FC2ブログ

シチズンセブンスター21 Cal.52系の修理

IMG_2365.jpg
記事にするつもりが無かったものだから、こんな写真から始まります。
シチズンセブンスター21Jの修理です。

IMG_2366.jpg
何となく竜頭の操作感覚がおかしいと思いながら、機械を取り出してみると、ネジが1本折れていました。
(カレンダーの15の日付のところに黒いネジが置いてあります。少し左側のところに刺さっているはずなのですが、文字盤を外すとポロット取れてきました。)
しかも根元から折れている・・まいった。
問い合わせてみると、購入してから今まで修理に出した記憶はないとのこと。これでは私が壊したことになるではないか。
何とかしよう。







IMG_2367.jpg
ジャンクボックスを探すと、幸いなことに同じ機種のベースが見つかりました。
こちらを使うことにしました。

IMG_2368.jpg
洗浄後の状態です。

IMG_2369.jpg
耐振装置の組み立て。

IMG_2370.jpg
機械台にセット。ここから開始です。

IMG_2371.jpg
輪列の仮組み。
実はこの後作業に夢中になって1番受けをかぶせる所の写真は無し。

IMG_2372.jpg
アンクルの組み付け。

IMG_2373.jpg
テンプの組み付け。

IMG_2374.jpg
プルプル・・

IMG_2375.jpg
無事動き出しました。
自動巻きの巻き上げ機構の組み立ての写真は撮り忘れました。

IMG_2376.jpg
それでは日の裏周りの組み立てに入ります。
実はこのシチズン52系、カレンダー周りの組み立てが結構大変なのです。

IMG_2377.jpg
まずカレンダーディスクを組みます。
日付の17,18のところに小さい板バネが入っています。飛ばさないように要注意で組みます。

IMG_2381.jpg
一つ上の写真の右上の方に小さな板バネが写っているのが分かると思います。
これを16,17の日付の下の方に組みます。
この行程で部品を飛ばしてしまうリスクが非常に高いのです。私も随分泣かされましたが、私自身はなるべくなら外さない、外したならこのような行程で組みます。
52系の後継の72系ではこの辺が急に改善されています。
9の日付のところにも小さい板バネがあります。ここもうっかり飛ばさないように組んでいきます。

IMG_2387.jpg
文字盤と針を取り付けた状態です。

IMG_2383.jpg
ここまで組んだら、時計のケースを洗浄しました。

IMG_2384.jpg
ベルトとケースの間から黒い垢?汗?分泌物??みたいな汚れがモクモクと出てきました。

IMG_2388.jpg
ケースに収めて、最後の完成の写真を撮るつもりでしたが、うっかり忘れて持ち主の所に送り返してしまいました。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

こういった時の洗浄には何を使うのですか?
綺麗になりますね~

Re: No title

サッピエロさん、こんにちは。

機械の洗浄はベンジンを使います。
今はAベンジンと言う商品を使っています。ベンジン特有の匂いが強くなくて、乾燥も早いのでお気に入りです。

No title

ベンジンに種類があるなんて全く知りませんでした。

Re: No title

サッピエロさん、こんにちは。

私もベンジンの種類についてはよく分かりませんが、現在使っているものの使用用途は「服や機械の汚れ落とし」になっています。
一度だけこれが手に入らなくてカイロの燃料用のベンジンを購入したら、やたらと臭くて乾燥も遅かったです。
ちゃんと用途は守ったほうが良いなと思った次第です。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR