FC2ブログ

平成30年7月 猛暑はぬるい温泉に入る旅 Vol.4

この記事はこちらからの続きです。




DSC02896.jpg

DSC02897.jpg
福山のはきもの資料館を見学した後は・・

DSC02898.jpg
同じ福山市内の鞆の浦へ。










DSC02899.jpg
海岸線沿いを進んでいくと・・

DSC02900.jpg
鞆の浦の街並みが近付くころにはこんな看板が・・

DSC02901.jpg
あそこにも・・

DSC02902.jpg
結構しつこくこんな看板が出てきます。

DSC02903.jpg
懐かしいな。
一度この車でやって来たことがある。2まわりくらい小さい車でですけど。

DSC02905.jpg
鞆の浦は古代より潮待ちの港と言われたところ。万葉集にも謳われた歴史の長い湊です。

DSC02906.jpg
近世以降は水運自体が鉄道に取って代わられたことと、付近の尾道市に港湾拠点が移って行った事から廃れてしまい、こんな古い町並みが残ったところです。
(・・・とのんきに説明していますが、実はこんな狭い道に入りこんでしまって出れるかどうか心配したルートでした。)

DSC02907.jpg
したがってと言うべきかどうかわかりませんが、鞆の町並みにはこんな細い道だらけで、大型トラック等は通行不可です。

DSC02908.jpg
湊に出てみました。
実は近年までに再開発計画で海側に海上道路のように街並みを大きく跨ぐ国道整備計画がありました。

付近の仙酔島なんかは仙人が酔うほどに美しいと言う謂れで名付けられたのに、こんな景色が見られなくなるのかなと思っていたら景観問題などから計画は撤廃、陸側を通すようになったようですね。

一度決まった都市計画はもう変わる事は無いと思っていたのに、案外何とかなるのだと感じた一件でした。

DSC02909.jpg
あの常夜灯の周りも当時はそれほど綺麗では無かったのですが、今は整備が進んでいるようです。
「崖の上のポニョ」のイメージを作った場所としても有名だと思いますが、最近他のドラマだか何だかで登場しているようですね。

DSC02910.jpg
この町にも少し洋風近代建築が残されているのですが、暑い!とにかく暑い!!

DSC02911.jpg
宿泊地に向かうことにしよう。

DSC02912.jpg
福山の中心街へ。
鞆の浦と福山市を結ぶこの道にかつて鉄道路線が走っていました。
鞆鉄道と言います。
地方の小資本鉄道会社ゆえ、設立当初から財務状況はよろしくなかったようです。せっかく鉄道をひいたのに、終点が鞆の浦の中心地より結構手前にしてしまったために貨物、旅客とも伸び悩み、モータリゼーションが起こるよりも早く昭和29年に廃止になりました。
鞆鉄道はその後バス会社「鞆鉄バス」として福山市を中心に盛業中です。
鉄道廃止から70年近くたとうとしているのに鉄道を名乗っているのがイイ感じ。

DSC02913.jpg
福山東ICより山陽自動車道へ。

DSC02914.jpg
倉敷方面へ。

DSC02915.jpg
その後岡山道に乗って北進。

DSC02916.jpg
私が通った7月14日の時点では賀陽―有漢は対面通行となっていました。

DSC02917.jpg
あれか。

DSC02918.jpg

DSC02919.jpg
その後中国自動車道に合流したら東へ。
落合ICから下道へ。

DSC02920.jpg
高梁川上流を走ること暫し・・
今回は1カ所立ち寄り湯をすることにしました。

DSC02923.jpg
湯原温泉郷の中の一つ、真賀温泉に入ります。

DSC02921.jpg
国道沿いに小さな駐車場がありますが、一杯だったので河原へ。

DSC02924.jpg

DSC02925.jpg
なかなか風情があります。

DSC02926.jpg
幕湯、男湯、女湯、家族風呂とあります。
幕湯はもともとこの地域を治めた藩の殿様が入る時は幕を引いて入っていたから幕湯。
高級な幕湯で250円、普通のお風呂で200円。
柔らかくて37度程度のほどほどのぬるさでお気に入り。

DSC02927.jpg
良い湯でした。

DSC02928.jpg
それでは宿に向かおう。

DSC02929.jpg
目的地は以前も利用した郷緑温泉。

DSC02930.jpg
ほんの10分程度の移動で・・

DSC02931.jpg
到着しました。

DSC02932.jpg
フウフウ・・アチ、アチ・・

DSC02933.jpg
この旅館はエアコンなし。
旅館の人も「こんなに暑いのは初めてじゃ!」と。

DSC02936.jpg

DSC02934.jpg
温度34度のぬるーい温泉で汗を流したら、こんな時間。

DSC02937.jpg
今回頼んだのもゲテモノだと思うのだけど、ゲテモノ料理にならなかったスッポンのコース。

DSC02941.jpg
キュウリの酢の物と甲羅(エンガワ)をゴマ油と酢?で和えたもの。

DSC02938.jpg
右から筍の木の芽和え、シカ肉、猪肉。

DSC02942.jpg
お腹にあった状態の卵を塩漬けにしたもの。「キンカン」です。

DSC02939.jpg
スッポンカメの刺身死肉

実はこの旅行の2週間くらい前に早朝ジョギング中に道路上で洗面器くらいの大きさのスッポンを発見しました。
その事を御主人に伝えると「ほう、そりゃ良いな。持って帰ったのか?」と。

私「生きてればよかったんですが、どうも夜中のうちに道路に出てきて車にひかれた奴だったんですよね。ひかれたてほやほやっぽかったんですけど・・。やっぱりまずいですかね。」

御主人「んー、そりゃ良かないねぇ。」

だそうです。


DSC02940.jpg
右側から肝臓、お腹の中に入った状態だった卵、腸。

DSC02943.jpg
うぉぉぉ・・・。
気持ち悪いけど、乾杯。

DSC02945.jpg
途中で唐揚げ追加。

DSC02948.jpg
これは材料さえ言わなければ誰でも美味しいと思える味。

DSC02944.jpg
ひかれた個体から飛び出していた肉片はこんな感じで美味しそうだったんですが・・・w

DSC02946.jpg
これは多分小腸。
コリコリしている。美味い。

DSC02949.jpg
サッと湯通ししたんだと思うのですが、多少粉っぽく感じます。

DSC02950.jpg

DSC02951.jpg
肝臓っちゅうもんは栄養豊富なんだか美味い。

DSC02952.jpg
卵の塩漬け。
通称「キンカン」だそうです。

DSC02953.jpg
ビールも美味い!

DSC02954.jpg
すっぽん鍋登場。

DSC02955.jpg
野菜を投入。

DSC02958.jpg

DSC02957.jpg
甲羅の部分を含んだお肉。

DSC02956.jpg
これは大腸。
コリコリして美味しいです。

DSC02959.jpg

DSC02960.jpg
最初は気味が悪かったんですけど、美味しいんです。

DSC02961.jpg
残った鍋は・・

DSC02964.jpg
雑炊になりました。最後まで残さずしっかり食べました。

DSC02966.jpg

DSC02962.jpg
食べ終わった頃でもまだ明るかったです。

DSC02967.jpg

DSC02968.jpg
最後に今治のJAで購入した果物を食べました。

DSC02969.jpg
翌朝です。

DSC02970.jpg
撮るまいかと思ったんですが、ここも多少の被害があったようです。

DSC02971.jpg
スッポンの養殖場も溢れたりしたんじゃないかと思ったのですが、そこまではならなかったけど、水位が上がったから一晩中見張っていたと。
「あいつらは魔術師のように逃げようとするからな。」と・・

DSC02972.jpg
7時半になりました。

DSC02974.jpg
朝食が来ました。

DSC02976.jpg

DSC02977.jpg
美味しそう。実際美味しいけど。

DSC02975.jpg
カメの形をしていますが、こういうものはいったいどこから手に入れてくるんだろう。

DSC02979.jpg

DSC02978.jpg
御馳走様でした。美味しゅうございました。

DSC02980.jpg
会計を済ませたら出発。

DSC02981.jpg
ここから一気に浜松に帰ります。

DSC02982.jpg
湯原ICより米子自動車道へ。

DSC02983.jpg
中国自動車道を暫く走ったら、兵庫県内に部分開通した新名神高速道路へ。

DSC02984.jpg
ところがその後事故渋滞に捕まります。
名神を通っても、京滋バイパスを通っても渋滞でした。
私は月曜日から仕事だけど、世間は3連休だったか。

気温は35度くらい。アスファルトの道路上に降り立つと体感温度は40度くらいと言った感じ。

DSC02985.jpg
渋滞を抜けた時はホッとしましたよ。
渋滞にはまっている間にオーバーヒートを起こして他の車に迷惑をかけたりはしたくありません。

DSC02986.jpg
その後も新名神四日市JCTから鈴鹿ICまでの多少の渋滞があったりで冷や冷やしましたが・・

DSC02987.jpg
無事浜松まで帰ってきました。
今回の旅行では私の車よりも古いと思われる車は全く見ませんでした。

DSC02988.jpg
今回の旅行で一番頑張ったのは、このエアコンかもしれない。一応きちんと手を入れたつもりとは言え、突然生ぬるい風を出してエアコンが根を上げるのではないかと心配しました。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

これから食事をしようという時に
この記事を読んでちょっといえかなり
後悔しています。w

Re: No title

こうじさん、こんにちは。

今日はバイパス沿いの歩道に洗面器よりも一回り大きいくらいの大きさのスッポンが死んでいました。
無傷だったので、陸に上がって道に迷って熱中症で死んだのだと思います。
私の住んでいるエリアはスッポンの養殖場もありますし、野生化したのもかなり居そうです。
頑張って捕まえたいです。その時にはおすそ分けします。

No title

すっぽんのチ、、、ですね。かつて味わってしまい少し苦手です。鼻を
つまんでゴクッと行きたい所です。 いえ、ご遠慮するかな…。と。

Re: No title

サッピエロさん、こんにちは。

先日洗面器よりも一回り大きいサイズのスッポンが私の住んでいるところの歩道で死んでいました。多分陸から上がって水に戻りきれなくて熱中症死したんでしょうけど、もう少し早くに会えれば良かったのにと悲しかったです。
実は浜松はウミガメが産卵に来るところでもあります。
80歳代以上の高齢者だと、食べたことがあるという人もおります。美味しいのでしょうね。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR