FC2ブログ

頑張れ、太平洋クラブライオンズ!!

2010年の西武ライオンズはライオンズクラシック2010と銘打って太平洋クラブライオンズのユニフォームを着て出て来る日程が組まれています。
太平洋クラブライオンズ、それは私が小学校低学年の頃、まだ福岡にライオンズが有った頃西鉄ライオンズから引き継がれた新球団の名前です。昭和48年から昭和51年くらいの4年間、それは圧倒的に読売ジャイアンツが強かった頃。テレビでは常にジャイアンツの試合の中継があったし、オロナミンCの宣伝も誰かしら巨人の選手が台詞棒読みで「オロナミンC!」なんて言っていました。
そうなるとどうしても田舎の町に住んでいる少年たちは巨人ファンが増えてくるわけで・・・
恥ずかしながら福岡から出てことの無かった私も王貞治選手の大ファンでした。

同じく巨人ファンの父親に尋ねたことがあります。「お父さん、巨人は東京の球団だよね?福岡には何かあるの??」
曰く、「ライオンズがある」
・・・・ライオンズ???・・・頭の中は何それ?何それ?何それ?状態です。福岡市に住んでいたらまだしも田舎の町に居るとライオンズがあることさえ知らないというくらいにもはや誰も応援していなかったんです。
それでも郷土愛という物を多少は持ち合わせていたのか、好きな球団はセリーグは巨人で、パリーグは(一応)ライオンズ、と言っていました。

当時のライオンズの公式試合、それは近年の川崎時代のロッテオリオンズに相通ずるものがあるというか、観客もまばら、外野で守備につくライオンズの選手に向かって誰かが野次を飛ばすとその選手は振り返ってやじった観客を睨み付ける事が出来るくらいに少なかったようです。

ところで話は当時のことになりますが、西鉄が球団経営に興味をなくし昭和47年に撤退したとき、ライオンズを引き継ぐことの出来る企業は地元経済界にはありませんでした。(ペプシコーラに決まりかかった時期もあるけど流れました。九州電力という案もあったけど、公共性の強い企業体がプロ野球チームを持つというのもいかがかと言う意見があったようで、流れました。)
そこで中村長芳氏が個人オーナーとして球団を買い取り、メインスポンサーとして太平洋クラブが参加するという形で福岡に留まることが出来たようです。

しかしそんな新オーナーの温情もどこ吹く風、地元経済界は新生ライオンズには冷ややかだった様です。むしろ、フランチャイズの平和台球場の使用料を一方的に値上げしてしまうなどの嫌がらせまがいの行為もあったよう。
その辺は大人の事情もあったようで、当時の子供たちは分からなかったと思います。現にこれら事実を私が知るのは本当に最近のことです。
スター選手も居ない、経営基盤も脆弱な球団だったんですが、少しでもみんなに振り向いてもらおうとあんなド派手なユニフォームを採用したようです。

ライオンズクラシック2008のとき、西鉄ライオンズ黄金期のユニフォームが登場しました。ドイツ花文字で胸にLIONSと書いてあるのは今見てもかっこいいと思います。しかし、今年太平洋クラブのユニフォームを登場させるとは全く予想がつきませんでした。
浜松に来た今でもホークスを応援している私ですが、今年はライオンズに優勝してもらいたい、できれば太平洋クラブのユニフォームで胴上げシーンがあったら中村オーナーも草葉の陰で喜んでくれるだろう・・・と思いましたが、太平洋クラブのユニフォームを着て試合をするのは8月29日が最後のようですな。トホホ・・

西鉄L帽子
写真は西鉄ライオンズ黄金期の頃の帽子。西鉄の帽子といえば2008年ライオンズクラシックのときのNとLを組み合わせてモノが有名ですが、こういう時期もありました。
稲尾和久投手が38勝したときの帽子だと記憶しています。

西鉄シャツ
こちらは西鉄終末期のユニフォームを真似たTシャツ。
晩年は卵色っぽい白でライオンズのマーキングにオレンジ色の縁取りがなされていました。
これが子供の頃にはセリーグの覇者であるジャイアンツのユニフォームを真似たパリーグ最下位球団という印象で、悲しかったです。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR