FC2ブログ

令和3年5月 BMW E46 318i 足回りのリフレッシュ 後編

この記事はこちらからの続きです。




IMG_3627.jpg
前回の続きです。
中途半端にしか縮めることのできなかったスプリングですが・・

IMG_3628.jpg
次の週にもう一つスプリングコンプレッサーを購入しました。
もともとのコンプレッサーはインパクト非対応の3000円程度のもの。
新たに購入したのはインパクト使用可のもので、10000円強しました。
インパクトが使えるとこんなに楽なのかと思う位に一瞬でスプリングを縮めることが出来ました。








IMG_3629.jpg
やっとボルトを装着できました。約6日間かかってやっと左前輪のショックアブソーバーとアッパーマウントの交換が出来たわけです。

IMG_3631.jpg
次は右前輪側に入ります。
写真で見てわかるように、バンプストップラバーも消滅していました。
こちらは工具がそろっているものだからこちらは約1時間もかからずに交換終了。

IMG_3640.jpg

IMG_3639.jpg
アッパーマウントは外す時に印をつけていた部分から出来る限りずれないように注意して固定しました。
前輪のショックアブソーバーとアッパーマウントの交換は終了。

IMG_3633.jpg
それでは次にコントロールアームを何とかします。(外すとは言っていない。)
まずサブフレームを外しました。

IMG_3634.jpg
6日間の間隔があいたので、いろいろ考えました。
コントロールアーム本体を交換するには最低限大きいバールを用意して、下からこじって嵌合を切り離すか、適切な長さの鉄パイプと重量の思い金槌を用意して上からガンガン叩いて外すしかないと思いました。
万一ぶっ壊してしまうと取り返しがつかないと思い、今回はコントロールアームブッシュのみ交換することにしました。
16ミリのボルトを2本外せばこのように下に降ろせます。

IMG_3635.jpg
次にベアリングプーラーを使ってブッシュを引っ張ってみました。
事前にしっかりシリコンスプレーで潤滑しておくと、ジリジリと引き抜けてきました。

IMG_3636.jpg
新旧比較。
古い方はブッシュの部分を手の力で動かすことができるくらいになっていました。(封入してあるオイルがくちゃくちゃ言っている音もしました。)新しい方は当たり前でしょうけどカッチリしています。

IMG_3648.jpg
ブッシュだけ交換しようと思ったのは、コントロールアームをアッセンブリ―で注文したら圧入している状態で来ると思っていたのに、自分で圧入しなくてはならない状態で来たからです。
人力で出来ると信じてる!(それが出来ないと、古いブッシュは外してしまったので、今週も車庫で立ち往生したままになります)

IMG_3637.jpg
・・・と言うことで、シリコングリースとシリコンスプレーでしっかり潤滑性を向上させてみたら、意外にも何とか手で押し込めました。
下の方にゴムハンマーの頭が見えていると思いますが、叩かなくても大丈夫でした。写真は左側、右側もスムーズに終了。

IMG_3638.jpg
その後ブッシュを固定。
多分締め付けトルクはちゃんと考えておかなくてはならないだろうと思って、均一に6ニュートンメーターで締めました。

IMG_3642.jpg
次はリアのショックを交換します。
トランクの内張りを外してみると、アッパー側は13ミリのボルト2本で固定されていました。

IMG_3644.jpg
ロア―側は18ミリのボルト。

IMG_3643.jpg
これで簡単に外せます。
写真は左リアですが、ショックが抜けてしまっていました。(オイルで濡れているのが分かると思います)

IMG_3645.jpg
リア側のショックアブソーバーもバンプストップラバーは崩壊していました。

IMG_3646.jpg
きれいにしただけでも気持ち良い!
リアの組み換えは簡単でした。
せっかく4輪とも外しているので、タイヤのローテーションもしておきました。

IMG_3647.jpg
一応これで無事動くようになりました。(タイヤローテーションもですが、ブレーキホースとかパッドの厚みもチェックしたから1年点検も兼ねたつもり)

IMG_3649.jpg
翌日近所のアライメント調整の出来るカー用品店に予約を入れてアライメント調整をしてもらいました。

ビートは前輪、後輪とも調整できる場所が1カ所ずつしかないので、自分でアライメント調整までしてみました(詳細はこちらをクリック)。しかし結構地味だし、シビアだし、じたばた動き回らなくてはならないから疲れるし、何よりもBMWは前輪、後輪とも3か所ずつ調整箇所があるので素直に外注しました。

IMG_3650.jpg
結果はめちゃくちゃかな?と思っていましたが、前輪のトー調整以外は(意外にも!)メーカー指定の数字に収まっているようでした。

IMG_3677.jpg
左側のトーと・・

IMG_3678.jpg
右側のトーが盛大に狂っていました。

IMG_3679.jpg
フロントトータルトーはこんな具合。
その他前輪のキャンバー角、キャスター角は規定値内に収まっていました。

IMG_3651.jpg

IMG_3652.jpg
リアキャンバー角もメーカー指定値から左は1分、右は2分のだけずれているだけで済みました。
リアはギリギリ規定値から外れている程度だから、フロントだけ調整すると言っていました。

IMG_3680.jpg
調整後は無事フロントトータルトーが規定値内に入りました。

IMG_3681.jpg
ところで、後輪のキャンバー角ですが・・

IMG_3682.jpg
いじっていないにもかかわらず、再測定すると今度は規定値に入っていました。
調整された方は、どうしてもわずかな誤差が出ますので・・と丁寧に説明してくれました。


キャンバー角の測定誤差は左リアが5分、右リアが2分。
「角度の「分」は60分=1度ですから、ごくごくわずかですよね、大丈夫ですよ。」と言うと、何かホッとしているようでした。測定誤差の事をブリブリいう人もいるのかなと思いました。



IMG_3676.jpg
その後の運転したフィーリングですが、大きなうねりでボディが多少ボヨンボヨンする感じがあったのが消滅していました。
それから少し速くなったような・・?アライメント調整はやっぱり大切なんだなと思った次第です。





スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

ぼよんぼよんッはほぼショック抜けですからね。気持ちよさが伝わってきます。
過去の車でぼよんッが激しいのがありましたがそのまま乗りつぶしました。w

No title

ボートさんは器用ですね。
またガレージライフもいい感じです。

ところでスバルはどこにあるのでしょうか?

Re: No title

サッピエロさん、こんにちは。

私は自動車評論家でも何でもない一般ユーザーなのですが、ショック交換の効果は絶大だと感じました。7,8万キロ走った時点でショックだけ交換しても効果は実感できるでしょうね。
ホンダビートのショックを交換したのが初めてだったのですが、どちらもこんなに良くなるならもっと早くにやれば良かったと感じた次第です。

それなのに何となく躊躇ったのはそのままでも乗れなくはないし、これが生涯2回目のショック交換なので、すごく不安だったからなんですけど。

Re: No title

コウジさん、こんにちは。

車は自分でいじり散らかして動けない状態にしてしまうのだけは避けなくてはならないので、イメージトレーニングだけはしっかりするようにしています。今回はばらしたショックが組めなくなったので焦りましたけど。
ネットでいろんな情報を仕入れることができるのは非常にありがたい事で、事前にちゃんと調べています。

スバルはショックを組んでいる写真の向こうに緑色のバイクが見えると思いますが、その奥側にあります。
エンジンはオーバーホール済みなんですが、塗装の状態が悪いので何となく気乗りしないのです。
でもこんなふうにせっつかれると何とかしようという気持ちになります。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR