FC2ブログ

平成30年7月 BMW318i AL19 エアコンの事とオイル交換

DSC03173.jpg
この車は昨年秋に一時的にエアコンが不調になっています。(詳細はこちらをクリック
オーバーヒート気味になった事もありました。
なんたって20年落ちですからね。おさらいしてみましょう。

DSC03174.jpg
オーバーヒート兆候の原因ですが・・








DSC03175.jpg
まず一つはサーモスタットの固着が原因でした。(詳細はこちらをクリック
古いオーバーヒートの原因としてはメジャーですが、今でもあるんですね。
因みにサーモスタットはハウジングと一体型。写真のように全体が樹脂製です。
古くなると割れるリスクが高くなると思います。10万キロ程度で交換が無難。私の車は7万キロ足らずで中のサーモスタットが固着しましたがw

DSC03176.jpg
こちらは冷却水のリザーブタンク。
紺色の318の時も割れましたが(詳細はこちらをクリック)、この車も割れました。(詳細はこちらをクリック) 
冷却水が漏れるのでオーバーヒートの原因となります。補充すれば良いじゃんと思われますが、リザーブタンク自体が加圧されるため、エンジンが温まっている状況だと冷却水が吹きこぼれます。
そして補充したとしても加圧されているため、どんどん漏れます。構造的欠陥だと思う。現行型はどうなっているのかな。

DSC03179.jpg
ラジエーターファンの周りが渋くなってヒート兆候が出ました。(詳細はこちらをクリック
この症状も紺色の318でもありました。(この旅行の時には少しその症状が出ていました。)
紺色の車の時は手で反動を作らないと周りきれなくなっていました。こちらの車はそこまでは無かったのですが、エアコンオンにしても弱弱しくしか回らなくなっていました。


DSC03178.jpg
多分中国製か台湾製か、そのあたりだろうと思う。
やっぱり電装が弱いのかな。見た目安っぽいし。
昭和54年式のベンツではそんなに華奢ではないのに。

DSC03177.jpg
写真はエアコンコンプレッサー。
去年エアコンが効かなくなった時も、車検が終わった直後急にエアコンが効かなくなった時もボンネットから白煙が上がりました。
焦げ臭いとか、クーラント特有の匂いも無かったのですが、確かに白煙が上がりました。
エアコンのガスが抜けたんじゃないかと思ったんですが、現在ガス補充だけでとても良く効いています。壊れてはいないようですね。

一時はこのコンプレッサーの交換も覚悟しました。
しかし現在も全く問題なく動いています。ドイツ車だから高価だろうと覚悟していたら、意外に安かったです。

DSC03180.jpg
因みにこの世代のBMWは冷却水漏れに泣かされるみたいですね。
ラジエーターホースのクランプも樹脂製。

DSC03181.jpg
この写真の奥の方に写っているエンジンブロックからヒーターコアにつながるところも樹脂製。
ここも突然折れることがあるようです。(詳細はこちらをクリック
私の経験上10万キロくらいで思い切って全部交換するくらいの気持ちでいた方が良いと思います。




DSC03012_edited-1.jpg
最後にオイル交換をしました。

DSC03013.jpg
現在はモービルF1を使用しています。
最近の100%化学合成オイルで一番安価なオイルの一つです。

紺色のBMWの時は日産の100%化学合成オイルを使用していました。(詳細はこちらをクリック
しかし走行距離20万キロ過ぎ辺りでオイル下がりの症状が出たため買い替えを余儀なくされました。
別にオイルが悪かったわけでは無いと思いますが、おまじないのつもりです。

DSC03014.jpg
オイルは3.5リットル抜けて3.5リットル入れました。
オイルレベルゲージでもピッタリ上限。現在のところ殆どオイル消費が無いのだと思います。

DSC03015.jpg
走行距離はようやく7万キロ。
先代紺色318は引き継いだ時点で走行距離9万キロを超えていました。
果たしてどうなるか。

平成29年8月 夏休みは学業成就を願う旅 (詳細はこちらをクリック
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

うちの車は92000kmです。
交換しないといけないですね。
部品を買われる時に声をかけていただけないでしょうか。
お願いします

Re: No title

こうじさん、こんにちは。

こうじさんの車の方が世代が新しいので、私の車のように危うい事は無いと思いますが・・・
来年あたりに考えてみますので、よろしくお願いします。

5-40wですか

お久しぶりです。私は去年カストロール(純正)5-30からMobilの緑(安い方)5-30に変えて。エンジンの重心が下がったような安定感が出て、巡航燃費が少し良くなったのですが、5-40wだと冬場の暖気に時間が掛かりませんか?
アイドリングとかどうですか?
私の実感では静寂性と始動性はカストロールの方が軽かったです。今年、どのオイルにしようか迷い中です。

Re: 5-40wですか

コジロさん、こんにちは。ご無沙汰しています。

実はオイルに関しては最低限化学合成オイルは外さないようにしておこうと言う感じで、そこまで気にしていないのですよ。
恥ずかしながら、暖気もそこそこです。(嫁さんの車だから、暖気をちゃんとしろ!とも言えません。)
E46にありがちですが、エアポンプは既に故障していて、エアポンプが回ってボコボコ音がする間は動かさないようにしておこうと言う位の感覚です。

因みにタイヤが前オーナーさんが17インチの太いタイヤにしているので、これを純正サイズに戻すことが現在の優先事項になっています。

No title

エアポンプですか、うちのは5年前に道端で燃料ポンプが壊れました。あの時はこれが高速だったらと、本当に肝を冷やしました。当時は自分の車という認識ではないので、燃費ばかり気にして、全然アクセルを開けてなかったのも原因かも。結局、踏んでナンボのBMWですわ。

17インチのタイヤは見栄えばかりで、あまり良いところはない気がします。純正15インチの天道虫みたいなアルミをずっと使ってますが、鍛造で軽いし、195の太さで高速も上々です。
何より、太く平たいタイヤはショックやボディに負担が大きいので、長く乗るには不向きだと思います。

オイルは、今度からペール缶にしようと思ったので聞きました。あまり長い距離を巡航できない地域ですので、5-40wは無理かなぁ。

Re: No title

コジロさん、こんにちは。

燃料ポンプが壊れることがあるんですね。前のE46の時は20万キロを超えた時点で予備の燃料ポンプとフィルターを購入しましたが、結局手放したので今も部品だけはあります。
エアポンプはエンジン始動時のみしか作動しないので、交換する気はありません。ベンツはエアポンプを外したままで車検を受けていますが、検査官も気付きません。
エンジンオイルの硬さについては・・基本一般乗用車だからそこまでシビアでなくても良いのではないかなぁと。
ベンツはここ10年くらいホンダの一番安いHAMP(ホンダアフターマーケットパーツ)オイルの5w-30を使っていますが、さすがに柔らかすぎるかなと思いますが、今のところ何のトラブルもありません。

No title

燃料ポンプ故障は「ゴフッゴフっ」と息継ぎみたいな音がして、車が前後に揺れる感じがしてエンストしてしまいます。
e46では前期、後期問わず定番の故障個所です。ラジエータのサブタンクも前回の車検時に予備交換しました。肝心なところに樹脂部品をなんで沢山使うのかな、と正直思います。

うちのは今はエアコンのエボバレータがやばいです。
そこはちょっと自分では外せないみたいで、交換するときはその周辺の部品も一緒に頼もうかと思います。

ディーラーに聞いてもオイルは粘度さえ守ってれば鉱物油でも良い(本当です)と言われたのですが、パワーや燃費に確実に差が出るので普通に買える範囲で色々やりたいと思っています。

なにわともあれ、厳しい今夏を乗り切れて、お互い良かったですね。私は本家の雨漏りの修理でへとへとです。絨毯って、水浸しになるとメチャクチャ重いですよ

Re: No title

コジロさん、こんにちは。

燃料ポンプは車に積みっぱなしにしましょうかね(笑)。私の車の世代のベンツも燃料ポンプは弱い方だと聞いたことがあります。
オイルは車の世代によって柔らかいオイル、固いオイルと使い分けた方が良いと思っているので、その辺だけはちゃんと意識しています。
E46の水回り・・古くなると泣かされるようですね。それを分かっていて乗っているのですが。
ラジエーターのサブタンク自体が加圧されるから、温まっているときはクーラントの補充が出来ないのは問題だと思います。現行型は改良されているのではないでしょうか。たったそれを確認するためだけのためにディーラーに行くのは憚られますけど。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR