FC2ブログ

令和元年10月 フェリーさんふらわあでいく贅沢な旅 Vol.3

この記事はこちらからの続きです。



DSC07062.jpg
翌朝です。

DSC07063.jpg
外は真っ暗。
だいぶ西の方に来たものだから、浜松よりも30分近く日の出が遅いようです。





DSC07064.jpg

DSC07065.jpg
よーく見てみると、もう大分と別府の街の灯が見えています。
着岸まで1時間とちょっとですからね。

DSC07068.jpg

DSC07067.jpg
荷物をまとめてゴソゴソしていると、気が付いたら外もだいぶ明るくなってきました。

DSC07066.jpg
宇和島運輸のフェリーも見えました。

DSC07069.jpg
実際はもっと暗いからこんな写真が精一杯。

DSC07070.jpg
着岸予定時刻は午前6時20分です。

DSC07071.jpg

DSC07073.jpg

DSC07074.jpg
着岸作業中のようです。

DSC07075.jpg

DSC07077.jpg
一般乗用車車両甲板の開放の放送があったので、部屋を出ました。

DSC07078.jpg
エレベーターの前で待っていると、運良く別府行きの船も見ることが出来ました。

DSC07079.jpg
車両甲板に下りてみると・・

DSC07080.jpg
私たちが乗り込んだ後もトラックがかなり乗り込んだようです。
フェリー業界は最近好調のようですね。


DSC07081.jpg
最初の目的地をセット。

DSC07082.jpg

DSC07083.jpg
去年のさんふらわあ別府航路と違って(詳細はこちらをクリック)、着岸後すぐの移動となりました。
もしかしたら下のフロアに入ったからかもしれませんが。

DSC07084.jpg

DSC07085.jpg
どうもありがとうございました!

DSC07086.jpg
それでは別府方面へ移動。
この写真を撮る時、良いタイミングで左に北九州方面へ走るソニックにちりんが見えました。

DSC07087.jpg
朝のラッシュ前だったので、ほどなくして別府市内へ。

DSC07088.jpg

DSC07090.jpg
標高が高い所だから、別府湾を見下ろすことが出来て綺麗な所です。

DSC07089.jpg
向かったのは明礬温泉。
ちょっと正確な場所が分からず、変な所で止まっていますけど。

DSC07091.jpg
暫く探して見つけました。
明礬温泉内の公衆浴場「鶴寿泉」です。

DSC07093.jpg

DSC07092.jpg
中はこんな感じ。

幸い先に入っていたおっさん二人組が水道水でぬるくしていたので気持ち良くは入れました。
地元の人に愛される温泉なのですが、源泉温度が結構高くて源泉だけが掛け流された状態だと本当に熱湯風呂になるのです。
観光客さんがたまらず水道水を注いでぬるくすると、一緒に入浴している地元民(特にお年寄り)さんが不機嫌になることがしばしば。
別府はそんな些細なトラブルがちょっと多いと個人的に思います。


そういうトラブルを避けるために本当はすぐ傍に有る照湯温泉と言う、観光客が多く利用する温泉にしたかったのですが、午前9時からオープンでした。結局他に利用者がいなかったのは幸いでした。

DSC07094.jpg
適温でも少し入っているとドバドバ汗をかきます。
30分弱入っていました。水道水を入れないでいるとじわじわ浴槽の温度が上がるのが分かるんですね。

DSC07095.jpg
今日はまだ朝食を摂っていませんでした。
すぐ傍の岡本旅館の売店に移動。

DSC07096.jpg
まだオープン前だったので、暫く景色を見て待っていました。
今日はこの後帰りの船に乗るまでの3日間ずっと雨に降られる予報。本当は旅行中はずっと晴れてほしかったなぁ。

DSC07098.jpg

DSC07099.jpg
ここに来たのは小学校以来じゃないだろうか。

DSC07100.jpg
子どもの頃、あの中に落ちたら死ぬんじゃないかと本気で思っていた。

DSC07101.jpg
開店準備が出来てきたようです。
この店のオシャレな看板犬も登場。

DSC07102.jpg
今回食べたのはこちら。

DSC07103.jpg
それとデザートのプリンとアイスコーヒー。

DSC07104.jpg
温泉卵の卵サンド。
キュウリも厚切りで美味しくいただきました。




この記事の続きはこちらをクリック
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

おはようございます。
岡本屋のサンドウィッチはうまいですよね。
明礬温泉は入ったことはないのですが、一度入浴して見たいです。

Re: No title

コウジさん、こんにちは。

岡本屋さんの温泉卵のサンドウィッチは九州に居た時から何となく知っていました。
コウジさんのブログを参考にして食べてみたら、美味しかったです。

別府の公衆浴場はたまに不必要にうるさいジイさんがいるのですが、それを気にしなければ楽しい所です。

別府

こんにちは、お久しぶりです。

2年ほど前にさんふらわあで別府に行った時のことを思い出しました。

浴槽のヘリに腰掛けたら地元のおじさんに怒られたことも忘れられません。

Re: 別府

ちゅうさん、こんにちは。
今年もよろしくお願いします。

私は他の人と比較しても割と全国を旅行したほうだと思いますが、別府市内の温泉は特別独自のルールを振りかざす地元の人(特に年配の方)が多い気がしています。
公衆浴場などで入浴のマナーに書かれているポスターがありますが、内容は十分理由が分かるし、自分も守っているつもりです。
しかし浴槽のへりに腰掛けるのが何が悪いか分からないし、完全にローカルルールですよね。
私も別府市内の非常に小さな公衆浴場を使うときにかかり湯をしたら、掛かり湯が脱衣場の床に跳ねたと文句を言う爺さんが居たことがあります。でも自分は人の目を気にせず浴室の下水溝に向かってガーッペッ!と痰を吐いたりしていました。
別府市は観光都市で温泉を呼びものにしているのですが、ある程度マナーを守っているはずの観光客さんに向かって、何の権限があるのか常連さんが変なしきたりを持ち出して怒り出したりしているのを散見します。
せっかく良い所なのに、そんな感じではリピーターさんが減ってしまうのではないかと思っています。

No title

ローカルルール・・・。なるほど、浴場でのマナー。
同感。ぺッする人は老若男に居ますね。どうゆうことなんでしょうね。w
嫌です。とてもじゃないけど気分悪くなります。

それから、浴室に更衣室から入ってきていきなり湯船に入る人も結構、散見します。

それと、特に爺さんに多いのですが着替え中、ずーっと見ている人もかなりいるのですが
あれはいったい何なんだろう!そんなにみられるようなわたくし立派ではないと思うのですが。w

トラック多いですね。ドライバーに成ろうかな。フェリーに乗れるところの…。

Re: No title

サッピエロさん、こんにちは。

過激な事を書いたかな?と思ったんですが、温泉場の公衆浴場などで、他人のマナーにうるさい割には自分はトドのように洗い場に横になって休んでいるとか言う人もいるんですね。
別府市は110円程度払えば地元民でなくても市内の小さな温泉に入れるのですが、観光協会の方がこういうトラブルがあるのを気づいていてくれているのだろうかと思います。

最近気づいたのですが、年配の方が割と人前で痰を吐いても平気なのは、昭和のまだ結核が多かったころ、風潮があるみたいですね。人が集まるところには結核予防の観点から割と痰壺も置いていたようです。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR