FC2ブログ

セイコー 70年代 廉価版 クオーツ Cal.7121の修理

110519-2.jpg
またしてもインターネットオークションでジャンク品を買いました。
ノークレーム、ノーリターンという条件付です。その代わり3本セットで1000円足らずでした。
もちろん私以外に誰も入札しませんでした。
ためしに電池を入れてみたらピクン、ピクンと秒針が痙攣しています。
回路が生きていると判断できたため、分解修理をしました。


110519-3.jpg
多分1980年前後のそう高くなかった商品じゃないだろうか。安っぽいビニールのベルトに付け替えられているのが泣かせます。
この辺の時計についてまじめに論じているホームページなんか無いです。わざわざセイコーのカスタマーセンターにこの時計の概要について問い合わせても相手が困るでしょう。嫌がらせ扱いでしょうね。
しかし高くないといっても、今の感覚でも充分に良い値段がつけられていたと思いますよ。
時計が一生モノと言われていた時代のものですから。




ちなみにこちら…



110706-1.jpg
この最廉価版に近いと思われる時計と対極にある時計・・・要するに当時のセイコーの最高級クラスのクォーツの時計の機械です。パッと見でコストのかかった機械だと分かります。こういうのと比較すると今回修理する時計が高価ではなかったはずと言っているのが分かるでしょうか?

110519-4.jpg
それでは分解していきましょう。
まずはケースから取り出し・・

110519-5.jpg
回路部分は機械から抜き取って・・・

110519-6.jpg
ベンジンと刷毛を使って部品を洗浄した後組み付けます。

110519-7.jpg
この機種には歯車のホゾの軸受けに石(人工ルビーです。スベリを良くするために使われます。)が2石しか有りません。ステップモーターの上下部分だけです。
そこまで省略してしまうと組み付けもかなり大変です。ヒー!どうしても入らん!!

だいぶ悪戦苦闘してもダメなものだから一旦中止して昼ごはんを食べました。

110519-8.jpg
気持ちを取り直してやってみると、あっけなくスポッと入りました。案外そんなものかもしれませんね。

110519-9.jpg
後は回路部分の組み付け。

110519-10.jpg
決して高くは無かったといっても文字盤の作りこみはしっかりしている・・・
まじめに文字盤を傷つけないように針を載せます。

110519-11.jpg
出来たっ!! もともとのビニール製の白いベルトじゃあんまりだから何かちゃんとしたベルトを付けてあげよう。 
精度も月差30秒くらい。1度動き出してしまえばいともたやすく高精度をたたき出すのがクオーツ時計の強みです。
現行型のあんまり高くない時計だと機械は動かなくなるたびにアッセンブリーで交換することを前提に作られています。多分、この時計みたいに30年近くたっているとまともに使えることはないでしょう。
そんなことを考えながら自分で修理したりすると愛着も出てくるもので、たまには使おうかな??と思えるようになりました。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

こんにちは。
先日安いクォーツ時計をバラしてみたんですが、歯車の受けをはめるのがこれほど難しいものかと思い知らされました。
地板も輪列受けも樹脂製で石は1個か2個使われているような時計です。5個の軸を同時に嵌めなければならず、どう頑張っても上手く行きませんでした。
コツとしては垂直に下ろして一発で決める感じなんでしょうか?
それともグジグジっとゆすりながら入れる感じなんでしょうか?
高級な時計になればもう少しはめ易いものなんでしょうかね。

Re: No title

oink!さん、こんにちは。

さっそく取り組んでいるようですね。
私もクオーツの時計の輪列の組み付けは少々コツが必要で厄介だと思います。
ご指摘の通り、石が少ないのでホゾをホゾ受けに入れる感覚も悪いです。
クオーツの初期のころの時計だと石もたくさん使っているからまだ易しいと思いますが、それでも機械式の時計と比較するときついかも。

私なりのコツですが、なるべくまっすぐに歯車を置いて行って、上から軽く輪列受けを置きます。
指で軽く押さえながらステップモーターから一番遠い歯車から入れていくようにしています。
Cal.7542もそんな感じでいけましたよ。

最初は失敗するかもしれません。私もそうでした。
投げ出さずに頑張ってください。

No title

結局kの時計の不調だった原因は何だったのですか

Re: No title

にんさん、初めまして。

私のブログではたまにですが、時計の修理記事を出しています。よくこんな中途半端なブログにたどり着きましたね。
この時計に限らず、クオーツ時計はステップモーターの回転トルクが小さいため、目に見えない程度の汚れでも動かなくなることがあります。
http://meduboat.blog102.fc2.com/blog-entry-650.html
こちらの時計もやはり同じように目視では確認できない程度の汚れで動かなくなっていました。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR