FC2ブログ

ホンダビート 助手席シートの交換

DSC00330_20180126161519d14.jpg
ある日こんな荷物が届きました。

DSC00332_20180126161522cfe.jpg
中身はこれ。FD3S型RX-7の助手席用シートです。







DSC00333_2018012616152215d.jpg
ビートの助手席用に装着しようと思って購入しました。(ヤフオクで本体3000円でした)

DSC00334_201801261615258a5.jpg
助手席のシートはいわゆるゼブラ模様の純正シート。
草原をかけるシマウマをイメージしたらしいのですが、座り心地はかなり悪いのです(詳細はこちらをクリック)。

FD3Sのシートに交換するのは定番のようです(結構大変のようですが)。私もトライしてみることにしました。

DSC00335_201801261615259a8.jpg
オリジナルシートを外して仮置きしてみました。
あ、やっぱりこっちの方が良いかな。実はこのシート、前オーナーがビートに取り付けていたようです。だいぶ加工されていました。
足元のプラスチック部品はかなり撤去されていました。ステーが残っていたらなお良かったのですが、ステーはありませんでした。

DSC00693.jpg
前オーナーが残していたシートの背もたれを倒すリリースレバーは撤去しました。
効することでセンターコンソールに接触することなくしっかりシートを倒すことが出来ます。

DSC00336_20180126161527c2f.jpg
シートレールはオリジナルの物を使います。

DSC00337_20180126161529876.jpg
シートベルトキャッチャーも使います。

DSC00338_2018012616153068a.jpg
シートベルトキャッチャーを取り付ける穴は前オーナーさんが開けていました。



DSC00340_20180126162525aa6.jpg
これだけでもかなり助かります。

DSC00339_201801261615339d8.jpg
ボルトはM8、ピッチ1,25。
ステーも使えそうなものを購入。

DSC00343_20180126162705d41.jpg
シートレールにはシートベルトキャッチャーのステーが付いていました。
これは切断する必要があります。

DSC00344_20180126162708bdc.jpg
職場の営繕室でディスクグラインダーを借りて切断しました。

DSC00345_2018012616270834a.jpg
こういう工具を気軽に借りれるから助かるなぁ。
DIYでビートの助手席シートの交換を試みようとする人はここで苦労するようです。

DSC00694.jpg
なるべく部品点数を減らしたいので、純正レールを取り付けるのにシートフレームを削りました。
RX-7はFRPをベースに使用して軽量化を図っていたんですね。

DSC00695.jpg
これでフレームが付きました。

DSC00696.jpg
まずこれで装着。
厳しいなりに一応固定できました。結構右側にオフセットされています。

DSC00698.jpg
座ってみました。
オリジナルシートと違ってかなり座り心地が良いです。
右側にオフセットしていますが、それほど気になりません。このままでも良いかと思いましたが、やはりオフセットは解消する必要がありました。

DSC00697.jpg
シートレールの後ろのボルトが固定できなかったからです。

DSC01281.jpg
新たにステーを購入。
ステーのコーナーでは無くて雨どいの配管を固定する材料のコーナーでこんなものを発見しました。
ステーの代用になるし、ステーのコーナーの商品よりはるかに安価でした。

DSC01290.jpg
結局先人の皆さんのすることどおり、ちゃんとシートレールそのものをオフセットしないとだめだったようです。


DSC01292.jpg
仮置きして場所決めをしました。何度もシートを積んだり下ろしたりしてステーの位置を微調整しました。

DSC01291.jpg

DSC01294.jpg
だいたいあっているみたい。

DSC01295.jpg
懸念だったシート後部も装着。


DSC03836.jpg

DSC03838.jpg
こんな感じになりました。
微妙に左にオフセットしています。

DSC03837.jpg
シートベルトを通すところも割と違和感なく使えていると思います。
子どもが座ったらすごくフィットして良い感じと言っていました。
これで2人乗りでも長距離運転できると思います。

DSC00331_20180126161521af2.jpg
前オーナーさんは気を利かせてくれたようです。
車は手放したと言っていましたが、残っていたオイルフィルターおまけで私にくれていました。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

随分と程度の良さそうなシートですね。
私もまだレカロシートの外したものをそのまま保存していたのを思い出しました。

Re: No title

サッピエロさん、こんにちは。

FD3SのRX7は景気の良い頃の車だから、新車で買ってすぐにシートを交換した人もいるのではないでしょうか。
ビートは静岡県三島市内で前オーナーから譲り受け、浜松まで乗って帰りましたが、30分に1度休憩しないといけないくらいにシートが疲れました。
そんなシートですが、リクライニングもしない助手席シートでも部品代として7万円したらしいですよ。

No title

私の場合、前後スライドしないで良いと割り切って、FDの純正レールを加工して取り付けました。
シート左側を加工して、幅を狭くする工夫をすると、座面があと5cm下げられますよ~!
あまりにも大変だったので、もう二度とやりたくないですけどね・・・

Re: No title

初めまして。

この作業、ただただ大変でした。
もう少し調整したいのですが、それさえも嫌なくらいに大変でした。
いろいろな整備記事を参考にしましたが、固定プレートをどうするかまで書いてある記事は見つけられませんでした。
ただ、ステーを手で曲げられるような薄いものを使っている人もいるようですが、それは避けたつもりです。

良かったらまたコメントください。

No title

こんにちは。私の場合、ヤフオク検索でハンドプレートベンダーなる道具を購入して、自分で1.5~2mm厚くらいの鉄板をサンダーで切って曲げて、取り付け穴に合うプレートを作りました。ペラペラでは安全上気になりますからね!
右側のベルトキャッチャー近辺のプレートは同じ位削りました。左側は、樹脂カバーのフロント側のネジ取り付け部分を浅くして、中の薄板金属プレートは外して、シート角度調整レバーのバネを内側にオフセットさせて(バネ引っ掛け穴を内側に開けて掛け直す)、少しでも幅を減らす努力が必要です。シートレールは、純正のシート側のみにして、シート取り付け穴フロント側のビート車体側の横方向の出っ張り分をレール側でサンダーで落としました。ちょうど、レールがはまる感じで、その分座面が下げられます。リクライニングレバーで背面を手前に倒せば、ドキュメントBoxはそのままアクセスできるので、レールが無くても全く問題はありません。ただ、後ろ側の取り付けボルトが狭くて締めこむのが大変でした。あんこ抜きして座面を下げている方が多いですが、座面がシワシワになるのでやりたくなかったんですよ。私もお金掛けずにビートライフ楽しんでいます。

Re: No title

トロロッソさん、こんにちは。

前回の名無しさんのコメントはトロロッソさんでしょうか?
私のFD用シートはレールが無い状態でしたが、トロロッソさんのビートの助手席がどんな状態か見てみたい気がします。
おっしゃる通り、ビートはお金をかけずに楽しめますね。
入手当初は高速でも15km/Lだったのが、今は21km/Lまで伸びるようになりました。エンジンの振動もかなり減っています。走行不明車の状態だったのですが。
ブログ内にルノーがある事もありますが、私はウイリアムズルノー時代のリカルドパトレーゼが好きです。
オゼッラ(誰も知らないでしょうが)時代のニコララリーニも応援していました。
ラリーニはその後フェラーリF1に乗ってしまうとは夢にも思っていませんでした。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR