FC2ブログ

平成31年4月 ビートは〇km/l走る?の旅 中編

この記事はこちらからの続きです。



DSC05563.jpg
翌朝です。

DSC05565.jpg
こんな時間に目が覚めました。





DSC05564.jpg
この旅館は富山湾越しに立山連峰を見ることが出来ますね。写真はピンボケですけど。

DSC05566.jpg
朝風呂に入ってすっきりしたところで・・

DSC05567.jpg
朝食の時間となりました。

DSC05568.jpg
おかずたっぷりだけど、喉乾きそうw

DSC05569.jpg
昨日の船盛は多少残してしまいましたが、残ったものは昆布締めにして出してくれました。

DSC05571.jpg
少々塩分濃いめのおかずだったので、申し訳ないけど少し残しました。

DSC05570.jpg
お茶は自分たちで淹れましたが・・

DSC05572.jpg
食事が終わるころを見計らってコーヒーも出てきました。
御馳走様でした。美味しゅうございました。

DSC05573.jpg
会計を済ませたら出発しましょうかね。
こちらの旅館、今回のお料理を頂いて1泊2食で13000円(税込)でした。
それでは出ましょうかね。

DSC05575.jpg
有難いことにこちらはちょうど桜が満開だったようです。
浜松は散っていましたけど。今年は2回花見が出来ます。

DSC05576.jpg
目的地をセット。
海王丸パークに向かうことにしました。

DSC05577.jpg
安全(経済)運転で移動。

DSC05578.jpg
この日は昼過ぎから雨が降る予報でした。
雨が降り出す前に脱出したいです。

DSC05579.jpg
割と雰囲気の良い町並の氷見市内に入ってみると・・

DSC05580.jpg
藤子不二雄にゆかりのある絵やキャラクターが市内のいろいろな所にありました。
どうやら出身地のようですね。

DSC05581.jpg
海岸線沿いに射水市へ。

DSC05582.jpg
昔は栄えていてたそうな場所に入ってみると・・

DSC05583.jpg
こんな建物を発見しました。

DSC05588.jpg
この建物は高岡商工会議所、かつては伏木銀行だった建物です。

DSC05590.jpg
スクラッチタイルのお金がかかっていそうな建物。

DSC05586.jpg
建物の裏側に当たる部分にもスクラッチタイルを使っているから、当時でも相当お金をかけた贅沢な建物だと思います。

DSC05589.jpg
考えすぎかもしれないのですが、飾り瓦には分銅金があるのでしょうか?銀行の建物だっただけに。


DSC05587.jpg
ちゃんと残ると良いですね。

DSC05584.jpg
他にもいい感じの建物がいくつかありました。

DSC05591.jpg
伏木銀行の前にある建物ですが、多分旅館だったんでしょうね。
扇子だけにセンスが良い・・(自分では良い事を言ったつもり)

DSC05593.jpg
こちらの建物は屋根周りの改変は著しいのですが、なかなか面白い建物です。

DSC05594.jpg
伏木港陸運送株式会社の75周年記念館だそうです。
後で調べてみてわかったのですが、この会社は割とユニークな事をいろいろとしているようですね。
社会人野球にも力を入れているようです。

DSC05595.jpg
昭和初期に流行したデザインの門柱。
こちらもスクラッチタイル使用。

DSC05596.jpg
そしてコーナーストーンは本物の石を使わず、模様として表現しています。
多分木造建築。戦前の洋風建築ではよくある処理の仕方。

DSC05600.jpg

DSC05597.jpg
そんなものをチェックしたら、海王丸パークに到着しました。(駐車料金無料)

DSC05598.jpg
それでは本来の目的地まで行きましょうかね。

DSC05599.jpg
写真に見えるのは富山新港を跨ぐ新湊大橋。

DSC05601.jpg

DSC05602.jpg
この辺の桜はピークを少々過ぎたくらいでした。

DSC05603.jpg
あと少しですね。

DSC05604.jpg
万葉線越ノ潟駅のすぐ傍の・・

DSC05605.jpg
越ノ潟発着場に到着しました。

DSC05606.jpg
待合室内に入ってみました。

DSC05607.jpg
料金は無料(嬉)。
この航路は富山新港造成工事により富山県道1号線と富山地方鉄道射水線(富山―射水)が分断されるため、昭和42年より開設された新しい航路です。
現在は高岡市内から越ノ潟駅が終点の万葉線も、かつては高岡―六渡寺(新湊)駅までが加越能鉄道、六渡寺駅―富山市内までが富山地方鉄道(昭和55年に廃止)とインターアーバン的な路線だったようです。

DSC05608.jpg
船の発着はこちらからですね。

DSC05609.jpg
「こしのかた」と言う渡船のようです。

DSC05610.jpg
帰りは橋を渡るつもり。




この記事の続きはこちらをクリック
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

高岡は商売人が多い街でした。
今はそれなりなのかもしれませんが。
最近NBAに入った八村選手は高岡の方ですね。

潮のみ税込ですか。。良い感じです。
朝食は普通ですよね。さすがに夜にあれだけでたら
朝まで腹のなかに残りますわ。

Re: No title

じうこさん、こんにちは。

高岡は今から20年位前に一人旅で来たことがあるのですよ。
うらびれた路面電車が良い感じの町だったという記憶があります。
氷見も綺麗な町ですね。じっくり歩いてみたいと思いました。

朝食のご飯のお供系も美味しかったのですが、食べる端から喉が渇き出したので、申し訳ないけど残してしまいました。

潮の美の割と近い所に昭和初期と思われる別荘建築があるのですよ。
次の記事に出しますね。

No title

はよ出してください

Re: No title

こーじさんも令和婚の新婚さんなんだから、もっと他にすることがあるでしょう!

No title

あれ?路面電車がJR軌道敷を走っているみたいな奇妙な雰囲気を
感じます。不思議。

Re: No title

サッピエロさん、こんにちは。

この路線は今は高岡市から伸びてきて越ノ潟の桟橋のところが終点ですが、富山新港が開発される前は海岸線沿いを走ってそのまま富山市内に乗り込んでいました。
その当時は越ノ潟駅周辺の路線は富山地方鉄道が走っていました。路面電車(加越能鉄道)はもっと手前の駅が終点だったんです。
ちょっと珍しいですよね。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR