FC2ブログ

令和元年7月 猛暑はぬるい温泉に入る旅 Vol.4

この記事はこちらからの続きです。




DSC06194.jpg
約4時間の四国滞在を満喫した後・・

DSC06195.jpg
浜松を出発して、四国経由で船はさらに西へ。
本来なら船ヲタとしてちゃんと反航を撮ったりしなくてはならないとは思いましたが、摂氏30度以上の暑さもあってあっさり寝落ち。



DSC06196.jpg
「間もなく臼杵に着岸。」の船内放送でやっと起き出したのでした。

DSC06197.jpg

DSC06198.jpg
1回トイレで起きたけど、2時間くらい寝たんだろうな。

DSC06199.jpg
九州が見えてきたな。

DSC06200.jpg

DSC06201.jpg
それでは車両甲板へ。
団体の中学生さんが多数。意外にも1等席を使っていました。

DSC06202.jpg

DSC06203.jpg

DSC06204.jpg
車両甲板へ降りてみると・・

DSC06205.jpg
殆ど満車状態じゃないですか。
私が乗りこんだ後、続々車が来たんですね。儲かっているんだなぁ。

DSC06206.jpg
車に乗り込んだらエンジン始動。
ナビに次の目的地をセット。

DSC06207.jpg

DSC06208.jpg
直ぐに下船開始となりました。

DSC06209.jpg

DSC06210.jpg
臼杵港は市の中心部から結構離れていることもあって閑散としています。

DSC06211.jpg
何キロか走ると臼杵城付近を通過。
臼杵城はもともと海に面した海城でした。
明治期以降に周辺が埋め立てられて今のような姿になったんですね。

DSC06213.jpg
臼杵市内を通過したら、ひたすら南へ。

DSC06212.jpg
海の近くを通っているはずですが、殆ど山の中みたい。
この辺はリアス式海岸だから平野も少ないのです。

DSC06214.jpg
やがて津久見市を通過。

DSC06215.jpg
佐伯市に入るとようやく海が見えてきました。

DSC06216.jpg

DSC06217.jpg
綺麗っちゃ、綺麗だけど・・

DSC06218.jpg
津久見市はどちらかと言うと工業都市だし、佐伯もそれほど観光資源が多くない地味な市なのよね。

DSC06220.jpg
ようやく目的地に到着。

DSC06221.jpg
天然海水風呂塩湯です。

DSC06219.jpg
ここは塩湯と言う名前の通り、海水を沸かしたお風呂も入れるのですが、食事処でもあります。
ボリュームのある海鮮丼が有名で、結構行列を作ります。

DSC06222.jpg
私たちも約1時間近く待ってようやく席に座ることが出来ました。

DSC06223.jpg
注文して待つこと暫し・・

DSC06225.jpg
最初に来たのがカキの酒蒸し。
昼間からこんなものを食べなくても良いんでないかい?と思ったけど、同行者がどうしても食べたくなったそうで・・

DSC06226.jpg
一枚上の写真の右側に有る一番ぷりぷりした奴は同行者に食われました。

DSC06227.jpg
そしてやって来たのは人気メニューの海鮮丼。

DSC06228.jpg
うぎゃー!すごい―!!
これで1300円。静岡でこんなもの食べようとしたら3000円くらいするんじゃないだろうか。

DSC06229.jpg
海老をどけてもご飯は見えてこないw

DSC06230.jpg
ウチワエビをどけてもご飯は見えてこないw

DSC06231.jpg
そのウチワエビも身がしっかり詰まってる。

DSC06232.jpg
魚一つ一つが美味い。
この辺で獲れる魚がほぼすべて入っているんじゃないだろうか。

DSC06233.jpg
御馳走様でした。美味しゅうございました。

DSC06234.jpg
遅めの昼食が終わったのはこんな時間。

DSC06235.jpg
そろそろ本日の宿泊地へ行こう。

DSC06236.jpg
もと来た道を引き返すのはあれだから、取り敢えず南下。

DSC06237.jpg
やがて国道10号線(北九州と大分宮崎、鹿児島を結ぶ幹線国道)に乗って山の中を北上。

DSC06238.jpg
私が九州を離れている間にいつの間にかできた国道57号線バイパス千歳大野道路を通過。

DSC06239.jpg
しかし、暑いなぁ。7月中旬までは冷夏だったから期待したのに。7月も下旬になるとみるみる気温が上がりました。この日は外の気温が35度になっているところもありました。

DSC06240.jpg

DSC06241.jpg
ここまで来ればあと一息。

DSC06246.jpg
ようやく本日宿泊の民宿に着きました。

DSC06245.jpg
民宿みやまという所です。
七里田温泉の中に有る民宿です。

DSC06242.jpg
部屋に荷物を下ろしたのはこの時間。

DSC06243.jpg
農業倉庫を改造したような建物の2階が宿泊施設であることは良いとして・・

DSC06244.jpg
エアコンが無いと言うのは予想外だった。
あぢぃ~w

DSC06247.jpg
まぁ、良い。せせらぎの音を聞けば少しはまぎれるぞ。
ここに来たのは温泉が目的だ。

DSC06248.jpg
以前登場したこちらの温泉にじっくり浸かるのだ。(詳細はこちらをクリック




この記事の続きはこちらをクリック
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

エアコンが無いなら一泊500円位
でしょうか?笑
夜も暑かったと存じます。

Re: タイトルなし

サッピエロさん、こんにちは。

こちらの民宿は空調無し、お風呂無し!です。
お風呂は温泉を使ってくれと。北海道のライダーズハウスみたいですね。
運動部の合宿などでも使われるようです。
次の旅行記では食事も出てきますので、お楽しみに。

No title

大分で温泉が出ないところは塩湯をやってますねぇ。
佐賀関の吉田会館もそうでした。
エアコンが無いというのは寝れるのでしょうか?
僕が仕事で泊まる宿がリゾートホテルに思えてきますw
すみません

Re: No title

じうこさん、こんにちは。

塩湯は深層水を使っているからとても良い湯だとのことですが、ちょっと体が焼けそうだったからやめました。
他にも60歳代の男性2人組も宿泊していましたが、窓も扉も全開で寝ました。
自然風を受けて寝ると案外熟睡できてしまいました。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR