FC2ブログ

令和2年8月 コロナ禍はJR四国にお金を落とす旅 Vol.7

この記事はこちらからの続きです。





DSC09684_20200916154959888.jpg
前々から乗ってみたいと思っていた「伊予灘ものがたり」に往復乗車をしたら・・

DSC09690_20200916155008e61.jpg
松山駅で特急列車に乗り継いで・・

DSC09693_20200916155012cf9.jpg
午後8時前にオレンジフェリー東予港フェリーターミナルに到着しました。










DSC09695_2020091615501749a.jpg
到着時刻はこんな感じ。

DSC09694_20200916155014cc1.jpg
古い建物の前に有ったこの二つはこちらの移設されていました。
きっとそういうのを大事にする姿勢なんでしょうね。

DSC09696_20200916155016382.jpg
ターミナル内で切符を購入。
切符を買う前に検温を受けました。

DSC09698_20200916155020206.jpg
待合室のある3Fにやって来ました。
うーん、やっぱり少ないねぇ。

DSC09697_2020091615501824a.jpg
しかしあと10分程度で乗船開始。
変に待ち長い訳でも無く、接続時間が短すぎて慌てる事も無く、うまく設定できたと思います。

DSC09699_20200916155022c8d.jpg
午後8時に乗船開始の放送がありました。

DSC09702_20200916160706ae8.jpg

DSC09700_202009161550245dd.jpg

DSC09703_202009161607087d9.jpg

DSC09704_20200916160708fe7.jpg
インフォメーションで鍵を頂いたら・・

DSC09705_202009161607091af.jpg
911号ロイヤルルームへ。

DSC09706_20200916160713e87.jpg
ドアを開けるとこんな風景が広がります。
こちらはリビング側。

DSC09708_202009161607143ed.jpg
そしてベッドルーム側はこんな感じ。
広いのなんの。往路のダブルルームと同じ料金はう~ん・・となってしまいます。
どうせだったらダブルの方はロイヤルシングル(2人目はスイート料金)とかした方がええんでないかい?みたいな印象です。

DSC09707.jpg
その他細かい所をチェック。
オレンジフェリーでは当日中に折り返すのであれば荷物は置きっぱなしにしても大丈夫です。(もちろん申告の必要はあります)
部屋の中に着替えなどを入れておいた大きなバッグがそっと置かれているのはちょっと感動しました。

DSC09709_2020091616071478c.jpg
テレビはリビング側とベッドルーム側の2か所に有ります。

DSC09710_20200916160717bda.jpg
お風呂もロイヤルダブルよりも一回り広いです。

DSC09711_20200916160719fa3.jpg
そういうもあれこれを確認して、お風呂に入ったら、バタンキューでした。
船内放送でレストランメニューの紹介をしているのが聴こえると、何となく小腹が空いてきたような気もしました。しかし仮に無理して食べても絶対翌朝お腹が持たれて後悔するだろうと思って我慢していると、いつのまま寝てしまいました。

DSC09712_20200916160718344.jpg
翌朝です。
大阪南港到着の船内放送とともに起き出しました。

DSC09713_20200916160721533.jpg
往路ではあまり眠れなかったから、ぐっすり寝ていました。
お風呂に入ってさっぱりしたら、この時間に食事に行くことにしました。

DSC09714.jpg

DSC09715_20200916160724d19.jpg

DSC09716_202009161607274c0.jpg

DSC09717_20200916160728462.jpg
普段であれば大阪南港着の便ではビュッフェ形式なのですが、コロナ禍でお客さんが少ない令和2年8月の時点では和食か洋食のセットメニューでした。

DSC09718.jpg
昨晩切符売り場で購入したチケットを厨房員の方に渡して待つこと暫し・・

DSC09719.jpg
お待ちかねの朝食プレートがやって来ました。

DSC09720_2020091616073075b.jpg
鮭がでかい~(嬉)!
ちゃんとした蒲鉾、和歌山の1粒100円くらいする梅干しも健在。

DSC09721_20200916162238e34.jpg
そして今回何よりもうれしかったのが、こちらの出汁巻き卵。

DSC09722_202009161622428b4.jpg
新船が就航した時から業務用の出来合いの出汁巻き卵になっていてとても残念な気持ちでしたが、以前のような船内でちゃんと焼いた出汁巻き卵に戻っていました。

DSC09723_20200916162242750.jpg
御馳走様でした!
美味しゅうございました!!

DSC09724_20200916162242433.jpg
食後のコーヒーを貰って、部屋でくつろいでいたらこんな時間。
楽しい時間はあっという間。

DSC09725_20200916162246217.jpg
そろそろ降りますか。

DSC09726_2020091616224611b.jpg
ありがとうございました!

DSC09727_20200916162248b92.jpg
お前も頑張れよ!

DSC09728_20200916162250131.jpg
大阪南港に徒歩下船は本当に久しぶりだった。

DSC09729_202009161622501f8.jpg
南港内の駐車場に戻ってエンジンスタート。
代金は1500円でした。

DSC09730_202009161622533c2.jpg
松原ICより高速道路へ。
西名阪道を通過。

DSC09731_202009161622550fe.jpg
ドドドドド・・・
名阪国道通過。

DSC09732_2020091616225684e.jpg
屋外は最高気温34度くらいまで上がっているのに、ちゃんとエアコンも冷えてくれていました。

DSC09733_20200916162257cef.jpg
そうこうしているうちに、伊勢湾岸道へ。

DSC09734_20200916162258e82.jpg
無事浜松に帰ってきました。


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

お前も頑張れよという言葉が彼らに響くといいですね。

オレンジフェリーのメニューに3品追加されましたね。
黒毛和牛すき焼き御膳1,500円
広島のカキフライ定食 1,100円 単品800円
たい出汁茶漬け 定食 1,500円
食べてみたいですね。

悲しいお知らせがあります。
日本食研のホテルが年内で閉館です。
残念です

No title

久し振りのコメントです。身の回りが大変でした。少しだけ一息付けたので・・・。
札幌は大変ですよ。ススキノ近辺は特に倒産爆発。私の知り合いも店をたたみました。
一息ついたら京都に店を出すそうで少し相談に乗ったり・・・。
それと、JR北海道も倒産は時間の勝負。赤字が凄い状態。市内はほとんど感染対策は
しっかりしていると思いますが、どこかで見逃しが出るんです。毎日10~30人陽性。
ま、クラスターが大きくを占めますが。このまま与党に任せていては先ずダメでしょうね
もう経済病にかかってますから。
壊れた物等も修理も出来ず困りもの。でも、旅はいいですね。出来る人は楽しめると良い
と思います。慎重に経済病にかからないとネ。笑(^^♪
コメント一つ余裕が無く大変でしたが一瞬ずっと拝見はしていました。どうか皆さん体調
管理、お互いではありますががんばりましょう。


Re: No title

こうじさん、こんにちは。

名門大洋フェリーはなんでしょうね。乗船していても何となくそっけない感じがすると言うか・・
大浴場の湯船もどう考えても小さいし、レストランは業務用食材を並べているだけだし。
それでも顧客を獲得しているからそれでも良いのだと個人的には思っています。

日本食研のホテル・・あれが今治にあっただなんて、愛媛で仕事をしている時も知らなかったです。お値段も愛媛県内の相場から考えると割と強気だと思っていました。
利用するプランを練りだしたさなかにやめてしまうとは・・と思ってしまいます。

Re: No title

サッピエロさん、こんにちは。少々ご無沙汰でしたね。

北海道の鉄道は方向性を考えたほうが良い時期かもしれませんね。昔のように輸送を貨物列車に頼る時代ではなくなってしまっているし。「伊予灘ものがたり」のような観光列車を設定しても良いような区間もたくさんあるような気もしています。
年末ガレットを注文すると思うので、よろしくお願いします。

No title

名門については経営側と労働者側の距離が離れている
感じがしています。船内で働く方の印象はやらされている感
を感じてしまいます。
さんふらわあでもそういう感じがありましたが、今はかなり
違うように思えますね。

オレンジは経営者の力が強いというか、
俺にい言う通りにせい!と言う感じがしますね。
でも細かいことは言わないから好きにやったらええ
と言う感じもあります。

日本食研のホテルですがかなり拘ったものです。
愛媛の場合、観光客はどうしても道後に行きます。
湯之浦にわざわざ泊まろうとするかたは少なかったのではないでしょうか。
会社の業種、規模、業績からしてホテルを維持することはできると
思います。しかし先が見通せない状況下、こちらの経営者は
早く損切りをするのでしょうね。優柔不断な経営はすぐに会社が傾きますから

Re: No title

コウジさん、こんにちは。


おっしゃる通り、湯之浦温泉はちょっとマイナーなんですよね。基本お湯が少なくて循環風呂だけだったような記憶があります。道後温泉でも本館以外はほぼ循環風呂だったと思います。
それに道後は男性限定で遊ぶところもあるし。
ホテルも今治は工業の街だから、ある程度見込めると思ったのかもしれませんが、現状ではあまり無理に経営を続けない方が良いと言う判断だったのでしょうね。

フェリーに関してはヲタでなければ一晩かけて安く移動できればそれが一番ですから、名門が集客できる理由も納得できます。
逆に阪九のマリンメイトクラブ廃止はヴィーナストラベルのプランが結構お値打ちなのがそろっていたのも原因かなと。
船内レストランで豪遊したくてせっせとポイントを稼ごうとする人は稀有だったのかもしれません。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR