FC2ブログ

平成29年5月 久しぶりの宮崎カーフェリーの旅 Vol.3

この記事はこちらからの続きです。



170513-79.jpg

170513-80.jpg
日南市文化センターを見た後は・・

170513-81.jpg
日南市内をさらに移動。飫肥地区までやって来ました。






170513-82.jpg
こちらにはこんな建物があります。
大正15年竣工の旧飯田医院の建物です。

170513-84.jpg
斜め横から見たらわかると思いますが・・

170513-83.jpg
玄関のある表側はスレート瓦を使っていますが、横は通常の下見板です。
スレート石を使うのはお金がかかったんでしょうね。

170513-85.jpg
玄関部分の車寄せにはかつては雰囲気の良い照明が下がっていたのでしょうね。

170513-86.jpg
時間外の診察の時にはこちらの窓から使用人の方が顔を出して用件を聞いたりしたんだろうな。

170513-87.jpg
この建物は飫肥の武家屋敷のあるエリアのすぐ傍にあるから、残してほしいなぁ。

170513-88.jpg
飯田医院の建物を見学したこの時点で午前11時を回ったので、厚焼き卵屋さんに寄りました。

170513-89.jpg
飫肥の特産の出汁巻き卵っぽいものです。
これを昼ご飯の足しにしよう。

170513-90.jpg
その後飫肥城址の市営無料駐車場に車を移動。
飫肥城址を散策しました。

170513-92.jpg
空掘りがあって・・

170513-91.jpg
この門をくぐると・・

170513-93.jpg
かなりの規模の城跡なんですよ。

170513-94.jpg
テレビは全く見ないのでわかりませんが、連続テレビ小説のロケ地にもなったようです。

170513-95.jpg
本丸跡にやって来ました。
ここは江戸時代初期には天守閣はありましたが、地震で崩壊。
再建した天守閣もまたその後の地震で崩壊、以降明治維新まで再建はされなかったとのこと。
住民の負担を増やす天守閣建築を避けたとは良識的なお殿様だったんだろうと思う。

170513-96.jpg
戻ってきました。

170513-97.jpg
お土産物売り場に飫肥天が売っていたので、少しだけ買いました。

170513-98.jpg
車の中で食べよう。

170513-99.jpg
飫肥天です。魚の練りものですが、黒糖を使うので少し黒ずんでいます。
前回の旅行の時(詳細はこちらをクリック)も食べた記憶があります。かなり甘かったはず。

170513-100.jpg
一口食べてみました。
甘(あめ)ぇ~~~~~ ぷにゃっとした食感だったことも思い出したぞ。

甘いから柚子胡椒風味の物を買って正解だった。

170513-101.jpg
それから厚焼。
出来立てでまだ温かい。こちらは初めて食べるんじゃなかったかな。

170513-102.jpg
一口食べると、これまた甘(あめ)ぇ~~~~~
出汁が効いた温かいプリンを食べているみたい。
いやいや、珍しいものだったという事にしよう。御馳走様でした。

170513-103.jpg
それではそろそろ宿泊地へ向かおう。

170513-104.jpg
これは以前見た建物。
まだまだ健在のようで安心しました。

170513-105.jpg
やがて日南市郊外へ。

170513-106.jpg
田野ICより東九州自動車道に乗り、ひたすら走りました。

170513-107.jpg
ICより下りて下道を小一時間走ると・・

170513-108.jpg
温泉街へ。

170513-109.jpg
3分の1くらい吹き飛んだ看板が気になりますが、今回はこの宿に泊まります。
紫尾温泉くすのき荘です。

170513-114.jpg
取り敢えず旅館の駐車場に車を置こう。
以外に駐車している車が多いのは安心したぞ。

170513-110.jpg
ちなみに旅館に到着したのはこんな時間。

170513-112.jpg
敷地の中の看板はまともだったのでほっとしました。

170513-111.jpg
旅館の建物は何とも普通な感じですね。
本当は前回泊まった旅館に行きたかったのですが、満室だったのです。シシ鍋とか鹿刺しとかが出て、しかもお安かったから期待していたのに・・

170513-113.jpg
部屋はこんな感じ。
予約の時に「ベッドのある部屋で良いでしょうか?」と尋ねられました。
オーベルジュ風の立派な施設なのかな?と思ったら、畳敷きにベッド・・・
膝の悪いお年寄り向けのようですね。

170513-115.jpg
でも、往路のフェリーが寝台だったから、部屋!と言うだけで何となくうれしい。

170513-119.jpg
取り敢えず風呂に入ろう。温泉だ!

170513-116.jpg
温泉はほんのりと硫黄の香りがするちょうどよい湯加減のお風呂。

170513-117.jpg
露天風呂の方が大きいのね。

170513-118.jpg
温度低めの露天もありました。

170513-120.jpg
部屋に戻るとうっかり二人ともベッドの中で寝てしまいました。
部屋の中の電話が鳴ったのがこんな時間。あっという間に夕食の時間です。

170513-121.jpg
食事は外の景色が見える畳敷きの大広間に通されました。
畳に座るのかと思ったら、私たちはその奥のカウンターのような所の椅子に座らされました。
?と思っていたら、食事を見て納得しました。

170513-122.jpg
並べられていた食事はこんな感じ。
随分とオシャレな印象ですね。

170513-123.jpg
桃酒だそうです。

170513-126.jpg
筍の和え物。

170513-127.jpg
ホタルイカその他。

170513-125.jpg
最初の3品みたいなもの?3品では無いですけど。

170513-128.jpg
鍋物。

170513-129.jpg
お造り。
数えてみたら10種類の魚介類がありました。
同行者は「浜松の居酒屋だとこの皿だけで2000円くらいしそうですね。」と・・

170513-124.jpg
焼き物。
随分と彩りが良いのですね。私たちは早めの宿泊だったのですが、道理で後からやってくるお客さんたちは女性客がやたらと多かったわけです。

170513-130.jpg
ビールをセット。
食べるものがたくさんあるぞと思っていたら・・

170513-131.jpg
まだまだやって来ます。
サラダかな?

170513-132.jpg
茶わん蒸し。

170513-133.jpg
人肌程度に温かいじゃが芋のサラダっぽいもの。

170513-134.jpg
さつま揚げが出てくるところが鹿児島だな。

170513-135.jpg
鍋が良い感じに出来上がりました。

170513-136.jpg
ご飯と漬物。

170513-137.jpg
おつゆの代わりに蕎麦。

170513-138.jpg
食後のデザート。

170513-139.jpg
御馳走様でした。
美味しゅうございました。

170513-140.jpg
やれやれ、お腹一杯だ。
ロビーにはたくさん焼酎が置いてありました。

170513-141.jpg
こんな瓶の焼酎も置いてありました。
鹿児島まで新幹線が開通したから、お客さんもぜひ増えたら良いですね。





この記事の続きはこちらをクリック。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

おはようございます。飫肥名物卵焼きは一度たべてみたいなあ、と思いました。甘いのは大丈夫な方なので。チャンスがあればクルーズで九州周遊の旅で飫肥城を訪れたいです。

Re: タイトルなし

あきらさん、こんにちは。

飫肥の厚焼卵はこの旅行の結末の方で再び登場します。結論から言うと美味しいですよ。
いい値段するのは手間がかかるからのようです。
あきらさんはクルーズ客船を利用されることがあるのでしょうか?私はどうせ利用するなら世界一周クルーズで航海中スウィートルームから出てこないみたいな利用にあこがれるので、夢も夢です。
飫肥の街並みは綺麗ですよ。機会あればぜひ訪れてください。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR