FC2ブログ

平成30年3月 東京遊山の旅 後編

この記事はこちらからの続きです。




DSC01420.jpg

DSC01421.jpg
帝国ホテルをチェックアウトしたら、多少の観光をする予定です。

DSC01422.jpg
タクシーに乗って向かう所は・・






DSC01423.jpg
麻布台にあるキャンティ本店。

DSC01425.jpg
やけに雰囲気のある店構えだと思ったら、日本で最も古い本格的イタリア料理店だそうなのでした。

DSC01426.jpg
そして少し歩いたところには・・

DSC01431.jpg
これがあります。
和朗フラット1号館、2号館。

DSC01434.jpg

DSC01432.jpg

DSC01433.jpg
戦前の庶民向け洋風アパート。

DSC01437.jpg

DSC01436.jpg
窓もドアもかなりオリジナルのものが残っています。

DSC01435.jpg
玄関の囲いは日本古来の網代模様が入っています。
完全な洋風建築では無くて、適当に和風の要素が入っているのが好き。

DSC01438.jpg

DSC01442.jpg

DSC01440.jpg
この窓もオリジナル。
戦前にこんなデザインを採用するセンスが素晴らしいと思う。

DSC01441.jpg

DSC01443.jpg

DSC01444.jpg
こちら1号館、2号館を見た後は、多分設計者の集大成的建物になったんだろう物があります。

DSC01445.jpg
こちら、和朗フラット4号館。たまたま訪れたのがミモザの花が綺麗な時期で良かったです。

DSC01446.jpg
子どもに見せたかったんですけどね。
子どもは別に・・みたいな、ポカーンとした様子。

DSC01447.jpg
でも、「家を建てるときはこの建物を参考にしたんだよ。」というと、「わかる。」と答えてくれました。
曰く、「この玄関の照明とか。」だそうです。

DSC01448.jpg

DSC01449.jpg

DSC01450.jpg
「ここを見て何か気付かない?」と尋ねると、しばらくじっと見て「うちとおんなじだ!」と答えてくれました。

DSC01451.jpg
記念撮影をするの図。
変顔をしています。

DSC01452.jpg
矢羽のデザインは嫁さんがたいそう気に入っていました。

DSC01453.jpg
この玄関のデザインは私の家の玄関に取り入れました。

DSC01454.jpg
和朗フラット4号館の象徴的なアングルから。
戦前の元商社マン、上田文三郎が考えた素人デザイン建築とは思えない。

DSC01455.jpg
でも数年前に来た時と比較すると多少リフォームが入っているようでした。(詳細はこちらをクリック
ここはちゃんとスレート瓦が入っていたんですけどね。

DSC01456.jpg

DSC01457.jpg


DSC01459.jpg
そんなものを見た次は、六本木まで移動して地下鉄に乗りました。

DSC01460.jpg

DSC01461.jpg

DSC01462.jpg
やって来たのは四ツ谷。
名門中学校があるところです。こういうものを見せると日頃のお勉強ももっと見に入れて頑張ってくれるかな?と思ったのですが、「ふーん」みたいな、実に薄い反応。
個人的には小学生の頃からライバルを蹴落としても勝ちあがろうとする気持ちを持たれるのもどうかと思っているので、それはそれでいいような気もしました。

DSC01463.jpg
それでは次の場所へ移動。
写真はJR四ツ谷駅構内です。

DSC01464.jpg

DSC01466.jpg
下りた場所は激込み状態。

DSC01467.jpg
JR原宿駅です。

DSC01468.jpg
うひぃぃぃぃぃ・・・・人が多いなぁ。
子どもが原宿を歩いてみたいと言うから、それも今回の旅行に織り込んだ次第。

DSC01469.jpg
竹下通りにやって来ましたよ。

DSC01470.jpg
ショッピングめいた事を始めました。

DSC01471.jpg
もう年ごろだしショッピングの時に私が一緒にいるのは嫌だろうと思って、たまたま空いていたベンチに座って待つことにしました。
同じようにベンチで座って待っているお父さんたち多数。

DSC01472.jpg
この時間になったら、ショッピングが終わったからJR原宿駅に向かうという連絡がありました。

DSC01473.jpg
あー、終わった、終わったw 原宿駅に行こう。
しかしすごい人混みだなぁ。

DSC01474.jpg
本当はあちらの見学をしたかったのですが、今回の旅行の主役は子供だ。いつか別の機会にしよう。
同じ設計者の建物がこちらの旅行記に出てきます。(詳細はこちらをクリック

DSC01475.jpg
原宿駅もまた歴史的建築物。
東京空襲では直撃弾を数発食らったのに、すべて不発だったという超幸運の駅。
実は今でも皇室専用プラットホームも残っているのですが、それは別の機会に訪問しよう。

DSC01476.jpg
昼をまわったのに続々と原宿駅に下りる若い人たち多数。

DSC01477.jpg
列車の中ではこんな具合。

DSC01478.jpg
東京駅に向かったら・・

DSC01480.jpg

DSC01479.jpg
午後4時半ころのこだまに乗り込み・・

DSC01481.jpg
グリーン車は快適なんだろうね。
熟睡していたようです。

DSC01482.jpg
最後は天竜川鉄橋を渡っているところの写真。
無事浜松に帰ってきました。




最後に不肖私も大借金を背負って家を建てました。
古い建物を見て歩きが好きなのですが、和朗フラット4号館が特に好きだったので、素人なりにかなりイメージを取り込んだつもりです。

DSC01448.jpg
本物はミモザの木が目の前にありますが・・

DSC01853.jpg
窓の配置は意識しました。

DSC01450.jpg

DSC01855.jpg
現在手に入る建材を使って出来る限りイメージを近付けました。
窓がもう少し大きければよかったんですけどね。アーチを描いた窓は現在日本国内ではほとんど作られていなくて、唯一北海道の会社が海外向けのOEM生産しているものが見つかりました。

DSC01453.jpg

DSC01856.jpg
実は玄関ドアも苦労しました。
アーチを描いたドアそのものが建材としては見つかりませんでした。
分かりにくいかもしれませんが、矢羽のデザインです。

DSC01458.jpg

DSC01857.jpg
屋根のアーチも工務店を悩ませました。
ちゃんと銅葺きにするのは良いとして、この屋根の形状は雨漏りの原因になるのではないかと。
私の家のアーチの切れ込みが少ないのは、新築する以上は保証しなければならないから、これが限界とのこと。
設計した人は「多分オリジナルの建物も雨漏りしているのではないでしょうか?」と言われていました。

DSC01858.jpg
別にアーチが好きだったわけでは無いのですけどね。
建築士さんの遊びがところどころに入りました。
玄関の中です。

DSC01862.jpg
この空間も好き。

DSC01859.jpg
上の写真の左手ですが、大きなアーチが入りました。

DSC01860.jpg
これもですね。

DSC01863.jpg
玄関から中に入るとこんな感じに見えるので、私なりに気に入っています。

DSC01861.jpg
設計士さんの遊びも入りましたが、大工さんの遊びも入りました。
台所の天井付近の配管が通るところも勝手にアーチにしてくれました。これが一番存在感のないアーチです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんばんは。曲線の多い柔らかなご自宅ですね。過ごしやすそう。家具が入ればまた違った雰囲気になるかもしれませんね。

ジャパンタクシーの画像からスタートですね。移動中…やはり寝てますね。笑☺️
フラットの続きかと思うほどモチーフの踏襲された素晴らしい建物。
外観のみではなく内部も上手く引っ張ってます。最後のアーチがとてもいい感じ単調になりやすいところですから。

Re: タイトルなし

あきらさん、こんにちは。

社宅でも快適だと思って暮らしていましたが、最近の家は冬暖かくて、夏は涼しいです。
家具は・・・もうお金がないので今まで使っている安い家具が壊れたら考えます。

Re: タイトルなし

サッピエロさん、こんにちは。

私がこの世からいなくなってこの家と土地が売りに出された時に、新しい買い手の人が「この家もリフォームして使おうか」と言ってくもらえるように精いっぱい努力したつもりです。
ライト様式の建物をモチーフした家はたくさんあると思いますが、和朗フラットをモチーフした家はそうそうないと思います。
上田文三郎も草葉の陰で笑ってくれていたら嬉しいです。

No title

こだわりの素敵なおうちですね。
すごいな。
僕にはできないですわ。
かっこいいっす

Re: No title

こうじさん、こんにちは。

銀行からお金を借りて不動産を買うのは、本当にこんなことをして良いのだろうかと緊張しました。
でもこうじさんと比べるとまだまだですね。
精進します。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR