FC2ブログ

令和元年5月 しまなみ海道を巡る旅Vol.5

この記事はこちらからの続きです。




DSC05980.jpg
広島県竹原市に上陸して・・

DSC05987.jpg
腹ごしらえした後は、ちょっと確認したいものが有りました。

竹原市は町並み保存地区が有名ではありますが・・





DSC05984.jpg
商店街の地区には昭和の看板建築がいくつか残っていました。
勿論観光客が看板建築を見に来るとは思えないのですが・・

しかし以前のこの旅行(詳細はこちらをクリック)の時に、ちょっと気になる建物の前を通過したのです。
その建物の事が気になって気になって仕方がありませんでした。新しい建物のようにも見えたからです。
今回やっとその建物を確認することが出来ました。

DSC05989.jpg
それがこちらです。
幹線国道沿いにあるこの建物は最近の物か、それとも戦前の物か・・・

DSC05990.jpg
拡大してみるとわかりました。
どうやら戦前の洋風建築のようですね。それもかなり高級な!

DSC05991.jpg
洋風建築と和風建築を合体させた折衷様式の建物です。

DSC05992.jpg
古くなるとアルミサッシに置き換えられがちな窓も、どうやらすべてオリジナルのよう。
化粧(スクラッチ?)タイルにスタッコ壁。

DSC05993.jpg
新しい建物のように見えるのですが、それは多分オーナーがかなりお金をかけてメンテナンスしているから。

DSC05994.jpg
ブドウ・・

DSC05995.jpg
木の枝とインコ?・・

DSC05996.jpg
ちょっとライト様式っぽい幾何学的な模様のステンドグラスも残されています。

DSC05997.jpg
インターネット上で洋風建築を扱ったホームページ(ブログ)はいくつもあるのですが、このかなり高品質な建物は殆ど取り上げられていないのですよ。かなりの収穫でした。

DSC06012.jpg
大変満足したので出発。目的地はこちら、岡山県郷緑温泉。

DSC05998.jpg
国道432号線を使って北上します。

DSC06008.jpg
河内ICより山陽自動車道へ。

DSC06009.jpg
ゴゴゴゴゴゴ・・・・

DSC06010.jpg
尾道自動車道を使って中国自動車道方面へ。
せっかく涼しい5月と言う時期を選んで来たと思っていたのに、気温は30度以上。

DSC06013.jpg
七塚原SAでトイレ休憩。

DSC06011.jpg
トイレに入り口付近にやたらと凝った巣を作っているツバメを見つけて癒されました。
ツバメに負けてたまるか!と思う。

DSC06014.jpg
カーブの多い中国自動車道で運転を楽しみながら移動。(ちゃんと制限速度程度です)

DSC06015.jpg
落合ICより下道へ。

DSC06016.jpg
中国勝山の街並みを右手に見ながら移動。

DSC06022.jpg
こんな時間に・・

DSC06018.jpg
目的地に到着しました。

DSC06019.jpg
ゼェゼェ・・
バリアフリーなんてなぬるい事は言わせてもらえない・・

DSC06020.jpg
宿泊はいつもの部屋。

DSC06021.jpg
空調が無いからムンッ!と暑い。
でも日が落ちるとほどなくして涼しくなると思う。

DSC06023.jpg
お風呂に入って一息ついたらこんな時間。

DSC06024.jpg
夕食だぜぃ。

DSC06026.jpg
まずはビア!

DSC06031.jpg
名前は聞き忘れましたが、地味な感じの山菜の胡麻和え。

DSC06039.jpg
こちらは左からシカ肉、猪肉、ワラビ。

DSC06040.jpg
一番左は鹿肉。柔らかくて意外にジューシー。
御主人曰く「この時期の鹿は美味い。それ以外のシーズンは仕留めても(土中に)埋めるだけだ。」とのこと。

DSC06027.jpg
スッポンの筋肉。

DSC06028.jpg
メスのスッポンのお腹の中にあった卵、肝臓、消化管を湯通ししたもの。

DSC06029.jpg
こちらは卵の塩漬け。

DSC06041.jpg
茹でた卵は少し粉っぽく感じるのですが、塩漬けは素直に美味い!

DSC06030.jpg
スッポンの甲羅のエンガワ。

DSC06046.jpg
これは美味い!

DSC06032.jpg
刺身(筋肉)うめぇ!

DSC06033.jpg
腸、うめぇ!

DSC06034.jpg
肝臓、うめぇ!

DSC06035.jpg
スッポンの唐揚げ。何故かイチゴ付き。

DSC06037.jpg
丸いのはコゴミ、手前の山菜はコシアブラ。岡山県北部では「ボテ」と言うのだとのことでした。

DSC06036.jpg
この唐揚げ・・

DSC06038.jpg
爬虫類の肉は鶏肉に似た味だと言われますが、確かにおっしゃる通り材料を言われない限り、絶対にゲテモノ系だとは思われない味です。

DSC06042.jpg
あらかた食べたらその後は鍋。

DSC06044.jpg
何だかよく分からないけど、適当に野菜を投入。

DSC06043.jpg
自家製一味と・・

DSC06045.jpg
自家製ポン酢で美味しくいただきました。(写真は腸)

DSC06047.jpg
スッポンは捨てるところが無いと言いますが、本当にそうですね。

DSC06048.jpg
残った汁は雑炊にしてもらい・・

DSC06049.jpg
綺麗に完食しました。

DSC06050.jpg
最後に旅館に入る前に勝山の街中のスーパーで購入した果物を食べて寝てしまいました。





この記事の続きはこちらをクリック
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

最近の建物ではありません。
 判断するところは、決定的なのは軒天の材料。「木」
今は不燃材料でなければ確認申請はおりません。

すっぽんですか?うらやましい。
 まさに日本のジビエですね。。。

Re: No title

サッピエロさん、こんにちは。

屋根の回り込む下の部分は軒天と言うのですね。勉強になりました。
ちなみに古い洋風建築を探す時、保存状態が悪い建物は装飾が取り除かれていたり、壁をスレートや悪い時はトタンで補修していることがありますが、この軒天はオリジナルのまま残っていることが多いので、それを目安にしています。
軒天一つにしても凝った家は色々な装飾が付けられていますね。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR