FC2ブログ

令和2年2月 さようなら初代「やまと」の旅 Vol.1

DSC08390.jpg
時刻はこのくらい。

DSC08391_202002041704078e8.jpg
今回はこの車で題目のような旅行に行ってきました。







DSC08393.jpg
阪九フェリー初代「やまと」に乗るのは今回が最後です。目的地はこちら、阪九フェリー泉大津ターミナル。

DSC08394_20200204170411b7a.jpg
同行者を拾ったら、三方原PAから東名高速道路へ。

DSC08395_202002041704113ec.jpg
ゴゴゴゴゴ・・・・

DSC08396.jpg
浜名湖付近を通過。
空に怪しい雲塊があるのは1月下旬の爆弾低気圧の名残。

DSC08397_2020020417041501a.jpg
予報ではこの後は天候に恵まれているはず。

DSC08398_20200204170419893.jpg
伊勢湾岸道路へ。

DSC08399_20200204170419f7f.jpg
名古屋港付近の標高の高い所では強風のため、結構車が左右にあおられました。

DSC08400_202002041704214b3.jpg
御在所SAにてトイレ休憩。
10分程度休んだらすぐに出発。

DSC08401_20200205152838778.jpg
亀山ICから名阪国道へ。

DSC08402_2020020515284347b.jpg
意外にも途中雨に降られました。
この旅行の前はちょっと忙しくて車を洗う暇がありませんでした。これできれいになったと思う。

DSC08403.jpg
ええねぇ。

DSC08404_20200205152841cad.jpg
名阪国道の難所オメガカーブを抜けるとホッとします。

DSC08405_202002051528431c4.jpg
西名阪道に入ると急に交通量が増えてきました。

DSC08408_20200205152849a42.jpg
幸い大きな渋滞にはまる事も無く・・

DSC08409_20200205152850882.jpg
泉大津ICを流出。

DSC08412_20200205153959b7c.jpg

DSC08410_20200205152849037.jpg
無事阪九フェリー泉大津ターミナルに到着しました。

DSC08411_202002051539597bf.jpg
それでは切符を受け取りに行こう。

DSC08413_20200205154001d95.jpg
少々早めに着いたので、切符売り場は閑散としていました。

DSC08414_202002051540036d8.jpg

DSC08415_20200205154004dd4.jpg
ゆっくりステイが満車になっているのではなくて、今回は午前9時着岸だから船の中でウダウダしないで下りてちょうだいと言うことです。

DSC08416_202002051540052fb.jpg
切符を手配したのはこの時間。

DSC08417_2020020515400648a.jpg
乗用車の乗船開始まで1時間あります。

DSC08418_2020020515400864d.jpg
2F待合室に行ってみました。
結構お客さんが多いようですね。よくよく見たら、多分登山ツアーの団体さんメインだったようです。

DSC08419_2020020515400941a.jpg
待つこと暫し・・

DSC08421_20200205160725808.jpg
そろそろ一般乗用車乗り込みの時間です。

DSC08422_20200205161030a36.jpg

DSC08423_20200205160727915.jpg
申し遅れましたが、本日乗船するのは「やまと」。
3月9日で引退が決まっています。本日が最後の乗船になります。
ツアーの予約の時に、旅行会社の方から「申し訳ないけど、船がドック入りの為古い船になる。」と言われました。
船ヲタにとっては引退間際に乗るのは逆に嬉しい事でもあります。

DSC08424_20200205160729165.jpg
午後8時15分から乗船開始のはずでしたが・・

DSC08425_20200205160729478.jpg
列が動き出しました。

DSC08426_2020020516073042c.jpg
やったー!いい歳こいたおっさんが急に羽目を外します。

DSC08427_20200205160734766.jpg
これが最後の乗船と思って撮影。

DSC08429_20200205160735513.jpg

DSC08431_2020020516420048c.jpg

DSC08432.jpg
こんな感じで駐車しました。

DSC08434_20200205164205e39.jpg
ちょっと車両甲板に余裕があるような気がするけど、この後貨物が入るのかな?

DSC08433_20200205164202cfb.jpg
天井のネオンチカチカがあるところが客室入り口があるところ。
阪九フェリーは伝統的にこれがあると思っていましたが、それも昔語りになるのかもしれません。

DSC08435_20200205164203338.jpg

DSC08436_20200205164207453.jpg

DSC08437_20200205164209cb6.jpg
パブリックスペースに入って、インフォメーションで切符を見せて・・

DSC08438_20200205164209162.jpg
鍵を借りました。
今回は1等和室です。ヴィーナストラベルで予約購入するときに和室をお願いしたのですが、フェリー会社から提供されているのが洋室になっているから変更できないと言われました。
乗船してから交渉の方が無理を聞いてくれました。

DSC08475_2020020517055860d.jpg
(必ず希望を通すかどうかは分かりません。念のため)

DSC08443_20200205164759ca8.jpg

DSC08474_2020020517055548f.jpg

DSC08444_2020020516480119d.jpg
1階上のフロアへ。

DSC08476_2020020517060090b.jpg

DSC08439_20200205164211fd3.jpg
部屋はっつーと、こんな感じ。
かなり前に一度使ったことがあります。実は「ニューながと・あかし」や「せっつ・すおう」の1等和室よりも一回り小さくなりました。
何だか独房みたいな感じだったので、利用は避けていましたが、最後に利用した次第。

DSC08440.jpg
テレビは以前はブラウン管テレビでした。
ちゃんと更新されたんですね。

DSC08441.jpg
この辺のアメニティグッズは変更なし。
湯呑が3つあるのは一応定員3人の部屋だから。

DSC08442_202002051647571a4.jpg
部屋に入って落ち着いたのがこの時間。

DSC08445_202002051648047eb.jpg
あんまり遅くならないうちに食事に行こう。

DSC08446_20200205164802fb4.jpg

DSC08447_20200205164805063.jpg

DSC08448_202002051648057a2.jpg

DSC08449_2020020516480714e.jpg

DSC08450_20200205164809745.jpg
「やまと」のレストランの夕食メニューは居酒屋さんみたいなメニューが多い気がします。

DSC08451_202002051656105ef.jpg

DSC08452_20200205165612c28.jpg

DSC08453_202002051656133bf.jpg

DSC08454_20200205165614a8b.jpg
一応変化をつけるためにいろいろ考えて取りました。

DSC08455_20200205165616bde.jpg
会計を済ませたら、グリルへ。
新造船の「いずみ・ひびき」にはありません。
このグリルというスペースももしかしたら今後は無くなってしまうかもしれません。
イメージ的には高校の修学旅行の時、先生たちだけこちらに入って学生とは違くメニューを食べていたような・・w

DSC08456_20200205165617a08.jpg
今回選んだメニューはこちら。

DSC08459_20200205165621e6f.jpg
りゅうきゅう。多分売れ残ったヒラマサの刺身を漬けにしたもの。

DSC08458_20200205165619528.jpg
クラムチャウダー。

DSC08460_20200205165622d9d.jpg
おでん。

DSC08457_20200205165618873.jpg
取り放題サラダ。多少手加減バージョン。

DSC08461_20200205170106a41.jpg
厚切りハムのハムエッグ。これは地味に「やまと」のオリジナルメニューだったようです。お値段もかなり安めでした。

DSC08462_20200205170108ecc.jpg
大盛りご飯。

DSC08464_20200205170114e09.jpg
そしてホルモン鉄板。

DSC08463_20200205170111d03.jpg
ビア!

DSC08465_2020020517011271f.jpg
更に水割り追加!

DSC08467_20200205170115b53.jpg
ムシャムシャ!

DSC08466_2020020517011511b.jpg
御馳走様でした。美味しゅうございました。

DSC08469_20200205170119f17.jpg
今回の乗船ではお客さんが少なかったようですが、まだまだ食事中の方も居りました。

DSC08470_202002051701201df.jpg
それでは下の売店へ。

DSC08471_20200205170552125.jpg

DSC08472_20200205170554d57.jpg
パイシューはほぼ売り切れ。

DSC08473_20200205170554e6c.jpg
・・・でも今回はこちらを購入。
午後8時までに予約してくださいとありましたが、今回の臨時ダイヤ便だと午後10時くらいまで受け付けてくれるようでした。

DSC08477_202002051706003db.jpg
後はすることが無いので、風呂に入って部屋でゴロゴロすることにしました。

DSC08480_202002051706047f2.jpg
そうこうしているうちに明石海峡大橋をくぐりだしました。

DSC08481_20200206163252fdc.jpg

DSC08483_20200206163255516.jpg
ここまで見届けたら就寝しました。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

おはようございます。

引退前の「完璧な」“やまと”を満喫できたようで、ちょっとうらやましい。
私はおそらくU-BOATさんよりも遅い時期に“つくし”に乗りましたが、
新型コロナで騒がしくなり始めていた時期で、早くも阪九フェリーではゆっくりステイは休止、
レストランでは鉄板焼き各種などオーダーしてから調理するメニューは休止など限定的なメニューになっていて、通常時ほどは楽しめない状況になっていました。

緊急事態宣言が出るかなり前の時期ではありましたが、
クルーズ船・ダイヤモンドプリンセス騒ぎもあったりして、
船社としては神経質にならざるをえなかったのでしょうね。

No title

こんにちは。結局ヤマトには乗れずじまいでした。
コロナの影響で阪九も週末の便が減便されていますね。
6/30に新しいヤマトが就航しますが、つくしは予定通り
残るのかな?って心配になっています。
ダイヤモンドプリンセスの影響で旅客は減るでしょうね。
外国人もいなくなってますし

Re: No title

グレープフルーツさん、こんにちは。

出来たら引退間際に乗船したいと思っていましたが、現在のコロナ禍の状態を見ると、1月に最後の乗船が出来たのは結果的には良かったです。引退間際にもかかわらず船は綺麗でした。
やはりパブリックスペースに余裕があると、全体にゆったり感が出て良いですね。

Re: No title

コウジさん、こんにちは。

せっかくフェリー業界も景気が良くなり出した頃なのにコロナ禍は本当にいい迷惑ですね。
外食産業の方も、宿泊業界も大変のようです。
コロナが落ち着けば、働き方も変わるのかな?とも思っています。

No title

前から思っていましたがこの車のアナログのメーターの配置や大きさ色合い等
全てがとても好きな感じです。いつ見てもメーター類が特に夜の雰囲気がいいですね。

アーツ!待合室~三蜜ですね。「みつです、みつですッ!」w

一方船内の壁のレリーフ素晴らしいと思います。きっと作家が作ったのかなと。。

余談ですが、ご自宅の車庫の床の構造が知りたいです。。。

No title

月末に福岡へ行こうと思っています。
でも大阪ナンバーの車は積んでいけないかもです。
福岡では大丈夫かと思いますが、山口では何言われるかありません。

No title

U-BOATさんこんにちは。
阪九泉大津便限定ぷち船オタの私も、1月11日12日1便に臨時復帰した時乗船しました。
もう食べられないであろう取り放題サラダも、もちろんいただきました。
最後だと思うと、特に上り便に多いあの不定期な振動も心地よく感じました。
早くコロナが収束して、またフェリーに乗船できる事を祈っています。

Re: No title

サッピエロさん、こんにちは。

この車を引き継いだ当初は計器パネルはそっけない印象だと思っていましたが、おっしゃる通り雰囲気は悪くないなと思うようになりました。
普通の白熱電球の優しい照明がそういう印象にしているのだと思います。

Re: No title

コウジさん、こんにちは。

コロナが収束する兆しが見えなくもない気がします。
お仕事頑張ってくださいね。

Re: No title

ぢぢさん、こんにちは。

やまと・つくしはそれほど振動は感じなかった印象ですが、ぢぢさんは感じましたか?
それ以前のニューながと・あかしのころはレストランのテーブルに置いたコップがビビりながら動いていたのでずっと良いと思います。
新船就航の時はお客さんは多かったのでしょうか?
コロナの影響で盛り上がりに欠けたのであればちょっと残念な気がします。

No title

おはようございます。

爆音ながと・あかしには遠く及びませんが、当時の事務長さん曰くやまと・つくしは燃料節約のため設計速度よりエンジンの回転を毎分30回転?(記憶が曖昧です)低く回しているので、時々共振が出るとの事でした。
私は下り便はほとんど感じませんでしたが、上り便は1時間に1回位振動を感じました。

新しいせっつは初日に乗った友人によると、ロイヤル・スイートは満室、1等は普通、スタンダードはガラガラだったそうです。
長々と失礼しました。

Re: No title

ぢぢさん、こんにちは。

リーマンショック以降、門司―大阪間のフェリーは所要時間が30分増えています。
当初の速度より落として運航するようになって、そのままですからきっと設計速度云々の話と一致するかもしれませんね。
何だか納得がいきました。

私がいずみ就航の時にはロイヤルルームを狙って、2か月前の予約開始当日時報を聞きながら間髪入れずに予約画面に入りましたが、取れませんでした。(ロイヤルルームをクリックする時点では「満室」にはなっていなかったのですが)
こうやって考えると、船ヲタさんは多いのかもしれませんね。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR