FC2ブログ

W116 280SE エンジン始動不能! イグニッションコイルの交換

170408-2.jpg
私の車は4月に入るころまでスタッドレスタイヤを履かせていました。

170408-1.jpg
そのスタッドレスタイヤを交換しようと思った時の事です。
エンジン始動不能になってしまいました。


試しにプラグを交換してみたものの全く症状は変わらず。
セルは元気良く回るのですが、掛かる気配さえ見せません。

170408-4.jpg
もしかしたら、電気が来ていないのかな?
イグニッションコイルを交換することにしました。

170408-5.jpg
左がベンツに付いていたもの。右はいつか交換しようと思って買い置きしていた部品。
同じボッシュの製品でしたが、もともとの物はMade in W Germany。買っておいた部品はMade in Brazil。
何かその辺が引っかかって今まで交換していませんでした。

170408-6.jpg
交換にかかった時間は15分もありませんでした。
これでエンジンがかからなければ積載車を呼んで工場送りだと思っていましたが、エンジンキーをひねった瞬間!あっさりかかってしまいました。
イグニッションコイルがパンクしていたのか・・・いくらドイツ製だと言っても、38年も使えばコイルもパンクするのかもしれません。

しかしこのトラブル、旅行先で起こらなかったのは不幸中の幸いでした。うっかり旅行中ならフェリーの中から出せないとか、山奥の旅館の駐車場に置いていく羽目になっていたと思います。

170408-3.jpg
やれやれ、これで無事車を移動してタイヤを交換することが出来ました。

しかし、多少の懸念事項が生まれました。

170408-7.jpg
2番から6番までのプラグはこのように綺麗に焼けていました。

170408-8.jpg
しかし1番だけはすすけていました。
アイドリング時に微妙にハンチングするのはこれが原因かも。ちゃんと原因検索せねば。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

昔むかし、父が乗っていたスーパーチャージャーのディーゼルを
思い出します。
4気筒のうち時々1気筒で走っていたのです。すぐ復活したり
死んだりを繰り返していました。加速しないときは真っ黒いSL
走法。

Re: No title

サッピエロさん、こんにちは。

その車はきっとカペラカーゴのスーパーチャージャーディーゼルでしょうか?
私の車も少しススが多いのは設計が古いからではなくて、1気筒かぶり気味なのが原因かもしれません。

No title

ズバリ正解です。
そうですかあ。煤っぽいことがあるんですね。

そういわれてみるとエンジン快調の時はクロカン4WDの
排気量4.2のディーゼルの時、、、
ターボの過給前でもすす感は無かったです。

Re: No title

サッピエロさん、こんにちは。

カペラカーゴはマツダがバブルに踊りまくって、妙な車を乱売して、バブルがはじけた後は全部売れなかった時代に、真面目に作ったカペラカーゴだけは何時までも手堅く売れ続けた印象があるから覚えています。
セダンやクーペが4年ちょっとでモデルチェンジしたのに、カーゴだけは延々9年近く生産したのが印象的でした。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR