FC2ブログ

平成29年3月 新日本海フェリー カニカニドライブパックの旅 Vol.2

この記事はこちらからの続きです。



170329-1.jpg
翌朝です。
こんな時間に起床しました。

170329-3.jpg
外に出てみました。







170329-4.jpg

170329-2.jpg
おおっ!何かええですやん!!

170329-5.jpg
それでは恒例の朝の船内探索に出よう。6時間前にもしたけど。

170329-6.jpg

170329-7.jpg
最上階からだとこんな感じで5Fの内部屋の自然光を取り入れるスペースを見ることが出来ますが、ちゃんと向かい合った部屋の利用者の目が合わないようにしてありますね。

170329-8.jpg

170329-10.jpg

170329-9.jpg
午前7時過ぎだと、まだ大浴場は開放されていません。

170329-11.jpg
6Fの公室エリアの照明です。
地味に凝ったものが付けられていますね。

170329-12.jpg

170329-13.jpg
スポーツルームとゲーセンもまだ閉鎖中。

170329-14.jpg
5Fへ。

170329-15.jpg
フォワードサロンへ行ってみよう。

170329-16.jpg

170329-17.jpg

170329-18.jpg

170329-19.jpg
こちらは開いていました。

170329-20.jpg

170329-21.jpg
先代よりも一回り狭くなったのですが、それでも雰囲気が良いと思います。(先代のフォワードサロンはこんな感じ
窓は鉄板で覆われていましたけど。

170329-22.jpg

170329-23.jpg
こうやって見てみると、現行「すずらん」は公室エリアはサーモンピンクとウグイス色が多用されています。
その点は先代と同じなのかなと思ってしまいます。

170329-24.jpg

170329-25.jpg

170329-26.jpg

170329-27.jpg
公室に置いてある長椅子をチェックしてみると、どれもカーブしていたり、角が付けてありますね。
きっとここで寝られるのを防止する考えなのではないかと・・・

170329-28.jpg
7時間前、停泊中に出てみた後部デッキへ。

170329-29.jpg

170329-30.jpg

170329-31.jpg
ベタ凪の日本海を航行するだけで充分観光している気分です。

170329-32.jpg
レストランの中を覗き見るの図。

170329-33.jpg
プロムナードの照明をチェックするの図。

170329-34.jpg
レストランメニューの値段をチェックしたり・・・怪しいですな。

170329-35.jpg

170329-36.jpg
私以外がほとんどいない公室スペースをうろうろするのは案外楽しいものです。

170329-37.jpg
子供用のプレイルーム・・・もううちの子も大きいので私もここに入ることはできなくなりましたね。

170329-38.jpg

170329-39.jpg

170329-40.jpg
しかし、この構造は非常に良いですな。
多分好評だったから系列会社の阪九フェリーの「いずみ・ひびき」にも採用されたのだと思います。

170329-41.jpg
この春に就航した「らべんだあ」も同じように大きな吹き抜けを持っているようです。

170329-42.jpg
この時間になると・・

170329-43.jpg
大浴場が開放されたようですね。

170329-44.jpg
そう言えば昨日デラックスルームのカードキーは1枚だけ返しそこなっていましたね。

170329-45.jpg
今まで使ったことが無いからちょっと見てみよう。

170329-46.jpg
ドアを開けるとこんな感じ。

170329-48.jpg
ベッド2つ。

170329-49.jpg
それからリビングスペースっぽい所。
何となくオレンジフェリーのおれんじ7の特等Aと通ずるものがあります。
大きさはこちらの方がやや広め。

170329-51.jpg
最大の違いはこちらにはテラスがあること。
スウィートクラスと違って、床は鉄板のようです。

170329-47.jpg
ユニットバスです。
ジュニアスウィートルームのユニットバスはこちらと同規格のようです。

170329-52.jpg
それでは次は朝食の後に利用する予定のスウィートルームです。

170329-53.jpg
入り口はこんな感じ。
ジュニアスウィートとさえ差をつけた造りになっています。

170329-54.jpg
ドアを開けると目の前に目隠しがあるためこんな感じになります。

170329-55.jpg
ベッドが2つ。

170329-56.jpg
利用者がいる場合は、ちゃんとこのようにすべての照明を燈すようですね。
良い演出だと思います。

170329-57.jpg
窓を開けてみました。

170329-58.jpg
自然光を取り入れてみるとこんな感じに見えます。

170329-59.jpg
当たり前ですが、ジュニアスウィートルームよりも一回り広いですね。
デラックスルームの3倍以上の広さくらいかな。

170329-60.jpg
贅沢していると思われるけど、贅沢しているのはフェリーを利用した旅行の時だけなんですよ。許してください。

170329-61.jpg
テラスに出てみました。

170329-62.jpg
ウッドデッキです。
デラックスルームは鉄板敷きだと書きましたが、当然防滑処理はしてあります。
それでも歩いた感じなどはウッドデッキの方が圧倒していますね。

170329-63.jpg
お風呂!イイねぇ(見てくれは)。実際使うとちょっと微妙。多分日本製ではないと思います。

170329-64.jpg

170329-65.jpg
朝食が終わったら、こちらに移動するぞ。

170329-66.jpg
ジュニアスウィートルームに戻って、この時間になると・・・

170329-67.jpg
お食事がやって来ました。

170329-68.jpg
すげえな。この量。(食器の数も)

170329-69.jpg
ガチャガチャと自分たちで並べていきます。

170329-70.jpg
お盆を下ろすと何とか全部テーブルの上に置くことが出来ました。
しかしよくよく見てみると、ご飯が無いことに気付きました。電話でインフォメーションに連絡。慌てて持ってこられました。

170329-71.jpg
本日の朝食はこんな感じ。

170329-72.jpg
目玉焼き。

170329-73.jpg
鮭の切り身。

170329-74.jpg
小鉢3品。

170329-75.jpg
サラダ。

170329-77.jpg
白ご飯とみそ汁。

170329-78.jpg
それから牛乳。

どれもこれも多分レストランのアラカルトメニューがそのままやって来たのではないかと思うのですが、レストランで食べると総額3000円近い朝食になったのではないかと思います。

170329-79.jpg
嫁さんはイクラは苦手です。
私のも併せてイクラ丼にして食べました。

170329-80.jpg
最後にデザート。
この器は新日本海フェリーを利用するたびに登場するのですが・・・

170329-81.jpg
蓋がものすごく持ちにくいのですよ。
気を付けないとガチャン!とやってしまいそうです。

170329-82.jpg
食後は室内にあったインスタントコーヒーを飲みました。
御馳走様でした。
美味しゅうございました。

170329-83.jpg
そろそろ部屋を移ろうか。
食事中に気付いたのですが、テラスにつながるガラスの窓を見てみると塩を吹いていますね。
荒れた日の運航ではどうしても室内に侵入するのでしょうね。




この記事の続きはこちらをクリック。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

おはようございます。すずらん/すいせんは機能的ながら華やかな内装ですね。いずみ/ひびきかららべんだあ/あざれあに次々引き継がれ、次はどうなるのか楽しみです。

No title

塩の浸透圧凄いですね。梅干しの気分?
塩との闘い。船舶設計の大変な所でしょうか。

Re: タイトルなし

あきらさん、こんにちは。

一昨年だったか、乗務員さんに伺った話です。新日本海フェリーは夏場は良いとして、後はいかに春と秋の利用者を伸ばすかが課題だと言っていました。
豪華な内装も旅行のお土産話の一つになるから、続けてほしいですね。
新日本海フェリーの舞鶴と敦賀の航路は深夜出港、翌日夜着岸なのは一部では評判は良くないかもしれませんが、〇〇一日豪華な内装を堪能できるから、嫌いではありません。

Re: No title

サッピエロさん、こんにちは。

先代「すずらん・すいせん」ではテラスが廃止になりましたが、後からデビューした船では復活しましたね。
最上階の客室でも塩が入ってくるからメンテが大変でもお客を呼び込むのに必要と判断したんでしょうか。

No title

ウッドデッキ付きのスィートは贅沢ですね。
いつか乗って見たいです

Re: No title

こうじさん、こんにちは。

こうじさんがヴィーナストラベルの阪九フェリーのお得なプランを紹介してくれてからこの会社のパックをよく利用しています。
今回のプランも一人で使ってもそれでも安くつくので利用されてみたらいかがでしょうか?
特等までの格上げ料金も通常の料金よりも圧倒的に安いです。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR