FC2ブログ

平成17年の回想録 Mercedez Benz W116 280SE 

平成17年の梅雨時に愛媛に遊びに行きました。
そのときに気付いたのですが、エアコンの効きが悪くなっているような気がしました。
雨降りの中一応除湿は効いているし、気のせいだったら良いなぁと思いましたが、そんな自分に都合の良いことがあろうはずもなく、その年の初夏には明らかにエアコンが壊れてしまっていると分かりました。
夜であれば何とか車外よりは低い温度になっているようでしたが、昼間は全くエアコンが効きませんでした。

11月頃になって所用で九州に行く用事があったため、なじみの工場に持って行きましたが、私の車のボンネットを開けて点検してみて「うーん・・・」と黙ってしまいました。
コンプレッサーはべっとりとオイルが滲みていたし、リキッドタンクにもエアコンのガスが漏れた形跡がありました。

110421-1.jpg
リキッドタンクのついている場所はこの位置から見るのが分かりやすいです。

110421-2.jpg
ボンネットを開けたらラジエターとコンデンサーが見えると思いますが、その前の部分に本当にタンクのような形をしたものがあります。これがリキッドタンクです。

110421-3.jpg
リキッドタンクからガスが漏れた形跡があるというのは上の写真の矢印の部分。
ここは鉛が封入してあって、エアコン回路内に過大な圧力が掛かると鉛がムニュッと飛び出して回路内の圧力を逃がす構造のようです。
ここから鉛が飛び出してしまっている(ピンホールのような小さな穴が開いている)ともうどうしようも有りません。その車のエアコン回路は死んでしまっているという証拠になります。

結局R134aベースの代替えのエアコンガスを2本補充しただけで様子を見てくれと帰されたのですが、エアコンの回路自体に問題があるのにそれで解決するはずがありません。効果は殆どありませんでした。

私とこの車のお付き合いに試練が訪れようとしていました。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR