FC2ブログ

バリーBALLYの靴

バリーBALLYの靴をヤフオクで落札しました。
靴が好きでムカデのように靴を持っているは分かっていましたが、何となく自分に合いそうなサイズの靴が安価で出品されていると入札してみたくなるものです。

100912bally.jpg
3000円強で落札してしまいました(どうでも良かったというのが正直な気持ちでした)。とりあえずどこのどいつがはいたか分からないうすら汚い靴を箱から出してみました。
ややどころか、かなりくたびれた印象です。

100912bally-2.jpg
踵も裂けています。
この靴はイタリア製です。(バリーと言うメーカーはその他にもフランス製の物、スイス製の物があります。)日本人のようにしょっちゅう靴を脱ぎ履きしない人たちが作った靴ですから足入れが小さいのです。
したがって靴べらを使わないで踵をグリグリさせながら履くとこのように裂けてしまいます。

100912bally-3.jpg
底革が剥がれてしまっています。この靴はマッケイ製法ではなく、グッドイヤー製法で作っています。せっかくそこまでしたんだったら、ちゃんと底革も縫ったら良かったのに靴底を付ける工程だけ接着製法にしたから剥がれたのです。
ウンチクを垂れるようですが、永く愛用したい靴があるのなら接着製法で作った靴は避けた方が良いと思います。
この会社の靴の作りを知りたくてサンプルのつもりで落札した靴でしたが、履いてみると意外に気持ち良い!
しっくり来るのです。臭くて足に合わないようなら速攻で捨てるつもりでしたが、臭くないし・・
修理してもらうことにしました。

101018bally-1.jpg
修理後の写真です。
浜松に住んでいる現在でも靴の修理は福岡のお店(詳細はこちらをクリック)にわざわざ送っています。
がっちりと接着しなおしていました。

101018bally-3.jpg
踵のゴムも直して有りました。こういう修理は踵ごと交換してしまうほうが高い修理代が取れるはずですが、その店ではあえてそうはしません。こちらの懐具合を考えてくれます。そういう姿勢が好きで愛用しているのです。

101018bally-2.jpg

101018bally-4.jpg
踵の収まる部分も一針縫った後にスベリ革で直してくれていました。

恥ずかしながら、この靴も私の靴のローテーションの一角を担うようになりました。
多分どんなに新しくても1990年代の靴です。こう言ってはあれですが、最近のこの会社の靴は以前に比べるとかなり安っぽくなった印象を受けるのですが、そう思っているのは私だけでしょうか?
それでもデパートなどで買おうとすると6万とか7万とかしてしまいます。

150713-1.jpg
その後ちょっと履いてみてはせっせと磨くを繰り返していって平成27年現在はこんな状態になりました。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR