FC2ブログ

富士重工 ラビットS601 マフラーの修理

DSC09611.jpg
ある日バイクのエンジンをかけると、
ゴボボボボボボボ・・・・と、明らかに排気漏れと分かる音がしました。

DSC09613.jpg
よく見てみると・・


DSC09612.jpg
消音剤の代わりに詰めて置いたステンレスたわしが飛び出していました。

DSC09615.jpg
マフラーは一応分解可能です。
車載のままチェックしましたが、幸いクラックが入ったり、腐食したわけではなさそうです。
ステンレスたわしの詰め方が悪くて、集中的に負荷がかかるところが出来た模様。
まんべんなく敷き詰めなおしました。(写真は詰めなおした後の状態)

DSC09614.jpg
スリーボンド社の耐熱性の高い液体パッキンを塗りなおして・・

DSC01772.jpg
出来上がりです。
この写真はこのトラブルの後約500キロほど走った時の状態です。
古い2stバイクだから、マフラーの中を掃除できるようになっているわけですが、どうしてもバイブレーションで緩んできます。
定期的にまし締めが必要です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

古い金属の構造物はクラックなど疲労していることもあるので
整備もなかなか大変になってきますね。

Re: No title

サッピエロさん、こんにちは。

どんなに新しくても50年落ちですからね。メーカーの想定をはるかに超えているので、それはそれで何とかしなくてならないと思っています。
新しい車を買えばそんな苦労はしなくてもいいのに・・
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR