FC2ブログ

富士重工業 ラビットS301 足回りの錆落としとタイヤ交換

この記事はこちらからの続きです。




DSC02694p.jpg

DSC03109.jpg
足回りの錆を大まかに外したついでに、タイヤの交換をしました。

DSC03108.jpg
タイヤの溝はまだありましたが、タイヤ自体はカチカチでした。



DSC03110.jpg
フロントタイヤのブレーキシューも新調。
ブレーキシューは新品は出ないため、張り替えに出しました。
この車両を売ってくれた店に聞いてみると、以前は浜松でもブレーキシューの張り替えをしてくれる会社があったけど、現在はその方面の仕事が減ってしまって受け付けないとのこと。東京の目黒ライニングという会社では今でもやってくれます。

DSC03111.jpg
タイヤを外すとホイールに挟んであったはずのゴムは欠品でした。
昭和40年代のチューブレスタイヤ採用車両ですが、チューブを入れればゴムは必要なくなるものだから、外したのでしょう。
ただ、その状態だと屋外使用だとホイール内に錆を呼ぶようです。

DSC03112.jpg
ホームセンターにちょうど良いサイズのゴムマット発見。

DSC03113.jpg
こんな感じかな。

DSC03114.jpg
タイヤはIRCのものが一番雰囲気が合うと思います。
ほんの数年前までブリジストンから良い感じのタイヤが売っていたのですが、廃版になりました。

DSC03116.jpg
写真を見てわかるように、ボルトとナットも新調。

DSC03118.jpg
車両を倒してリアタイヤも交換。

DSC03117.jpg
こちらは・・

DSC03119.jpg
こんなんなりました。
カチカチのタイヤを新しくするだけで作業が進んだ感じがしました。全体としては少しですけど。





この記事の続きはこちらをクリック
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

まるで、新しく作り直しているよう。♪
 重要な足周りは金属疲労も判断が難しそうですね。。

Re: No title

サッピエロさん、こんにちは。

2stエンジンの車は結構オイルで汚れてしまいますが、実はこのオイルのおかげで古い車両でも錆が進まないんですよ。
一応フレームなどはチェックしていますが、決定的な腐食はなさそうです。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR