FC2ブログ

BMW E46 318i AL19 サイドインパクトセンサーの交換

前回見積書から右運転席ドア内にあると踏んで内貼りをはがしてチェックしましたが、サイドインパクトセンサーは見つかりませんでした。(詳細はこちらをクリック

DSC08809.jpg
結局、たまにお世話になる工場に交換のお願いをしました。
ようやくサイドインパクトセンサー場所が分かりました。





DSC08810.jpg
それは運転席の下にありました。

DSC08811.jpg
実は私もいろいろ調べているうちにもしかしたらシートの下かな?と予想は下のですが、内張りを外すのが面倒そうだったので、なじみの工場に頼んだ次第です。
実際の工程はちゃんと内装に切れ目が入っているところがあったので、シート脱着だけで済んだようです。

DSC08860.jpg
無事にエアバックの警告灯が消えてうれしい。
いつも運転するときに何となく気になっていました。

平成28年から軽自動車も普通乗用車もエアバックの警告灯や、エンジンチェックランプが点灯している車は検査ラインに入場させてもらえなくなりました。(詳細はこちらをクリック
これで安心だと思ったのです。

DSC09006.jpg
しかし改めてみるこの見積書。
どう確認してもサイドインパクトセンサー交換の作業見積もり内容がドアの内張りを外すことになっています。

なじみの工場の社長は「右フロントドアからエラー信号が来ている。」と言っていました。
ディーラーではそれを根拠に右フロントドア内にサイドインパクトセンサーがあると考えたのでしょうか?

パーツリストでは部品番号の検索は容易なのですが、部品番号からそれがどこにあるのかを検索するのは難しいそうです。
ディーラーさんが間違った見積書を出したのは多分私の車の不具合がレアケースだったからかもしれません。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

値がはりましたね。 そのうち私も経験するのだろうけど、メーカーは
もう少し安くなる努力をしてほしいものです。

Re: No title

サッピエロさん、こんにちは。

もう少しこんなしょうもないマイナートラブルを減らしてほしい所ですね。
日本車ならまずない事だと思います。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR