FC2ブログ

令和2年3月 佐久間ダム散策(静岡県道288号線を走破)する旅 後編

この記事はこちらからの続きです。



DSC08891_202003111558227cb.jpg
出発して約1時間20分。

DSC08887_202003111558188b3.jpg
事前調査では一番の難所と思われた地点に到着しました。








DSC08888_20200311155818c72.jpg
道路ごとダムに向かって崩落しているところです。
旧飯田線白神駅が有った付近のようです。

DSC08890_20200311155821dca.jpg
崩落してきた岩を注意深く登っていくと、どうやら突破できそうでした。

DSC08892_202003111558236a4.jpg

DSC08893_20200311155825ba7.jpg
すげぇな。
通行止めになっているから落ち葉が積もるのはやむを得ないとしても、細かい岩はコンスタントに降ってくるところだったんだな。

DSC08894_202003111558286d9.jpg
ふぅふぅ・・

DSC08895_2020031115582961e.jpg
これは落ちてきた土砂が積もった道路の路肩を歩いている図。(ちゃんと道路上に立っています)

DSC08896_2020031115583039f.jpg
こちらは道路の平らになった部分が残っているだけまだ楽勝の落石現場。

DSC08897.jpg
道路は続くよ、どこまでも♪

DSC08898_20200311155833c0e.jpg
橋が架かっているだけまだ良いかなーと思ったけど、思ったペースほど進めていない事にもうすうす気づいてきました。
整備されていない道路を歩くのは結構時間もかかるし、体力も奪われます。
昼頃佐久間ダム到着はちょっと無理だ。

DSC08899_2020031115583589f.jpg
佐久間ダムにたまるヘドロを浚渫する船も見えました。
作業員の姿も見えましたが、相手は気付いているのだろうか。

DSC08900_202003111558370d1.jpg
ここも一応道路の上。
大きな木があるのは、左側(山側)からスライドしてきたのかもしれない。

DSC08901_20200311162334a0e.jpg
終始こんな感じが続きます。

DSC08903_202003111623320e7.jpg
だんだんこの程度が普通なのかな?みたいな気持ちになってきました。

DSC08905_202003111623365d6.jpg

DSC08907_202003111623393f7.jpg
手前の木が倒れ込んでいるところを超えるのは簡単ですが、向こうの方の細かい岩が流れ込んでいるところを超えるのは結構緊張します。

DSC08908_202003111623421a6.jpg

DSC08909_2020031116234388a.jpg
ちょっとこの辺でトイレ休憩(小さい方)。大きい方は中部天竜駅で済ませておりました。
持ってきたお菓子を食べました。食料と水を持ってくるのは大袈裟かな?と思いましたが、甘いものと水分を補給するとすごくホッとした気分になりました。

DSC08910_20200311162341123.jpg
それでは出発。
こんな灌木のあるエリアを超えるのも地味に疲れる。

DSC08911_20200311162345c58.jpg
ところが、しばらく歩くと・・

DSC08912_20200311162345d63.jpg
通行止めの看板があるエリアに到着しました。
多分ここからが一番最初の通行止め区間ではないかと・・

ここまでは簡単に通れるルートだったんかい!

DSC08914_20200311162348dc0.jpg
今まで苦労して通ってきた道を引き返す気にもなれず・・
こういう気持ちが強すぎると遭難するんかな。一応佐久間まで抜けられるつもりだから進みます。

DSC08915_202003111623551d7.jpg

DSC08916_20200311162352730.jpg

DSC08917_20200311162356b42.jpg
この写真も一応道路上に立って撮影した状態。ずっと前方に道路が続いています。

DSC08918_20200311162355fd7.jpg
時々綺麗だな、と思う所もあるのよね。

DSC08919_20200311162358804.jpg
岩が積もっているところが道路ですね。
いい加減こんなのがいつまで続くんだと腐ってきました。

DSC08921_20200311163636482.jpg
橋の上は比較的楽な印象。

DSC08922_20200311163636b4b.jpg
こういうのは比較的古い崩落場所なんだろうな。

DSC08923_20200311163642149.jpg
紅葉の時期に来た方が良かったかな。

DSC08924_20200311163641fd1.jpg
紅葉に見とれて落ちないようにしないとな。
実際道路が使用されていた時代にダムに転落した車は無かったんだろうか?
滑り落ちたら一気にダム湖の中に落ちそうなw

DSC08925_20200311163641716.jpg
この後しばらく進むと輪行スタイルのおじさん3人と出くわしました。
伺うと佐久間ダムから来たと。先方は私にどこから来たのかと尋ねてきました。
私は「大嵐駅から来た。ここまでで約3時間半かかった。」と伝えました。お互い通り抜けできるという気持ちを強く持って別れました。

DSC08927_20200311163645b56.jpg

DSC08928_202003111636476a9.jpg
その後しばらく進むとかなり厳しい崩落現場に来ました。ちゃんと正面が道路のはずなのです。
不安になりましたが、先程の3人が通れたから大丈夫と思って進むと・・

DSC08929_20200311163648982.jpg
何とか突破。

DSC08930.jpg
その後かっちょええ自転車3台が置いてあるところまで来ました。
やった!ここまでは自転車で来たと言うことは、これから楽になると言うことだ!

DSC08931.jpg
・・・と思ったら・・

DSC08934.jpg
どうやら自転車を押して来たけどしんどくなって、先程の場所で置いてきたのね。
倒木をくぐったり、乗り越えたり、今から踏みしめようとする岩が安定しているか確かめたり・・
整備された登山道がどんなに楽なのか思い知らされました。(詳細はこちらをクリック

DSC08937.jpg

DSC08938.jpg
しかし、進めほどに多少状況が良くなってきた気がする。

DSC08940.jpg
おっ!

DSC08939.jpg
通行止め区間突破だ!

DSC08941.jpg
よっしゃ!
後は楽だ!

DSC08942.jpg
ほれ見い!

DSC08943.jpg
この辺は何かの間違いやろ!

DSC08945.jpg
おおっ!
落ちて来た岩を路肩に寄せてる!
よく見たら車が通った轍が見える所もある!

DSC08946.jpg

DSC08948.jpg
車や!

DSC08949.jpg

DSC08950.jpg
ゴールが近いと思ったら、なお一層この景色が綺麗に見えてきた。

DSC08951.jpg
やがて・・

DSC08952.jpg
通行止め区間は突破した模様。

DSC08953_202003111654264bd.jpg
佐久間ダム駐車場まであと少し!

DSC08955_20200311165428a50.jpg
ここまで歩いて来るのにかかった時間は約6時間半。

DSC08957.jpg

DSC08958.jpg
佐久間ダムに到着しました!

DSC08960_20200311165436ee7.jpg
後はトンネルを抜けて・・

DSC08963_20200311170217168.jpg
佐久間の街の中へ。

DSC08964_20200311170219502.jpg
この橋を渡ると・・

DSC08966.jpg
この時間に・・

DSC08965_202003111702210ff.jpg
中部天竜駅の公共駐車場に到着。
大嵐駅を出発して約7時間半で帰ってきました。

DSC08967_20200311170222a49.jpg
佐久間の街の中に日曜日に営業している食堂なんかないようで、やむなく心当たりのあるところへ移動。

DSC08969_20200311170225fd1.jpg
前回も食べたお気に入りの店へ。
「すみません・・・、何か食べるものが有ったら何でもいいからください。」とお願いしたら(本当にそう言いました)・・

DSC08970_202003111702271ee.jpg
これしか出来ないよとスパゲッティを出してくれました。
ありがてぇ!

DSC08972_2020031117023124f.jpg
美味いなぁ!

DSC08971_20200311170229a36.jpg
定食に出していた小鉢も一緒に出してくれました。

DSC08973_20200311170231ad5.jpg
デザートと、コーヒーを飲んで800円。ありがとうございました!
お腹が満たされたらすごく幸せな気分でした。

DSC08974_202003111702328c4.jpg
浜松市内向かって走っている写真で終わるはずですが・・

DSC08975_20200311170234aa5.jpg
こちらが無事帰ってくるところでふと思ったのですが、今回の旅行記でお会いした輪行の3人のおじさんたち、時間的考えたら、多分私たちが佐久間に到着するよりももう少し時間がかかった気がします。
大嵐駅から列車があれば良かったけど、すぐに引き返すことが出来たのだろうか?
中部天竜駅から自転車を置いているところまで取りに行くのはかなりの時間を要したはず日没前に回収できたのだろうか。
この日の翌日は大雨でした。
・・・苦労したんじゃないかな?と思ってしまいました。


DSC08961_20200311170214e89.jpg
それから、こちらは佐久間ダムから佐久間の街並みを見下ろした時の写真です。
こちらに初めて来たときは写真に写る立派な赤い橋だからどこにつながっているのだろうと思って走ってみましたが(詳細はこちらをクリック)、特に重要なルートには繋がっていないような感じでした。

DSC08962_20200311170217f70.jpg
しかしよーく見てみると、どうやら中部天竜駅から佐久間ダム建設現場に資材を運ぶ引き込み線の跡であることが分かりました。
河岸左側の橋の延長線上に駅留置線があるところにつながっているようでした。
車だとあっという間に通過してしまうからピンとこなかったのでしょうが、こんな所を歩いていて、こんな写真を撮って、初めて納得できたような感じでした。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

頑張りましたね。ちなみに私もクロカンでMTBライドしたことも何度も
というか趣味でしたので林道を走っていましたが崩落しているところは
やはり危険が危ないと・・・。それと同じところを2回目走るとあれ?
こんなに近かったっけ?と思います。ですから2回目があるならすぐ
着いた感じになることでしょうね。
お店でメニュー以外の物をつけると言うことは心がしてあげたいと思う
から。間接的にまた来て欲しい。良く来てくれましたの表れですから、
また行けるとよいですね。。

Re: No title

サッピエロさん、こんにちは。

道路を歩くから大丈夫・・と思ったら、管理されていないと途端に歩きにくくなるのだと思いました。
石鎚山を登った時も、あれで道が荒れていたら、かなり大変だったんでしょうね。

実は今回歩いた静岡県道288号線は佐久間ダム建設の補償として、周辺住民が陳情してダム湖沿いに作ってもらった道路です。
しかしもともと人の行き来のない所にかなり無理して作ったので、落石が多いし、あまり利用者も多くないし、結局維持管理する意味がないと言うことで、現状の状態になったようですよ。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR