされたり冷えたりするものだから、ガラスが膨張収縮を繰り返し、最終的に中心部に応力がかかってこのような傷が出来たものです。
ある程度防水がしっかりした初期の時計に見られます。

文字盤が茶色く変色しているのは直射日光によって、文字盤の塗料(薄いフイルム状のもの?)が変色したもの。
周りの滲みは汗だか、水道水だかが侵入したもの。
基本的に部品取り扱いかなぁ?
と思ったのですが、私の手元に来たのも何かの縁。
再生してみましょう。


110705-2.jpg
ゴリゴリゴリィ・・・と嫌な感じの音を立てながらケースを開けます。

110705-3.jpg
思いっきり塩が吹いているな。 拡大するとわかります。
ゼンマイは巻き上がった状態で動きません。

110705-4.jpg
汗が侵入して錆びた裏蓋です。
昭和44年に日本電信電話公社から贈られた記念品のようです。ふたの裏側に刻印があるとは珍しい。

110705-5.jpg
機械を取り出します。

110705-6.jpg
びっしりと汗の名残の塩のようなものがついています。

110705-7.jpg
気を取り直して、機械を台の上にセットします。
最初に必ず巻き上がったままの状態のゼンマイをフリーにします。これを忘れると分解途中で機械が吹っ飛びます。(本当)

110705-8.jpg
まずはテンプ周りを外します。ここは緊張します。

110705-9.jpg
このように分解します。

110705-10.jpg
次にアンクルを外します。

110705-11.jpg
こんな状態になります。

110705-12.jpg
香箱車を外します。

110705-13.jpg
ゼンマイを取り出します。

110705-14.jpg
ここまでしてから輪列を分解していきます。

110705-15.jpg
これは洗浄した状態。

110705-16.jpg
ここから組み立てに入ります。まずテンプ周りの耐震装置を最初に組んでおきます。(矢印の部分です)

110705-17.jpg
輪列を組んでからゼンマイをセットします。

110705-18.jpg
クオーツよりも機械式の時計の方が組みやすい・・一発で決まりました。

110705-19.jpg
ゼンマイ側を組みます。矢印の香箱車の汚れは取れませんでした。
ここで一回竜頭を巻いて見ます。軽く巻いてスルッと動きました。さすが、ボロボロになってもかつての高級機種だと思います。

110705-20.jpg
スムーズに動くことを確認してアンクルを組みます。

110705-21.jpg
奇麗に洗浄して再度組み立てをしたテンプ周りを組み付けます。ヒゲゼンマイに極力負担をかけないように気をつけます。

110705-22.jpg
出来たっ(嬉)。この状態で試運転してみます。スムーズに動き出しました。

110705-23.jpg
奇麗に洗浄したケースに収めてから針を組み付けました。本当は針を組んでからが正しいと思います。

110705-24.jpg
再度ガラスを圧入しようと思いましたが、ビキビキバキバキいいます。もうガラスが限界のようです。

110819-1.jpg
ガラクタ相手にしつこくお金をかけるのも何だかなと思ったんですが、機械の調子が良さそうだったからガラスを交換することにしました。送料込みで2000円弱です。
高いんだか安いんだか良く分かりません。

110819-2.jpg
圧入します。バキッとかいって割れたら元もこうも無いから正確にまっすぐに入れるのがコツです。

110819-3.jpg
文字盤も比較的奇麗なものがガラクタ箱にありました。
と言いましても少し汚れていて、金色のケース用の文字盤なのですが、元々のものよりまだ良いでしょう。

110819-4.jpg
出来上がりです。
誤差も正確に測ったわけではないですが、1週間腕に付けて使ってみて修正する必要も無い程度しかありません。
汗の浸入と長期間メンテナンスをしなかったため止まった時計ですが、それでも復活しました。この辺のタフネス振りが国産機械式時計の良い所だと思います。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

教えて下さい

当方のロードマーベルのオシドリピンが固くて全く動きません。なので、リューズが抜けません。リューズ操作などは何ら問題ないのですが、どうすればリューズを抜くことができますか?教えて頂ければ幸いです。

Re: 教えて下さい

サンちゃんさん、初めまして。

いろいろな時計のブログがある中で、私のブログにコメントいただいてありがとうございます。
現物を見ていないので何とも言えませんが、ひょっとしたら竜頭側から水が入って中がさびで固着している可能性があると思います。
思い切って金づちで軽く衝撃を与えてあげるとオシドリピンが下がるかもしれませんよ。

ありがとうございました

早速のお返事ありがとうございました。ご指摘のとおりオシドリピンが下がりました。本当にありがとうございました。良かったです。

Re: ありがとうございました

サンちゃんさん、こんにちは。

行動が早いですね。趣味の世界は助け合いが大切だと思います。
これからもよろしくお願いします。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR