FC2ブログ

平成30年10月 海と山と 瀬戸内海編 Vol.4

この記事はこちらからの続きです。



DSC04182.jpg
それでは標高1300メートル付近の中宮から午前10時過ぎ登山開始。

DSC04183.jpg
最初はなだらかに下りて行きます。







DSC04185.jpg
1000メートルほど進んだところで、最初のポイントの八丁まで来ました。
これからがきついんだろうなぁ。

DSC04184.jpg
前見えねぇし。

DSC04186.jpg
進んでも進んでも霧の中。

DSC04187.jpg
登山開始から50分ほどで・・

DSC04188.jpg
急に勾配がきつくなりました。

DSC04189.jpg
フゥフゥ・・
暑くなってきました。カッパを脱いでリュックへ。
下は寝間着w

DSC04190.jpg
まだまだ続くんだよなぁ。

DSC04189.jpg

DSC04191.jpg
ふぃぃぃぃ・・息が上がる。

DSC04192.jpg
一瞬晴れ間が見えたから、期待したのですがすぐに霧の中。

DSC04193.jpg
おっ!

DSC04194.jpg
これは・・?

DSC04196.jpg
これが有名な鎖場か。
おっさんが登って行くから私も登ることにしました。
よく分からないけど、両手両足のうち3か所はちゃんと山肌のどこかを保持しているつもりです。

DSC04197.jpg
ヒィヒィ言いながら登りつめたところは・・

DSC04199.jpg
ありゃ、何これ?
この鎖場は試しの鎖場なわけね。予行練習場で無駄に体力を使ってしまいました。

DSC04198.jpg
これから急勾配を下りなくてはなりません。
登ってきた人はみんな怖い怖いと言いながら降りて行きます。

DSC04200.jpg
見えないけど、足場はあるよーと教えてくれる方がいて助かりました。(写真に写っている方です。どうもありがとうございました。)

DSC04201.jpg
その後も一瞬青空が見えるときもあるのですが、基本霧の中。

DSC04202.jpg
一瞬見えたこの山のてっぺんが頂上かな?と思ったのですが・・

DSC04203.jpg
ありゃ、まだ2キロ以上あるの!?

DSC04204.jpg

DSC04205.jpg
ふぅふぅ・・
けっこう来るな、こりゃ。

DSC04206.jpg
もしかしたら頂上はあれか!
まだ続くんだなと思って歩いて行くと・・

DSC04207.jpg
おおっ!中継地点に来たみたいだ!

DSC04208.jpg
フィィィィ・・・ざけんなよ。
まだまだ先じゃないか。

DSC04209.jpg
クマザサのエリアに入ってきた。
植生が変わったと言う事はそれだけ標高が上がったと言うことだ。頑張るぞ。

DSC04210.jpg
霧が少し晴れたので、撮影。
やっぱまだ頂上は先じゃないか!

DSC04211.jpg
そうこうしているうちに残り1キロになった。
寝間着を着てゼェゼェ、ハァハァしてるw

DSC04212.jpg
まだまだ進んでいきます。

DSC04213.jpg
ようやく本物の鎖場に到着しました。
一の鎖です。これは大丈夫そうだけど、誰も登っていません。
皆さん迂回路を進んでいます。寝間着姿で上って落ちるとかなり恥ずかしいから私も迂回しました。
(後で調べてみたら、試しの鎖を昇れた人は一の鎖は楽勝のようでした)

DSC04214.jpg
多分一の鎖と二の鎖の中継地点に到着。
うぉぉぉ・・・あと600メートルだぁ!

DSC04215.jpg
この際景色は望めなくても達成感はあるぞ!

DSC04216.jpg
そうやってようやく登山開始後2時間40分で・・

DSC04219.jpg
山小屋とトイレがあるところに到着しました。
トイレはチップ希望。100円払っておしっこの分だけ体を軽くしました。

DSC04217.jpg
頂上があると思われるところを注意深く見てみると・・

DSC04218.jpg
霧が薄くなった瞬間、鎖場(三の鎖)をよじ登る人が見えました。
頂上付近の鎖場は登坂角度が70度くらいあるようです。時々滑落事故が起こるんだそうな。

DSC04220.jpg
素直に迂回路に進むことにしました。

DSC04221.jpg
迂回路もこえーよ。

DSC04222.jpg
でも、頂上がはっきりしてきた気がする。

DSC04223.jpg
あと少しかもしれない。



そう思って登っていくと・・

DSC04224.jpg
急に視界が開けたところに来たみたいです。
頂上かな?そう思って右側(南側)を見ると・・

DSC04226.jpg
あっ!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

こんにちは。すごい苦行ですね。
先日高知のにこ淵へ行った時を思い出します。

車ですが電動ウォーターポンプの故障が原因らしいです。
修理工場曰く使えるものは使っていけるけど、年式や走行距離を考えると
総入れ替えが望ましいとのことでした。

修理見積もりが思いの外高額なのですが、
ボートさんに教えてもらったパーツ屋さんに1番金額がはる
パーツの在庫があり修理代を10万ほど圧縮できそうです。

Re: No title

こうじさん、こんにちは。

最近のBMW、高効率なエンジンを作るためにウォーターポンプは電動化しているみたいですね。
でも肝心のそのポンプの故障も多いようですね。
日本車だったらリコールものだともうのですけど。
私のBMWもカムシャフトセンサーとクランクセンサーは交換しないとそろそろまずい気がします。

ちなみに石鎚山、西日本最高峰らしい山でした。

No title

電動ウォーターポンプは動いたり止まったりするそうです。
おそらくサーモスタットの異常がテスターで引っかかっていたので
サーモスタットの故障だと思うのですが「。
後3年以上は乗るつもりなので今回は水回りを総入れ替えします。

エスプリさんにポンプやリザーバータンク、サーモスタット類の
在庫があってよかったです。おかげで許容範囲内の修理代に収まると思います。

No title

追記
ゲルマン民族は生意気ですね。
日本だとリコールと思われる故障もなかなかリコールしないですからね。
あいつらは世界一優秀な民族は我々ゲルマン民族と真面目に思っている
阿呆ですから

Re: No title

こうじさん、こんにちは。

今回はラジエーターは見送りのようですね。
交換部品が安いと言う事は、サクサク交換するのを前提にしているのだ!とかドイツ人が良いそうです。
あの人たちは絶対に素直に謝らないですからね。
冷却水漏れのトラブルさえなければとても良い車だと思うんですけどね。

No title

ラジエターも入っていますよ。
クーラントホースやATサーモも交換します。
結構高くつきました

Re: No title

こうじさん、こんにちは。

それだけやってしまえば安心ですね。
余程トラブルが多くなければ結局お気に入りの車にいつまでの乗り続ける方が経済的です。

No title

来年あたり水回り一式を取り替えようと思っていました。
予算は部品を調達して工賃を合わせて20万ぐらいまで
考えていました。

今回は突然壊れてしまい、車も動かせないし困りました。
修理工場の見積もりは35万ぐらいでした。
見積もりの中ではウォーターポンプが12万ぐらい占めていましたが
エスプリさんに在庫がありポンプ、リザーバー、サーモスタットとかで
10万円ぐらい圧縮できました。
ちなみにラジエターは純正品です。
組んでいた予算20万より5万ほど足が出ますが仕方がないです。

外車は壊れる前に直しておくというのが鉄則ですね。

Re: No title

こうじさん、こんにちは。

そこまでやったら安心ですね。
うちの車、不意にエンジンが止まることがあるのでカムシャフトセンサーとクランクセンサーを交換しようと思います。
出先で立ち往生したら情けないですからね。

ところでかつて楊貴妃も不老不死を求めて好んで食べたという、縁起の良さげなお肉要りますか?
なんなら生きたまま送りますけど。

No title

車をテスターにかけた際、ABS伝送エラーの履歴が残っていたそうです。。
ABSは動作しているとのことでしたが、また壊れるのかなと戦々恐々としてます。
ABS警告灯は点いたことはないのですけどね。
センサー不良ぐらいならいいのですが。

佐賀牛でしたらいただきます。A3等級ぐらいなら大歓迎です。

Re: No title

こうじさん、こんばんは。

正常に作動しているのに異常を知らせる履歴は残っているというのは嫌ですよね。
ABSは直ちに何か悪いことを起こすことはないはずだから、そのままでもいいかも。
警告灯がついたときはやむを得ないと思いましょう。

食べ物に関しては危険回避能力にたけていらっしゃるようですね・・・
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR