FC2ブログ

新明和工業 ポインター

ポインター
部品交換会に行ったとき、こんなものが売り物として出されていました。
辺りに錆と土煙が漂ってきそうなこのバイクはポインターと言うブランドの日本製バイクです。
後輪にサスペンション機構が無いから多分昭和30年代初頭のものだと思います。
作っていたのは兵庫県にある新明和工業。

かつて日本には100社以上のバイクメーカーがあったといわれています。その頃には新明和工業も自動2輪生産をしたいたわけです。それだけ2輪製造が儲かると見込まれていた時代があったんですね。

現在は航空機部品、ポンプ関連部品、特装車などを作っている大企業ですが、飛行機マニアの人なら誰でも知っている自社ブランドの飛行機も生産しています。

US-1A-KAI.jpg
この会社の最新製品はこれです。US-1A改。
国産の飛行艇です。離着水、離着陸共に可能、着水時に大量に水を取り込んで離水、消防車などが到達できない位置で発生した山火事などの消火活動も出来るという万能機だそうです。
かつてこれを輸出する計画もあったのですが、兵器転用される可能性があると突き上げを食らって海外市場には出てきていないようです。
兵器転用できるという根拠はこれ。

2式飛行艇
川西航空機の2式飛行艇です。第二次世界大戦当時世界でもトップレベルの性能を誇った飛行艇でした。
これがUSのルーツとなります(と私は思い続けています)。
新明和工業と言う会社は戦後粉々に解体された川西航空機の末裔なのです。

戦後航空機生産を禁じられ、鍋ややかんなどの生活必需品を作るところから始めてここまでの復活を成し遂げた新明和工業を見るとわたしたち日本人の先輩たちの努力には頭が下がります。

ちなみに、どうしてそんな立派な会社が2輪ではうまくいかなかったの?となるわけですが・・・
どうやら商売はへたくそだったようです。
決して性能が良くないバイクではなかったのですが、販売網の整備などに長けた人がいなかったのか、あまり販売実績が伸びず、やむなく最終的には原価割れを承知で出荷していたようです。
そんな状況だったから当時家電製品店で冷蔵庫など高額商品を買ってくれたお客さんに景品として無理やり抱き合わせでプレゼントする商品にまで貶められたそうです。
そういう存在だったからポインターのバイクは意外と残っていないんですよねぇ。一台ほしいなぁ。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

>US-1A改
旅客転用は出来ないのでしょうかね、離島航路などには最適だと思うのですが。
ただ、難が二つ。役所と客。安全に関する規定で着水した時のうんちゃらもんちゃらが、前例が無いとで採りいれないか。旅客運用そのものを認めない。客は騒音と乗り心地の悪さと、着水→陸上、陸上→離水の運用方法を受け入れるかですね。

兵器転用での禁輸が馬鹿らしいと思うのは私だけでしょうか。元の作りが作りなだけに多少の波浪でも離着水出来る高性能な水陸両用機なので勿体ない気がするのですが。

No title

紫電改を作っていた会社ですね。<川西航空機

Re: No title

こうじさん、こんにちは。
現在ポンプとかダンプカーのリフトを作っている会社が実はかつて有力な戦闘機を作っていたという話はカッコイイですよね。
私のバイクの趣味の師匠は古い国産のサイドカーのサイドのみ持っていますが、これが何と昔の戦闘機の増槽をくりぬいて作ったものだったりします。

Re: No title

秋田利用さん、こんにちは。
US1A改は確かに旅客機転用も可能な感じがしますよね。
海水を大量に取り込んで離水可能な設計なら貨物も相当に積めそうです。
でも、着水している飛行機に乗り込むとかそういう点で安全性をとやかく言う人も居るような気がします。

ちなみに日本は先進国の中では唯一兵器を輸出していない国なのだそうです。

RE:着水

あーっ、少し言葉足らずでしたね。
水陸両用機で旅客運用するとしたら離島が主ですよね。この場合小笠原のように滑走路が造れないので、離発着には水面だけを使い、小さめなターミナルとグラウンドより小さいエプロンを陸上の海べりに作るのです。水陸両用機ですから、緊急事態の不時着水には問題がないのですが、旅客運用が殆ど無い機体で日本国内で営業するには法令(規則?)のたかーい壁が有りますから。

Re: RE:着水

秋田利用さん、こんにちは。
私も漠然と小笠原諸島だったら・・・と同じようなことを想像していましたが、
多分、そういう空港を整備する費用、運航はどこがするか?赤字を補填する予算、とか色々考えたら案外今のまま貨客船で十分となるのでしょうか??
世界的にはこの手の飛行機で旅客営業するところってあるんでしょうか?

あッこれですか!

素晴らしいですね。 これは良く知っています、最近でも世界

が、のどから出たら大変ですが、手が出るほど欲しがっていますよね。

それにしても、たくさんの2輪メーカーがあったのですね、想像以上、

はるかに・・・桁違いでしょうか。 現在、もう少しメーカーが残っていて

くれたら良かったのに。 良いものが残る事と商売は別なんですね。寂。

Re: あッこれですか!

サッピエロさん、こんにちは。

日本国内にたくさんあった2輪メーカーもホンダカブの発売であっという間に駆逐されました。
残念と言えば残念ですが、性能もそれなりだったり、販売網が○○地方限定とかいうメーカーもあったらしいから、これはやむを得ないと思います。
そのホンダカブも最近中国生産に代わって少し評判を落としているようですよ。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR