FC2ブログ

平成30年7月 猛暑はぬるい温泉に入る旅 Vol.1

DSC02722.jpg
時刻はこのくらい。午後8時になろうとするところ。

DSC02723.jpg
日が暮れてしばらくたつのにムシムシする中、題目のような旅行に行くことにしました。








DSC02725.jpg
まずは浜松市内を移動。同僚を確保。

DSC02726.jpg
目的地はここ。オレンジフェリー神戸ターミナル。

DSC02727.jpg
浜松西ICより東名高速道路に流入!

DSC02728.jpg
ズズズズズズ・・・・



DSC02731.jpg
浜名湖付近通過。

DSC02734.jpg
豊田JCTが近付いてきましたが、この時間帯なのに珍しく新名神自動車道路鈴鹿付近で渋滞が発生していました。

DSC02736.jpg
遠回りになるけど、名神自動車を使った方が早く到着するようです。
ひたすら西進。

DSC02737.jpg
岐阜を通過する頃が一番心細い。

DSC02740.jpg
草津PAでトイレ休憩。
そのまま直ぐに出発。

DSC02737.jpg
京滋バイパス経由でひたすら大阪方面へ。

DSC02742.jpg
大阪に近付いてくると地味にトラックの数が増えるなぁ。

DSC02743.jpg

DSC02744.jpg
西宮料金所を通過したら、阪神高速道路3号線経由で魚崎ICまで。

DSC02745.jpg
神戸六甲アイランドに入ると・・

DSC02746.jpg
無事オレンジフェリー神戸ターミナルに到着しました。

DSC02747.jpg
約4時間半かかった計算になります。

DSC02748.jpg
プレハブ小屋みたいなターミナル建屋で切符を購入。
今回は予約はしませんでした。乗れないことは無いと思ったから。でも意外にも私以外に一般乗用車が2台、それから徒歩客は10数人いました。

DSC02750.jpg
それではかるく船ヲタ活動開始。
初代おれんじホープの徒歩客運搬車はここで静かに余生を送っているようです。

DSC02751.jpg

DSC02752.jpg
有人トラックもそれなりに居ますが、シャシーはかなり多いです。

DSC02753.jpg
車に戻ると一般徒歩客の乗船が開始になったようです。
4,5人しか乗れないから往復しています。
一般乗用車組はもうしばらく待機。

DSC02755.jpg
結構待つな。
出港5分前になりました。

DSC02756.jpg
ここでようやく移動開始。

DSC02757.jpg
ヤッター!

DSC02758.jpg
うおおおおおお・・・・・!(実際は徐行)

DSC02759.jpg
車両甲板に入ると・・

DSC02760.jpg
いったんエレベーター前を通過。

DSC02761.jpg
船首側まで進んで・・

DSC02762.jpg
ぐるっと回って・・

DSC02763.jpg
エレベーター前にやって来ました。
乗用車が私1台の時はエレベーターのど真ん前に直接斜めに駐車なんてこともありました。

DSC02765.jpg

DSC02764.jpg
乗用車込のお客さんの一人はうら若き女性。
最近客層が変わってきたような・・

DSC02766.jpg
客室層に入ると、一般徒歩のお客さん達がうろうろしていたので写真は無し。
一番船首側の部屋になりました。

DSC02767.jpg
いつもの部屋だな。
でもベッドパッドが付いているのは今回初めてではないだろうか。(前回ホープ利用の旅行記はこちら

DSC02768.jpg
乗り込んで荷物を置いたのはこの時間。
ベッドメイクをしているうちにかすかに振動が大きくなったので、船は出港したようでした。

DSC02769.jpg
それでは恒例の変な時間のお食事タイム。

DSC02770.jpg
昨年おれんじホープを下船したトラックドラさんが死傷事故を起こした影響でしょうね。

今までおれんじホープの上り便に乗ったことも何回かありますが、ドラさんたちの中にはレストランが閉まった後も持ち込みの焼酎を何時までも飲み続けている方が居りました。

内心「この人大丈夫かなー」と思いましたが・・事故の時に呼気アルコールが検出されたんだったら申し開きは出来ませんもんね。
止むを得ないと思います。

DSC02771.jpg
自動販売機のビール販売時間が厳しく制限されたのでは?と思ったら・・

DSC02772.jpg
あらん、絶賛販売中止中なんですね。
下り便は時間が時間だけにオッケー!なんていうのを期待しましたが・・

DSC02773.jpg
ノンアルコールビールで我慢してくれと言うことか・・
うー、でもノンアルコールは酒税がかかっていないくせにビールと同じような値段だから納得できないんだよな。わざわざ飲まないし。

DSC02774.jpg
・・・と思ったら、1本100円で販売中。
これは良いアイデア。でも今後絶対にアルコールは売らないぞと言う強い信念も感じてしまう。

DSC02775.jpg
取り敢えず乾杯しよう。
後味がちょっと違う感じだけど、ビールっぽい味は美味く再現していると思う。

DSC02776.jpg
他に利用者はいなかったんですが、ちゃんとレストラン営業をしてくれるのもありがたい。

DSC02782.jpg

DSC02783.jpg
上り便で出されたはずの1品料理は無くなっていたのですが、オーダーメニューは健在の模様。
1品料理が大幅減量されたのではなくて、上り便の中でよく売れたのだと思いたい。

DSC02777.jpg
注文したのはジャコ天310円。

DSC02779.jpg
そして海鮮ソース焼きそば620円。

DSC02778.jpg
注文が入ってからサッと揚げてくれるので、アツアツで美味しい。

DSC02780.jpg
午前0時を過ぎてからこんなものを食べるなんて体に悪いなぁ。

DSC02781.jpg
取り敢えず御馳走様でした。
美味しゅうございました。

DSC02784.jpg
7月のメチャクチャ暑いシーズンでした。
出発の時にお風呂は入っていたのですが、寝る前にもう一度軽く入浴。

DSC02785.jpg
こんな時間になったので、急いで寝てしまいました。




この記事の続きはこちらをクリック。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

ホープの食堂は安いですね。
えひめが就航しましたが一品の値段はほぼ据え置きでしたが
定食、麺類は結構な値上がりになりました。

ホープの廃止が噂されていますが残って欲しいですね。

Re: No title

こうじさん、こんにちは。

ホープ下り便に乗船するときは仕事が終わってからで良いので助かるのです。出来たらオレンジフェリーは3隻体制のままでいてほしいです。しかし今後割引が縮小されるとなると、今度はジャンボフェリーの夜行便に流れるのかなと・・・

No title

おはようございます.おれんじえひめでも自販機のアルコール販売はなくなったようですので,
アルコールに対する規制が厳しくなっているんですね.
(フェリーが直接原因ではないとはいえ)事故が起こってしまったので仕方ないですね...
おれんじホープはこのまま残るようなうわさもあるようですが,どうなんでしょうか?

Re: No title

あきらさん、こんにちは。

ホープ、今後も運航を続けてくれるとこちらとしては助かります。
金曜日の仕事を早退しなくても間に合うスケジュールなんです。
実は先日のおれんじえひめの就航の日はこうじさんと乗り合わせたのですが、割引制度が大幅に無くなる可能性があるとかで、こちらの方が気になります。
新造船ではレストラン内でしかアルコール販売していませんでした。レストランも営業を終えたら入れなくなります。
ドラさんたちはレストラン営業終了後も結構長い時間チビチビやっていたから止むを得ない処置だと思います。

No title

おひさしぶりです(でもいつも見ていますよ)。

ホープ、アルコール飲料のレストランでの販売廃止、外部からの持込も不可。
私のようなあんまりいないであろう徒歩客にはキツくなりました。。。

ドラさんたちは飲酒無しに食事しながら、各地の道路状況(どこそこでは凍結に注意とか)などの
職務上の情報交換などを。以前は飲酒しながらバカ話していたのとずいぶん変化した印象が。

Re: No title

グレープフルーツさん、ご無沙汰しております。

コメントはないけど、きっと見てくれているのだろうと思っていましたよ。
九州航路のフェリーのレストランを見ていると、ドラさんたちは営業時間後もいつまでもちびちびやっているし、運航時間が比較的短いこの航路ではやむを得ない対応でしょうね。
新居浜行き下り便だと、深夜だし、私の場合は長時間の運転の後なので、ノンアルコールビールでも酔った気分になってあっという間に寝てしまいます。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR