FC2ブログ

平成30年3月 故郷の豪邸を訪ねる旅 Vol.1

DSC00718.jpg
時刻はこのくらい。

DSC00717.jpg
この車に乗って題目のような旅行に行くことにしました。








DSC00719.jpg
最初の目的地はここ、阪九フェリー神戸ターミナル。

DSC00720.jpg
職場の同僚を確保して浜松市内を出発。

DSC00721.jpg
浜松西ICより東名高速道路へ。

DSC00722.jpg
ドドドドド・・・・

DSC00723.jpg
浜名湖付近を通過。

DSC00726.jpg
伊勢湾岸道路へ。


DSC00727.jpg
新名神に入ったら・・

DSC00728.jpg
ほぼ中間地点の土山SAで休憩。
前回の旅行は勘違いをしてしまってうっかり出発を1時間以上遅らせていたので、さすがに日が明るいと思います。

DSC00729.jpg
その後も渋滞に捕まることも無く順調に西へ。

DSC00730.jpg
渋滞情報があったけど、これは自分の進むルートでは無いです。
前回は本当にしびれたなぁ。(詳細はこちらをクリック

DSC00731.jpg
夕日がきれいだ。

DSC00732.jpg

DSC00733.jpg
西宮料金所を通過。

DSC00734.jpg
魚崎ICで下りたら、神戸六甲アイランドへ。

DSC00735.jpg
フェリーさんふらわあのターミナル前を通過したら・・

DSC00736.jpg

DSC00737.jpg
無事到着しました。

DSC00738.jpg
イエーイ。
やっぱり時間に余裕を持った行動を取るのが一番だなぁ。前回は心臓バックバクでしたよ。

DSC00739.jpg
今回乗船するのは「やまと」ですね。

DSC00741.jpg
切符売り場へ。

DSC00740.jpg
今回もヴィーナストラベルのプランを利用させていただきました。

DSC00744.jpg
阪九フェリー就航50周年特別プランなるものが設定されていました。今回はこちらを利用します。

DSC00745.jpg
切符を発券してもらいました。
このプランは特等(泉大津航路の場合はスウィート)利用となります。

DSC00742.jpg
切符を受け取った時点でこの時間。
上の待合室に行ってみよう。

DSC00746.jpg
出港1時間45分前と言うこともあってか、少ないようですね。
暫くぼんやりして、お土産物売り場を冷やかしたりしていると・・

DSC00747.jpg
そろそろ一般乗用車組の乗船開始時刻が近付いてきたようです。

DSC00748.jpg
その頃にはそれなりにお客さんも集まっていました。

DSC00749.jpg
それでは車に戻って待機。

DSC00750.jpg
この日は何もかも順調です。
午後7時には・・

DSC00751.jpg
乗船開始となりました。
前回は大分航路の「さんふらわあぱーる」が欠航の影響があったのか、新門司行きのこちらも貨物、乗用車が満載でずいぶん待たされました。

DSC00752.jpg

DSC00753.jpg

DSC00754.jpg
シズシズ・・

DSC00755.jpg
ちゃんと徐行。

DSC00756.jpg

DSC00757.jpg

DSC00758.jpg

DSC00759.jpg
車両甲板にいる誘導員の指示に従って車を駐車。
それでは船内に入ろう。

DSC00760.jpg
フウフウ・・
急な階段を上がっていくと・・

DSC00761.jpg
ここへ。「つくし」だとカーペットの色はオレンジ色です。(詳細はこちらをクリック

DSC00762.jpg

DSC00764.jpg

DSC00763.jpg
平成30年の現在で就航15年目に入った船ですが、十分に良い雰囲気だと思います。

DSC00765.jpg
それでは部屋に行こう。

DSC00766.jpg
せっかくだからエレベーターを使おう。

DSC00767.jpg

DSC00768.jpg
キャキャ!特等室だけ真鍮製のキーホルダーw

DSC00769.jpg
特等室は4室だけ。
瀬戸内海航路は特等室は少ないものだと思っていたのですが、最近就航する船は北海道航路並みに上等級の部屋を多数そろえています。

DSC00770.jpg

DSC00771.jpg
ドアを開けるとこんな感じ。

DSC00772.jpg

DSC00773.jpg

DSC00775.jpg
アメニティグッズはたくさん。
ほとんど使わないのですけどね。

DSC00774.jpg
茶器セットはクッキー付き。
大抵船内では食べなくて、持って帰って職場で食べるんですけどね。

DSC00776.jpg
ちゃんとパッキングされたバスタオル。
これは好印象。冷蔵庫にはサービスドリンク付き。

DSC00777.jpg

DSC00778.jpg

DSC00780.jpg
荷物をほどいたらすぐにお風呂へ。

DSC00779.jpg
良い湯でした。

DSC00781.jpg
湯上りの体を冷ましながら、何となく眺めていたのですが、こちらの船は平成3年まで就航していたんですね。
だとしたら、学生時代に乗船した可能性があるなぁ。(詳細はこちらをクリック
写真でも撮っていたらスキャンして出したかったけど、一枚も無し。
まさかブログなんてするとは思わなかったし、当時こんな時代が来るとも思っていなかったし。

DSC00783.jpg
部屋に戻って、テレビを見ようとしていろいろいじってみたものの、すべての局が映らないなーとかやっていると・・

DSC00782.jpg
この時間くらいからゴトゴト言い出しました。

DSC00785.jpg
先ほど後ろの方で汽笛が鳴ったから、「さんふらわあごーるど」が出港したのは分かっていましたが・・

DSC00784.jpg
こちらも出港したようですね。

DSC00787.jpg
こんな時間になったことだし。

DSC00786.jpg
それでは食事に行こう。
このプランは往復の船内で利用できる食事券が8000円分!付いています。

DSC00788.jpg

DSC00789.jpg
まずレストラン入口付近にある写真でイメージトレーニング。

DSC00790.jpg

DSC00791.jpg
出港したばかりだから、まだレーンに並んでいる人はいました。

DSC00792.jpg
メニューはと言うと・・

DSC00795.jpg

DSC00793.jpg

DSC00794.jpg

DSC00796.jpg
・・・ちと少ないんですよ。
やっぱり乗船しているお客さんが少ないのかな。

DSC00797.jpg
いろいろ考えながら選んで行ってグリルへ。

DSC00799.jpg
今回のメニューはこちら。

DSC00801.jpg
まずご飯をたくさん。

DSC00800.jpg
てんこ盛りサラダ250円。

DSC00804.jpg
冷奴。350円だったかな?

DSC00803.jpg
おでん3種。

DSC00806.jpg
茄子の煮びたし250円だったかな?

DSC00805.jpg
アンコウの唐揚げ350円だったかな?

DSC00807.jpg
どちらかと言うとソーセージの方が多いクラムチャウダー。350円だったかな?

DSC00802.jpg
黒瀬ブリのお刺身650円。

DSC00808.jpg
さらにホルモン鉄板!850円だったかな?
金券があるから贅沢しましたよ。


DSC00809.jpg
アンコウの唐揚げにはサラダのドレッシング用のタルタルソースを掛けました。

DSC00811.jpg
九州人だった私はあんまりアンコウはなじみがないのですが、魚臭さがあまり無くて美味しい。

DSC00810.jpg
ブリは醤油にちょっとつけるだけで醤油に油膜が出来るくらいに脂がのっていました。

DSC00812.jpg
ビールで乾杯!
ムシャムシャ!ゴクゴク!

DSC00813.jpg
ごちそーさんでした!美味しくいただきました!!

DSC00814.jpg
こうやって見てみると、やっぱり今回はお客さんが少なかったようです。

DSC00815.jpg

DSC00816.jpg
最後は恒例の売店見学。

DSC00817.jpg
何だか新しいメニューもあるようですね。

DSC00819.jpg
コーヒーを買って部屋でいただいたら・・

DSC00818.jpg
こんな時間に寝てしまいました。




この記事の続きはこちらをクリック
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

普通アンコウは贅沢な品かなあ。おいしいですからね。
ビュッフェでも出るのですね。フグもおいしいけれど、学生の頃は
相当食べれると思った。今はそのころは考えられない程食は細いかと。
すぐお腹がいっぱいになるし。 
その分少し品質にこだわるようになったかなあ(^^♪

No title

89プランですか。
お連れの方が50歳以上でしょうか。
8000エんッの食券はすごいですね

Re: No title

サッピエロさん、こんにちは。

アンコウは九州に住んでいた頃は、かの地はそれほどメジャーでは無かった印象です。
今回初めて食べたんではないでしょうか。

大学院に居た時指導を仰いだのが北海道大学水産学部の先生でしたが、「魚は九州の方が美味い。北海道は魚以外(ウニとか貝とか)が美味い。」と言っていました。
故郷の食べ物をほめてもらうと嬉しいですね。

Re: No title

こうじさん、こんにちは。

いろいろと旅行記以外の所に着眼点を置いておられるようで。
ご指摘の通り50歳以上の人です。こうじさんが心配するようなことは無いとです。

8000円分の船内食事券は嬉しいんですけど、お腹を空かせて乗船しないと使いきれません。

No title

おはようございます.神戸便では取り放題サラダ健在ですね.グリルに限っていえば神戸便の方が食堂の内装は豪華な気がします.

Re: No title

あきらさん、こんにちは。

阪九フェリーの新船にはグリルはありませんね。
もう無くなる設備なのかもしれませんね。
修学旅行の団体さんがいるときはグリルで学校の先生たちが生徒さんと違う食事をしているイメージがあります。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR