FC2ブログ

W116 280SE ベンツのウオッシャータンクのリペア

DSC00147.jpg
エンジンルーム内の進行方向に向かって右側にあるこの白いタンク。

DSC00143.jpg
ウオッシャータンクです。




DSC00142.jpg
ホットボンドで穴をふさいでみましたが(詳細はこちらをクリック)、案の定亀裂が出来ていました。
プラスチック部品がPP(ポリプロピレン)っぽいですね。
ホットボンドでも2液性の強力な接着剤を使っても、大概くっ付きません。

DSC00144.jpg
亀裂自身をはんだごてで溶かしてみました。
ちょっと大きな穴が開いている部分は上手く塞げないみたい。

DSC00145.jpg
タイラップを溶材に使ってみたら結構溶け込んでいるみたい。

結果的には完全には穴をふさぐことはできませんでした。直径7ミリ程度の欠損した穴があったからです。
しかし、亀裂はどうやらタイラップとベースのプラスチックを溶かし込んで塞ぐことはできたようです。

DSC00522.jpg
それから本格的な夏シーズンを迎える前にエアコンのガス補充もしてみました。
3年前の夏に250mlのサービス缶と100mlの補充缶を入れておきましたが、その後少々エアコンに効きが弱くなったと感じたからです。
今回は400mlのサービス缶と100mlの補充缶(スニソオイル入り)のトータル500ml補充しました。
ちゃんとちゃんとのR12フロンガスです。

DSC00146.jpg
私の車のエアコンコンプレッサーは古めかしいヨーク式ですが、これには代替フロンガスはオイルシールからのガス抜けが起こりやすいという記事をどこかで読んだ気がするのですが、もう見つけることが出来ません。
ヨーク式コンプレッサーを使う人も非常に少なくなったからでしょう。

とにかくR12フロンガスの方が適しているそうです。

DSC00606.jpg
フロンガス補充後エアコンスイッチを入れると、あっという間に結露してきました。さすがにR12フロンガスは冷えますね。

DSC00148.jpg
しかしバッテリーに付いている汚れ、これは多分直ぐ脇にあるエアコンのコンプレッサーのクランクシール部分から吹いたスニソオイル(エアコンオイル)だと思います。コンプレッサーからフロンガスとともに少しずつ漏れているんだと思います。
ただし、3年に1度の補充で済むのだからこれで良いかなと・・・

DSC00524.jpg
バッテリーの汚れは綺麗に清掃してみたのですが、その後1000キロほど走ってみて、あからさまなオイルの付着は無く、フロンガスも許容範囲内の漏れしかないのかもしれません。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR