FC2ブログ

シチズン エクシード 超硬ケースCal.7130の修理

IMG_2961.jpg
シチズンエクシードです。

IMG_2962.jpg
裏蓋にはUHAG ST STEEL BACKと書かれています。
ケースは超硬ケース、裏蓋はステンレス製と言う意味。
1980年代頃に流行った傷のつきにくいケースですが、傷がつきにくい反面、衝撃に弱いと言う欠点があります。うっかりコンクリートの床に落とすと、パキッとケースが割れたりするためだと思うのですが、現在は超硬ケースの時計は生産されていません。

IMG_2963.jpg
裏蓋を開けてみると、Cal.7130が入っています。時代的にはこちらの時計(詳細はこちらをクリック)とほぼ同じだと思います。
電池を入れるとピクン、ピクンと動こうとしているのが分かりました。
回路は生きているので修理することにしました。








IMG_2964.jpg
バラバラに洗浄した状態です。

IMG_2965.jpg
それでは組み立てに入ります。
この機種は日の裏側から組み立てるのが正しいと思います。

IMG_2966.jpg
ここまでは組み立てておきます。

IMG_2967.jpg
それからいつもの通り、裏側の組み立てです。

IMG_2968.jpg
輪列の仮組み。

IMG_2969.jpg
そして秒針規制装置の組み立て。

IMG_2970.jpg
受けをかぶせました。
実はこの受け、ホゾが入る側がかなり荒れていました。
多分これが原因と思いますが、後でトラブルを招くことになります。

IMG_2971.jpg
回路を組んで・・

IMG_2972.jpg
文字盤と針を取り付け・・

IMG_2973.jpg
ケースに収めて・・

IMG_2974.jpg
出来上がり!
・・・のはずですが、クオーツなのに盛大に遅れます。よくよく観察するとモーターがステップしても輪列が進まない時があります。
やむなく再度組み立てしましたが、症状は僅かに改善されただけで結局ものになりませんでした。

多分、私の前に組み立てた人は輪列の組み付けですごく苦労して、受けを傷だらけにしたのだと思います。その傷が抵抗を作って正常に時を刻めなくなったのでしょう。
・・・たぶん街の時計屋さんだろうなぁ。個人的にはクオーツ時計は機械式時計よりも組み立てが難しいと思っています。こじってこじって、やっと輪列は組めたけど、ものにならなかったと。
この時計は部品取りになってしまいますが、十分使える部品ばかりなので、しっかり活用しようと思います。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

シチズンエクシードだ!いつの時代のエクシードもいいですね。
見るだけ侯爵ですが、外したぱっと見が随分べたべたさわったのかなあと
思いまいた。他の部分よりところどころが酸化しているようにみえましたから。

Re: No title

サッピエロさん、こんにちは。

この時計は恐らく1980年代のものと思います。当時薄型ケースが流行ったのもあると思いますが、裏蓋がスナップ式です。
スクリューバックと比べると、どうしても防水機能は落ちるので、パッキンを定期的に好感するくらいの気持ちが無いとどうしても水は侵入しやすくなります。
この時計は汗っかきの人がしていたのではないかと想像しています。(文字盤の周りも腐食していますので)
ピチピチに装着するのではなくて、少し緩めに腕に巻いておくくらいが良かったのでしょうね。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR