FC2ブログ

平成11年のオーダーメイドの靴

umeya1-1.jpg
オールデンのVチップやJMウエストンの靴などに手を出したりするものですから、靴に対する興味は尽きることが無く、オーダーメイドの靴が気になりだしました。
平成9年から10年の頃の話です。
当時から究極の靴はオーダーメイドにあり!と言う風潮はありました。
ヨーロッパのそうそうたる靴屋に注文をすればきっと良い靴もあるのでしょうが、その値段は当時でも「30万円から」というものでした。すなわち、30万円では済まないと言うことだと思いました。

振り返ってみると私の故郷である福岡県、特に北九州市はかつて大変景気の良い時代がありました。
寂れ気味の商店街の中にも「オーダーメイド紳士服」なんていう看板を今尚つけている店があったりしました。
もしかしたらオーダーメイドの靴屋なんてあるのかな?と思っていると意外に当時の職場からそう遠くないところに有りました。

値段を聞いてみると決して高くは無い(国産の既製品の比較的高い商品が買えるくらい)ので思い切って作ってもらいました。
正味1ヶ月で出来上がりましたが、果たしてそれは失望するばかりのものでした。
全体的に緩くてわざわざそれを選んで履いて歩こうという気にはならないものでした。




その後同じ北九州市内で別のオーダーメイドの靴の店を見つけました。
店主は少々(というかかなり)偏屈ではありましたが、素材にもこだわって時間をかけて作っている、自分の作る靴ほど良い靴は無いと語っていましたので、だまされたと思って作ってもらいました。(値段も結構高かったです。)

結果・・・だまされました。
確かに履いてみると当たるところも痛くなるところも全くないのですが、非常に履きにくい靴でした。
無理に半日でも履くと足が筋肉痛になりました。
そんなことからオーダーメイドの靴なんてものは夢想の世界のものと思うようになりました。

ところでこの写真の靴は私のオーダーメイドの靴です。
その大失敗だった靴ではありません。(その2足の靴はとうに処分しました)



その後平成11年くらいに福岡市内をぶらついているときに小さな靴屋を見つけました。
その看板には小さく「オーダーメイド紳士靴」と書いてありました。
既製品の靴もたくさん並べているその店内に冷やかし半分で入ってみると、物静かな店主が居りました。
 
オーダーメイドの靴を見に来たと言うことを伝えると、陳列棚の方を指差して「その辺にあるのが作った靴だけど、それでいいなら○○円で良いよ。」とつっけんどんに言ってきました。○○円はオーダーメイドの靴としては決して高くない値段でした。
私が「まだ決めかねているが、実際作ってもらうとしたら幾らくらいかかるのだろうか?」と尋ねました。
私も既に失敗を繰り返しているのでその辺は慎重でした。
正直に北九州市内で靴を作ってもらったが一箇所は安かったがそれなりだった。もう一箇所は高い挙句にとても履く気になれない靴だった。と正直に伝えました。
そんなこんなのやり取りをしたあと、結局もう一回だまされたと思って作ってみようと思いました。(当時は独身で収入もそれなりにあったから金離れの良いやつだったんです)

写真の靴はまさにそのときのものです。
この靴はオールデンやウエストンの靴のような履きやすさとはまた別の履きやすさがありました。
好んで履こうとは思わなかったのですが、仮に出張で何日も一足の靴で過ごす必要があるときはこの靴を選びました。
多分無難にこなせる靴だと無意識に思っていたのでしょう。

umeya1-2.jpg
非常にシンプルな外羽式の紐靴ですが、ハト目(紐靴の穴)は3つ。(普通は5つか6つです)
何かの雑誌でドイツ海軍で採用されている靴はハト目3つの外羽式の靴だだという記述を見たからその印象が強くてわざわざこのデザインにしてもらったのですが、はたしてそれが本当だったか記憶が定かではありません。
大抵はどの国の海軍でも採用されているのはプレーントゥーと言うタイプのデザインの靴ですから、もしかしたら思い込みによる間違いかもしれません。

ちなみにこの靴、御主人が私の我侭を聞いてくれまして、外は普通に黒ながら、中は濃紺になっています。(写真では分かりにくいですが)
靴を脱いだときに濃紺が映えるに違いないと思っていたのですが、むしろもっと明るい青にしてもらった方が格好良い靴になったかもとちょっと残念でした。

写真では分かりにくいのですが、右側の靴の内側に私の名前が刺繍してあります。
左側には店の名前を刺繍したラベルが入っていました。
平成26年で15年目に入るこの靴も結構履いてきたのですが、まだまだ実用に耐えられそうです。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR