SEIKO キングセイコークロノメーター Cal.5625-7060の修理

DSC08235.jpg
キングセイコークロノメーターです。

DSC08236.jpg
裏側のメダリオンは多少腐食がありますが、状態はまずまずです。
しかし竜頭は空転するし、時刻修正も出来ません。

今回はこの時計を修理することにしました。
ばらしている途中で竜頭で巻き上げ出来ない原因も、竜頭が引けない理由も分かりましたが、その辺は割愛。







DSC08238.jpg
バラバラにした状態です。

DSC08239.jpg
まずは耐振装置の組み立て。

DSC08240.jpg
機械台にセット。

DSC08241.jpg
輪列の仮組み。

DSC08242.jpg
受けを入れました。
竜頭が空転するのと引けない理由は受けを止めるネジが緩んでいたから。全体的にネジはゆるゆるでした。

DSC08243.jpg
角穴車の取り付け。
ちゃんと竜頭で巻き上げが出来るのを確認。

DSC08244.jpg
アンクルの組み付け。

DSC08245.jpg
テンプを組んだら・・

DSC08246.jpg
プルプル・・

DSC08247.jpg
無事動き出しました。

DSC08248.jpg
自動巻きの巻き上げ機構を組み付け。

DSC08249.jpg
セイコー56系の泣き所、日付変更の揺動レバーは壊れていました。
デッドストック品を取り付けました。
981-560は部品番号。

DSC08250.jpg
浜松でお世話になっている時計材料店の問屋さんでも最後の1個でした。

DSC08251.jpg
この状態から・・

DSC08252.jpg
こうなります。

DSC08253.jpg
文字盤と針を取り付け・・

DSC08254.jpg
綺麗に洗浄したケースに収めて・・

DSC08255.jpg
ガラスを組んだらベゼルを圧入。

DSC08256.jpg
無事完成です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR