FC2ブログ

平成23年5月新日本海フェリー はまなす・すいせん乗り比べ 2日目

この記事の前日の内容はこちらをクリック

110503-26.jpg
翌朝は7時過ぎに起床。本当は6時過ぎにアラームをセットしていましたが、疲れがたまっていたのか起きることが出来ませんでした。7時過ぎにおきても頭の中は寝不足状態でした。

110503-29.jpg
お決まりのこんなものを写真に撮って見たり・・

110503-27.jpg
フォワードサロンに行ってみたりします。
しかし何か様子がへんだなぁ・・・

110503-28.jpg
外はこんなに凪いでいるはずなのに、何故か船が動揺するのです。
出発前にネットで日本海の波浪予想などもチェックして大丈夫だと思っていたはずなのに・・・
睡眠不足が手伝ってちょっと気持ち悪い・・・・(悲)
どうやら前日まで北海道西側にあった勢力の強い低気圧の影響が残って海にうねりがあったようです。

110503-30.jpg
しかし、悲しんでばかりも居られない。進行方向より後方にエリアに居れば動揺もかなり少なくなります。
午前8時半に朝食となりました。


スウィートルームを利用すると自動的のレストランとは別のエリアであるグリルで食事を出してもらえます。
食事代は運賃に含まれているから得だといえば得なのですが、万一海が時化て乗り物酔いが酷くて食事が取れなくてもその分の割引はありません。無理やり豪華な食事が出てきます。
良いんだか悪いんだか・・・

110503-31.jpg
そんなことを思ったりもしますが、レストランの朝食バイキングと比較するととても優雅な感じ。
最初にサラダがでてきました。よくよく見るとビーナスクルーズのお皿ですね。

110503-32.jpg
今回の朝食は今まで利用した中でも最高に印象が良いものでした。
その訳はこのスクランブルエッグ。わざわざ別に作ってくれたようです。とても美味でした。

110503-33.jpg

110503-34.jpg

110503-35.jpg

110503-36.jpg
少しうねりがあって残念だとか言いながら、それでもすべて完食して部屋に戻ります。
部屋に戻るとやはりまだ船の動揺を感じました。
ベッドに入ってうつらうつらしていると大体9時半頃?10時頃?に船内放送で「すいせん」との反航の案内がありました。

110503-37.jpg
そこでガバッと起き上がってテラスにでて撮った写真がこれ。
マニアックなことを言いますが、「はまなす」のテラスから「すずらん」との反航を撮るというのはとてもレアな体験だったと思います。
しかし、やや霞みのある水平線の向こうから真っ白な大型フェリーが近付いてくるのを見るのはちょっと感動します。

110503-38.jpg
ちょうどすれ違うときにお互いに汽笛を鳴らします。往復とも「はまなす」の方が先でした。「はまなす」の船長の方が後輩なんですね。
ちなみに反航の一連の写真の中でちょうど真横に見えるものがありません。
それはホームビデオで動画も一生懸命撮っていたからです。
デジカメとハンディカムの二つを持ってガチャガチャさせながら撮影している私の後姿を見て嫁さんは一言「忙しいのね・・・」と・・・・・

110503-39.jpg
まだまだ本調子ではなく、布団に戻ってまどろんでいたらいつの間にか正午になってしまい、慌ててグリルに向かいました。
これは前菜です。名称は新日本海フェリーのホームページからいただいています。
オードブル 北海縞海老と帆立貝のカクテル カリフラワーのムース添え オレンジ風味

110503-40.jpg

110503-41.jpg
メインディッシュは魚料理か肉料理のいづれかが選べます。
これは肉料理。 赤井川産ポークのパイ包み焼き 余市産赤ワインソース

110503-42.jpg
こちらが魚料理です。旬の北海道産白身魚のヴァプール プロヴァンス風 ブールブランソース


110503-43.jpg
北海道素材のデザート3種盛り合わせ アングレーズソース
<フロマージュブランタルト・アフォガード・リンゴのコンポート>
デザートの彩りもなかなか良くて、少ない人数でよくやっていると思います。

110503-44.jpg
なんだかよく分からないけど、お昼のコーヒーはやけに泡立っていました。

110503-45.jpg
しかし昼を回る頃には船の同様も殆ど無くなり、子供に引っ張られるように船内探検へ。

110503-46.jpg
プレイルームにもつき合わされました。
2年前の8月に舞鶴航路を利用したとき、当時2歳の子供とここで遊んだ記憶があるのですが、ちゃんと覚えていたのには驚きました。

110503-47.jpg
嫁さんは乗船前に飲み物も簡単なお菓子類もちゃんと準備しているのに何故か売店に入ると何かを買うのですね。

110503-48.jpg
津軽海峡にはいる頃には殆どべたなぎ状態で・・・

110503-49.jpg
遠くに津軽海峡フェリーの船を確認できました。

110503-50.jpg
気分が良くて思わず午後のコーヒー(インスタントですけど)を飲んでみたりもしました。
うーん、気持ち良いなぁ・・

夕方に差し掛かる頃にお風呂に入ったりして、風呂の中からオーシャンビューを楽しみました。
写真はありませんけどね、みんなおっさんの入浴シーンは見たくないでしょ!?

110503-51.jpg
お風呂から上がってもう一度後方デッキへ。

110503-52.jpg
デッキからレストランの中を写してみたりしました。
このブログに載せることは無いと思いますが、前に舞鶴航路に乗ったときは特等室Aを利用しました。このときはレストランでアラカルトメニューを楽しみました。
その時は夕食をとった後ちょうど良い具合に夕日が沈んできて、たくさんの人がこのデッキでその様子を楽しんでいたという記憶があります。

110503-53.jpg
北海道が見えてきました。
そんなこんなで夕食の時間です。

110503-54.jpg
◎御造り・季節の三点盛り 牡丹海老・真つぶ・サーモン とホームページ上には有りますが、実際に出てきたのは牡丹海老とサーモン、イカにホタテでした。

110503-55.jpg
◎ガラス鉢 カラスミ大根サラダ仕立て
◎御椀 新得蕎麦(万能葱・茗荷・山葵・針海苔)

110503-56.jpg
◎焼き物 キンキの柚庵焼きと伊達鶏の山椒焼き

110503-57.jpg
◎揚げ物 たらば蟹の天麩羅・銀杏串

110503-58.jpg

110503-59.jpg
◎御飯・香の物 いくら御飯・カブの浅漬け・赤だし
おびただしい量のイクラが入っていました。

110503-60.jpg

110503-61.jpg
最後のデザート。◎水菓子 旬の果物・胡麻アイススクリーム とホームページ上には書いてありますが、実際はさわやかな風味のシャーベットでした。このシャーベットは大変美味でした。子供が私たち夫婦のものを独り占めしたくらいです。(独占欲の強い女です)
だから私は味見くらいしか出来ませんでした。

そうして午後8時半には無事到着。スウィートルームは快適すぎて下船も後ろ髪を惹かれる思いでした。
下船時に船の全景を撮れたら良いのですが、乗用車を積んでいるものだからなかなかそうもいきません。

下船する車の流れに乗って速やかに苫小牧東港を後にしました。

110503-62.jpg
向かった先は苫小牧プリンスホテルと言うビジネスホテル。
朝食つき、大人2人で7200円と格安です。移動手段にはお金をかけているくせにメリハリを付けています。

110503-64.jpg
それでもかつては結婚式などもしていたようで、施設は古いけどお気に入りなんですよ。

110503-63.jpg
子連れの私たちには嬉しい配慮だったかもしれません。子供は4歳で料金は取られないはずなのに和洋室に通されました。・・・というか、ひょっとしたら私が良く確認せずに予約をした可能性も有りますけどね。
今回の航海は朝までは多少の動揺はあったけど、全般的に静かな楽しい航海になりました。

                             この記事の続きはこちらをクリック
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

五月なのですが

ここしばらく乗れてないので…です(笑)。それはさて置き、連休後半にして正解でしたね。
今年は少し異常気味です、桜、畑作全て遅れてます、連休前半に通行止めが解除になった国道、道道が13日迄に度々通行止めになってました。
まあ、30年前だと知床峠は10月で通行止め解除は5月中(少し不正確)でしたけど。

ターミナルまでの距離を考えると自車持込は当然ですね、これが苫小牧西のようにレンタカーの営業所の有る、もしかしたら唯一かも知れないターミナルが到着地だと考え物ですが。私の場合立地が良いのか、有料駐車場に預けると送り迎えが付きます(その分割り増しですが)。これも私の場合ですが敦賀は全て夜でした(三年前の二月に初めての昼)、真っ暗な中での到着そして帰りも暗かったです(微笑)。二度は同日戻り(爆)なので発券時に念押しされました(笑)。

Re: 五月なのですが

秋田利用様。忠告ありがとうございました。
5月なのに札幌以南であたりが雪景色になりだしたのは正直驚きました。
こちらこそどうでも良い話ですが、いつか大洗深夜便に乗って苫小牧へ。その日のうちに敦賀直行便に乗って帰るというプランをやってみたいと思っています。
嫁さんも同行希望でした(喜)。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR