FC2ブログ

令和元年7月 猛暑はぬるい温泉に入る旅 Vol.1

DSC06070.jpg
時刻はこのくらい。
午後8時です。

DSC06071.jpg
今回はこの車に乗って題目のような旅行に行ってきました。



DSC06072.jpg
エンジン始動。
7月26日から27日未明にかけては台風6号の影響ですごい雨でした。

DSC06073.jpg
まず浜松市内を移動。

DSC06075.jpg
同行者を拾ったら、向かう先はここ、ジャンボフェリー神戸ターミナル。

DSC06076.jpg
三方原PAスマートインターから高速道路へ。

DSC06078.jpg
ゴゴゴゴゴゴ・・・・

DSC06077.jpg
うひゃー、ひどい雨だ。
時速80キロくらいで進む自分が一番早いくらいに周りの車も徐行していました。

DSC06079.jpg
愛知県に入って、伊勢湾岸道路へ。
この辺まで来るとやや小雨気味。

DSC06080.jpg
名古屋中央IC付近を通過。
久しく太平洋フェリーにも乗っていないなぁ。

DSC06081.jpg
新名神の四日市から土山を結ぶ新規開通区間を通過。

DSC06082.jpg
豪雨に見舞われたのは静岡から豊橋辺りまでで済んだようです。
土山SAでも結構振っていたけど。

DSC06083.jpg
しかし四日市周辺の高速道路が2ルートになってからは早く移動できるようになったなぁ。
2時間程度しかかからなくなりました。

DSC06084.jpg
トイレ休憩を済ませたら出発。
どんどん雨足が弱くなっていく。

DSC06085.jpg
名神に入ると止んでいました。

DSC06086.jpg
順調に西へ。
何が順調かと言うと、西宮料金所に午前0時ちょうどに通過しそうだという事w

DSC06087.jpg
この辺まで来たらスピードもやや遅め。
遅いトラックを見つけてその後ろについて行きます。

DSC06089.jpg
しばらく進んだら・・

DSC06090.jpg
午前0時2分西宮料金所通過。深夜料金適用ですw

DSC06091.jpg
阪神高速を暫く走って・・

DSC06092.jpg
生田川ICから下道へ。

DSC06093.jpg

DSC06094.jpg

DSC06095.jpg
無事ジャンボフェリー神戸ターミナルが見えてきました。

DSC06100.jpg
このくらいの時間に・・

DSC06096.jpg
乗船待ちの一般車両のレーンに並びました。

DSC06097.jpg
車検証を持って切符売り場へ。

DSC06098.jpg
本日乗船の船は・・

DSC06099.jpg
こんぷら2ですね。

DSC06101.jpg
切符売り場は続々と若者たちを中心に乗船手続きをしている人が多数居りました。

DSC06102.jpg
何やらジャンボフェリーならぬ、「ニャンコフェリー」だそうです。
ジャンボフェリー50周年企画だそうな。

DSC06103.jpg
切符を買っている最中に一般乗用車乗船開始の放送がありました。
走って戻って、車に乗り込んだらすぐに乗船開始。

DSC06104.jpg
今日は曝露甲板へ。

DSC06105.jpg
うおらっしゃぁぁぁぁっ!
アクセル全開!最徐行で進みます。



DSC06106.jpg
高松行きの車が曝露甲板に誘導されるものと思っていましたが、そうとも限らないようです。
前回は下の甲板でした。(詳細はこちらをクリック

DSC06107.jpg
高松行きは相変わらずそれほど多くないようですね。
小豆島行きの乗用車は多かったですよ。

DSC06108.jpg
それでは客室へ行こう。
この階段は桟敷席につながる階段。実はうっかりジャンボフェリーに予約をするのを忘れて、今回の旅行の1か月ちょっと前に電話をしたら寝台はすべて埋まっていると言われました。

とほほ・・・

1週間前に予約キャンセルが出ていないか確認の電話をしたけど、やっぱり満室。
先ほど切符を買うときに「寝台のキャンセルは出ていません?」と聞いたけど、やっぱりダメ。

DSC06109.jpg
桟敷席に到着。
大勢いらっしゃるので自主規制で天井のみ撮影。
実は乗用車込の乗船だと、どうしても一般徒歩客の皆さんより遅れてしまうので横になるスペースが取れるか心配だったのです。

DSC06110.jpg
小豆島行きの旅客用の桟敷席はアコーディオンカーテンが引かれていたけど、何となくあそこを使っていいのかどうかわからず。(後から小豆島行きの皆さんが来られて、「どけ!」みたいな感じになるとカッコ悪い)

しかし、桟敷席の真ん中付近にかろうじて2人横になれるスペースを確保。

DSC06111.jpg
ホームセンターのキャンプ用品コーナーにあったマットをひいて・・

DSC06112.jpg
前の職場の時に(健康増進グッズとして)頂いた低反発枕を置いて・・

DSC06113.jpg
アイマスクをして寝ることにしました。




この記事の続きはこちらをクリック
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

ジャンボの座敷には理想的な座敷での寝方が掲示されていますよね。
あれって昔見たルーツの船のような感じで。。w

No title

長いパイプの通路。青函トンネルの先進ドウコウみたいですね。w

アイマスクは大事です。でもなかなか合うものが無くて・・・。

太平洋フェリーは特に食事を特集してください。勝手にリクエストです。

Re: No title

じうこさん、こんにちは。

ジャンボの夜行便は早い者勝ちみたいな感じで、先に乗り込んだ人が掲示板をあまり意識せずに車座に座っていたりして、
東海汽船の桟敷席みたいに一人分のスペースを線で引いて欲しいです。
http://meduboat.blog102.fc2.com/blog-entry-505.html

乗務員さんが客室スペースに全く立ち入って来ないのも一つの原因ですが、あまりに混雑すると殺伐としていそうで、乗務員さん一人で対応も厳しいのでしょうね。

Re: No title

サッピエロさん、こんにちは。

http://meduboat.blog102.fc2.com/blog-entry-390.html
太平洋フェリーの乗船記は少々古いのですが、こちらに有ります。
最近は多少グレードダウンしたような話も聞くのですが、どうなんでしょうね。
多分サッピエロさんが発狂しそうなメニューだと思いますよ。

No title

うまい表現しますね。ww

発狂を超えますかね。w感情が伴って一周すると平常に戻れるかもしれません。w

Re: No title

サッピエロさん、こんにちは。

このブログを始めるよりもずっと前に太平洋フェリーの乗船した時は、ステーキ肉をあまりたくさん取られないようにするためなのか、異様にしょっぱい事もあったので何となく自分の中での評価はあれです。
その後女の子がステーキを求めるお客さんのために一度温めて出すとか、少し改めたのですが。
確か朝食はその女の子が目玉焼きを焼いていたので、それは好印象でしたよ。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR