FC2ブログ

令和元年8月 ツーリングをするために同窓会に出る旅 Vol.3

この記事はこちらからの続きです。





DSC06561.jpg
同窓会総会でほんの少しだけ食べたら・・

DSC06562.jpg
出発。



DSC06563.jpg
実は2次会の方が人が集まるらしい。
懐かしい顔を一瞬だけでも見ておこうと思って2次会会場へ。

DSC06564.jpg
小倉の繁華街の会場に行くと、懐かしい同級生どもはびっくりしていましたね。
「来年は出席しろよ」と。
個人的には会いたいと思った友人には総会で会えたんだな。
2次会の幹事をやっていた奴には、中学校時代の運動会の打ち上げをそいつの家でやったことがとても楽しい思い出だったから、改めてお礼が言えたのは良かった。
「来年は参加できるように努力します。(訳;来年来たいと思ったら来よう。)」と言って別れました。

DSC06569.jpg
その後はひたすら門司方面へ。
新門司に抜ける勾配を昇るの図。おっせぇ!

DSC06571.jpg
思ったよりも遅い原チャリを駆って、ひたすら走って無事阪九フェリー新門司ターミナルに到着しました。

DSC06570.jpg
2輪関係は乗船ゲートが異なります。

DSC06572.jpg
だいぶ端っこの方なんですね。船首側から乗り込むようです。

DSC06573.jpg
それでは切符を買いに行こう。

DSC06574.jpg
ちなみに乗り場の切符売り場に到着したのはこの時間。

DSC06575.jpg
それでもこの混雑。
この日は2等桟敷席以外はすべて満席でした。

DSC065761.jpg
ちなみに私はこちら。2等指定B個室。
一人旅だし贅沢する必要はないもんね。

DSC06577.jpg
これから乗船する船は久しぶりの「つくし」。
調べてみたらこの時以来(詳細はこちらをクリック)。楽しみだなぁ。

DSC06578.jpg
バイクで乗る人たちも結構集まっています。
夏休みシーズンだからですね。

DSC06580.jpg
乗用車の乗り込みとは別のバウランプから乗船。

DSC065791.jpg
固縛はしっかりするようです。

DSC06581.jpg
車両甲板は広々としていますが、バイクを固縛できるスペースはほんの少し。(あの黄色いラインがあるところ)
早めに予約しないと乗用車と一般徒歩客が「○」でも乗れないことがあると思います。

DSC06582.jpg
それでは客室層へ行きましょう。

DSC06583.jpg
ここは3F。ちゃんと覚えておきましょうね。
船ヲタさんは大丈夫だと思いますが、一般的なお客さんだとどこに車を置いたか分からなくなる人も居ります。

DSC06584.jpg

DSC06586.jpg

DSC06587.jpg

DSC06585.jpg
インフォメーションで鍵を頂いたら、部屋に向かいましょう。

DSC06588.jpg
2等寝台個室はもともとトラックドラさん用の部屋。
通路もそれらしく?実務的なもの。

DSC06589.jpg
一晩なら充分だな。

DSC06590.jpg
ちゃんとハンガーもあります。

DSC06591.jpg
荷物を置いたのがこの時間。
やっぱりホッとしますね。

DSC06592.jpg
荷物を置いたらすぐに1個確保。
前回は油断して売り切れでした。

DSC06593.jpg

DSC06594.jpg
船が出港した瞬間に等級変更を始めるそうです。
希望者はちゃんとインフォメーションの前で待つようにとのこと。
(その場にいなければ権利は次の人に移るようです)

DSC06595.jpg

DSC06596.jpg

DSC06597.jpg
そういうものを確認したら・・

DSC06599.jpg
お風呂に入りました。
私が入っている間はそれほど多くなかったような・・

DSC06598.jpg
良い湯でした。

DSC06600.jpg


DSC06601.jpg
外に出てみました。

DSC06602.jpg
海の上で、日が暮れたこともあるでしょうが、涼しくて気持ち良かったです。

DSC06603.jpg

DSC06604.jpg
風が強いからなのか、タグボートが1隻待機していました。

DSC06605.jpg

DSC06606.jpg

DSC06607.jpg

DSC06608.jpg

DSC06609.jpg
船内に戻った後は、取り敢えずレストランメニューのチェック。

DSC06611.jpg
それでは部屋に戻ってお金を握りしめて、こんな時間になったので・・

DSC06613.jpg

DSC06612.jpg

DSC06614.jpg
夕食だ!(ピンボケだ!)




この記事の続きはこちらをクリック
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

本当だ、ピンボケだ、そのまま載せるなんて珍しいですね。
代わりの画像が無かったのですね。。

因みに、外で建物の撮影はピントは建物、露出は空に合わせると
綺麗に取れるとプロから教わりましたよ!

Re: No title

サッピエロさん、こんにちは。

レストランの入り口の写真を撮ったりするのは、実はちょっと恥ずかしいのでろくに画像を確認しなかったんですね。
そんな写真が多いです。

しかし、出航時の夜景は空もとても綺麗だと思います。

時計も途中で紺系の文字盤て、締まった感じです。バンドも珍しい雰囲気。

Re: タイトルなし

サッピエロさん、こんにちは。

時計はセイコーファイブアクタスです。
文字盤は白よりも黒や紺色の方がお高い値段で取引されるようですね。
この時計もファイブアクタスでなくて、グランドセイコーだったら結構なお値段になっていたでしょう。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR