FC2ブログ

平成31年3月 実は隠れキリシタンの里?を訪ねる旅 Vol.5

この記事はこちらからの続きです。



IMG_1362.jpg

IMG_1363.jpg
かつて石見銀山で採れた銀の輸出港であった温泉津沖泊を見学したら・・





IMG_1374.jpg

IMG_1372.jpg
温泉に入って・・

IMG_1375.jpg
夕食の時間となりました。

IMG_1376.jpg
この旅館は部屋食なんですね。

それでは出てきたものを出していきます。

IMG_1396.jpg
まずはビア!!

IMG_1379.jpg
先付 蓬豆腐 イクラ

IMG_1377.jpg
前菜 三色流し 海鼠(なまこ)酢 細魚黄身焼 合鴨ロース 
    菜の花辛味漬け 公漁有頭煮

IMG_1378.jpg
酢の物 蛍烏賊 辛子酢味噌

どれもこれも上品な味。

IMG_1380.jpg
そしてお造り!
これは旅行の1週間前にグレードアップをお願いしておりました。

IMG_1381.jpg
鯛 カナ 烏賊 甘鯛 平政 目鯛 と書いてありましたが、どれも温泉津港であがった地物のようです。
美味そう!

IMG_1382.jpg
匹見産 山葵とともに

IMG_1384.jpg
うめえ!

IMG_1386.jpg
うめえ!!

IMG_1388.jpg
うめえ!!!

IMG_1393.jpg
うめえ!!!!

IMG_1392.jpg
大根は恐らく桜の花の形だ、うめえ!!!!!

IMG_1383.jpg
茶わん蒸し・・・これはお品書きには無かったものなのですが、食べて良かったんでしょうか??食べちゃったけどw

IMG_1385.jpg
次に焼き物 貝柱早春焼き 生麩

IMG_1387.jpg
煮物 季節の魚 煮つけ 針生姜
この日は「ダルマダイ」と地元で言われている魚のようでした。一般には目鯛と呼ばれる魚のことのようです。

IMG_1389.jpg
蒸し物 甘鯛 若竹蒸し

IMG_1390.jpg
油物 海老と季節の魚 天麩羅

IMG_1391.jpg
食事 蕎麦 薬味

IMG_1394.jpg
最後にご飯 温泉津産コシヒカリ 香の物 吸い物 ハマグリ 三つ葉 柚子 木ノ子

IMG_1395.jpg
甘味 季節の果物 アングレーズソース

IMG_1398.jpg
キンカンと黒豆??と思ったのですが、キンカンはもそもそしないし、生クリームと相性もとてもいい!

IMG_1397.jpg
御馳走様でした。美味しゅうございました。

・・・ところで、この旅行は「実は隠れキリシタンの里に?訪れる旅」のはずです。
私は今まで何度か温泉津訪問をしたことがあります。
そのいずれかの訪問の時に内側に十字架を模した模様を入れた壺を見た覚えがあります。
普段はお米などを入れて隠していたとかで、信仰の儀式の時に使ったのではないかと言われるものです。
どうだったかな?写真で見たんだったのかな??

IMG_1399.jpg
いろいろ考えてみましたが、今回街中を歩いてみてそんなものは見かけず。
知っていそうな人も居なさそうな・・・
事前に「温泉津 隠れキリシタン」で検索しても何も検索できず。
島根県津和野しか検索できません。(津和野は隠れキリシタンの里として比較的有名です)
そんな事を考えているうちにあっという間に寝てしまいました!






IMG_1400.jpg
翌朝です。
午前7時前に目が覚めました。

携帯電話のアラームを午前6時にセットしていたのに・・と思って携帯電話を見てみたら、電源が切れていました。
昨日の強行軍の後ですからね、めちゃくちゃぐっすり寝ました。

IMG_1401.jpg
今日は残念ながらこれから雨が降ります。

IMG_1402.jpg
朝風呂に入って少しだけテレビを見たら・・

IMG_1403.jpg
朝食に行こう。

IMG_1404.jpg

IMG_1405.jpg
湯豆腐付ですね。

IMG_1406.jpg
素朴なメニューでしたが、美味しくいただきました。
御馳走様でした。

IMG_1408.jpg

IMG_1407.jpg
それではそろそろ出発だ。
フロントで精算するときに思い切ってご主人に「裏側に十字架が切ってある壺」について尋ねてみました。

そうすると御主人は「お客さん、それはかなりのレアアイテムですね。私も覚えがあります。」とその辺にある書物などを見たりしていましたが、判らずじまい。

IMG_1409.jpg
でも良かった。記憶がいいかげんでは無かったんだ。
何でもとある旅館の御主人は温泉津の歴史に詳しい人でその人に聞けばわかると思うけど、数年前に旅館を止めてしまったから・・と。
確かに10年ぶりに訪れた温泉津は少々宿泊施設が減っているようでした。

大規模な宿泊施設が入らない静かで良い温泉地だと思うのですが、少々寂しくなっているのが気がかりな所。
でも、多分温泉津もまた隠れキリシタンの里なのだと思います。
ネットで検索できないようなことでも地元の人たちの間で語り継がれる歴史もあるんだなと思った次第。



この記事の続きはこちらをクリック
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

しっかり手間暇かけた良い食事のようですね。
他の宿も、もうちょっとここの様なところを
見習ってほしい。
キンカンもまさま種をぬいてある?素晴らしい。
北海道ならメロンカットしたの出して、ハイ、おわり。
呆れます。。

Re: No title

サッピエロさん、こんにちは。

宿泊中に伺ったのですが、この旅館の板前さんは20年以上勤めていらっしゃるらしいです。
以前岩手で仕事をしていた時は近所の温泉旅館は従業員さんがタコ部屋状態で、トイレ休憩もさせてくれなくて皿洗い中に失禁したとかとんでもない話を聞いたことがあります。板前さんも朝起きたら部屋の中がもぬけの殻だったとか。
宿の設備が少々くたびれていても、掃除が行き届いていて、食事が良いと大成功だと思います。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR