FC2ブログ

富士重工ラビット S301 その後の整備

この記事はこちらからの続きです。





DSC03017.jpg
週末暇を見て少しずつ手を入れています。







DSC03016.jpg
エンジンは泥と混合ガソリンが混ざった堆積物で非常に汚かったです。
多分ガソリンタンクは現役で動いていた時から穴が開いていて、少しずつ漏れていたのではないでしょうか。

DSC03018.jpg
灯油で洗ってみました。

DSC03019.jpg
これでも綺麗になったんですけどね。
洗浄前の写真をちゃんと残しておけば良かった。

DSC03020.jpg
いろいろ汚れていたから、マフラーを外しました。

DSC03021.jpg
マフラー自体にも堆積物がすごかったです。

DSC03022.jpg
リアタイヤを外して洗浄。

DSC03023.jpg
リアタイヤのドライブシャフトが出ている部分にはオイルシールがあります。

DSC03024.jpg
多分新車の頃から付いているオイルシールです。
漏れるとチェーンオイルがドラムの中に回り込むので、交換しました。

DSC03025.jpg
それから、先日貼り換えに出していたブレーキシューが出来上がって帰ってきました。

DSC03022.jpg
せっかくだから機関洗浄中のこの時に交換。

DSC03026.jpg
写真は撮り忘れました。
ドラムもなるべくきれいにしたつもりです。

DSC03028.jpg
マフラーも汚れを取ると、こんな感じでした。

DSC03029.jpg
一度切開を受けた形跡がありますね。
このマフラーはしっかり灯油で洗って汚れを落とした後、耐熱スプレーで仕上げました。
作業中は汚れるので、写真無しです。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

マフラー・・・確かに溶接痕が見えますね。対象物右上!?

凸凹模様は気休めかどうかはわかりませんが消音の為と
共振防止でしょうかね。フレームもなんだか簡単そうな
設計に見えます。
カウルもきれいです、塗装して綺麗にして、、、勝手に
想像してしまいますよ。(^^♪

Re: No title

サッピエロさん、こんにちは。

マフラーに溶接痕があるのは、古い2stだからあんまり走っていない車両だと燃え残った2stオイルがマフラーに残ってつまってしまうからだと思います。
マフラー本体の凸凹は共振を抑える効果があるんですね。それは知りませんでした。
マフラー本体をボディに固定するボルトも分かると思いますが、ちゃんと全部固定しないと共振の影響でマフラーの首から折れるのだそうです。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR