FC2ブログ

令和元年10月 フェリーさんふらわあでいく贅沢な旅 Vol.2

この記事はこちらからの続きです。




DSC07016.jpg
大浴場の脱衣所から・・

DSC07017.jpg
出港の風景を見ているうちに、実は自分が出港時刻を間違ってギリギリに港に来たことに気付いて肝を冷やしました。

DSC07018.jpg
良い湯だったけど、万一乗り遅れたら被害甚大だった。気を付けよう。




DSC07019.jpg

DSC07020.jpg
ちょっとだけ船内探索を。
徒歩客さんたちが入ってくる中央パブリックスペースのカーペットはそれほど緑色は使っていないのですね。

DSC07021.jpg
さんふらわあの大分航路がダイヤモンドフェリーだった時代の「フェリーダイヤモンド、スターダイヤモンド、ブルーダイヤモンド」あたりは地味な印象の船でした。
「さんふらわあごーるど・ぱーる」が就航した当時、こんな小さめな吹き抜けが出来ただけでも「わぁ!」と感動したものです。

DSC07022.jpg

DSC07023.jpg
お子さんたちのいい記念になりそうな。
因みにすぐ傍に自由に使って良い子供用スリッパがまとめて置いてありました。

DSC07024.jpg

DSC07025.jpg

DSC07026.jpg
あらかたチェックしたら・・

DSC07029.jpg
部屋に戻りました。

DSC07030.jpg

DSC07031.jpg
良い時間になりました。
夕食を摂りに行きましょう。

DSC07032.jpg

DSC07033.jpg
一人2000円は消費税増税前と同じ。

DSC07034.jpg
ビュッフェのメニューは一通りチェックしましたよ。

DSC07036.jpg
ローストビーフか(形成肉だと思うけど)サイコロステーキがあるのを期待しましたが、メインたんぱく質はローストポークがありました。

DSC07035.jpg
しかしお刺身はヒラマサ!

DSC07038.jpg
その他揚げ物。
左のフライドポテトには白身魚のフライも少々混ざっていて、これでイギリス代表のフィッシュアンドチップだそうなw
右のフライドチキンはアメリカ代表と言うことだそうな。

DSC07039.jpg
焼きそば。

DSC07040.jpg
おでんとシウマイ。

DSC07041.jpg
鯖の味噌煮とミートボール。

DSC07043.jpg
右は酢豚だったかな?
左は鶏肉のクリームシチュー。

DSC07044.jpg
デザート系も充実していますな。

DSC07045.jpg
いろいろ取って、テーブルを確保。

DSC07047.jpg
選んだメニューはこちら。
うっかりお腹一杯にならないように、まんべんなく少しずつ取ってきましたが・・

DSC07048.jpg
お刺身だけはしっかり取ってきました。

DSC07049.jpg
おでんも。

DSC07050.jpg
こちらはラグビーイタリア代表と言うことで「カポナータ」。

DSC07051.jpg
フライドチキンは従来だったら「中津風唐揚げ」か「別府トリ天」だったのですが、極めてスタンダードなフライドチキンw

DSC07052.jpg
焼きそばはついつい多く取りがちなメニュー。

DSC07053.jpg
こちらは大分ではメジャーなトリ飯。
ちゃんとまともな味わい。

DSC07054.jpg
ビールで乾杯!

DSC07055.jpg
途中でカレーを追加。
今までよりも味が良くなっている気がしました。

DSC07056.jpg
最後に果物をたくさん取って・・

DSC07057.jpg
コーヒーで〆ました。
御馳走様でした。美味しゅうございました。

DSC07058.jpg
部屋に戻ったのはこの時間。

DSC07059.jpg
デッキに出てみたり・・

DSC07060.jpg
月を撮ったりしているのですが、そのうち飽きて寝てしまうことにしました。





この記事の続きはこちらをクリック
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

こんにちは、僕が先日乗った時はブリの刺身とローストポーク、サイコロステーキがありました。
お刺身は臭みもなくて美味しかったです。唐揚げやさつま揚げはなかったです。
バルコニー付きのお部屋に車付き、痛いどれぐらいかかるのでしょうか。恐ろしいです。

Re: No title

コウジさん、こんにちは。

ヒラマサの刺身もきっと業務用冷凍食品なのかもしれませんが、技術の進歩もあるのかとても美味しかったです。
門司―北九州航路の料金になれてしまうと、大分航路も志布志航路もかなり高い印象がありますね。
舟遊プランで使うのが一番安くなるのですが、それでも8万円近くになりました。
しかし旅行先でガソリン代以外の交通費がかからない、雨露がしのげる、いろいろと融通が利くことを考えるとトータルの料金は安くなると思っています。(新幹線で博多―浜松 大人一人19000円くらいになりますので)

No title

この航路の25年以上前は日向終点ではなかったですか?
少し混乱しています。

Re: No title

サッピエロさん、こんにちは。

宮崎県日向市に寄港していたのは現在の宮崎カーフェリーですね。
昔は下道しかありませんでしたが、現在は東九州自動車道路が出来ているので、航路復活は難しいと思います。
日向港のターミナルは現在八紘運輸(RORO船はっこう21を運航している)が入っているみたいですよ。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR