FC2ブログ

平成29年1月 前に進まなくてはならないと思った旅 Vol.3

この記事はこちらからの続きです。


170127-64.jpg

170127-65.jpg
アリババの洞窟で私が死ぬまでに動かさなくてはならない車両たちを見たら、このままダラダラと過ごしてはならないという気持ちになりました。(いかんせん量が多すぎて・・・)



170127-66.jpg
変わらなければいけない、前に進まなくてはならない・・・
そんな事は分かっているけど、ついつい楽しかった昔に縋りつきたくなる時もあるんだな・・福岡時代晩年にお世話になった職場に行ってみよう。

170127-67.jpg
こんな時間なると・・

170127-68.jpg
少々日が傾いてきた印象だなぁ。
北九州市若松区内に入りました。
お世話になった職場に行くと・・・多少は懐かしい顔がある事だろうと期待していたのですが、すっかりメンバーが入れ替わっていました。
みんなそれぞれの道を進んでいるんだ・・お前もいつまでも昔の楽しかった思い出に浸らないで前に進めと言われているような気がしました。

170127-69.jpg
そのまま若松駅前商店街を歩くの図。
数年前に火災に遭ったこともありますが、かなり店舗を減らしています。
ここの商店街は頑張っている方だと思っていましたが、少しずつ廃れていくのかな。

170127-73.jpg
若松駅前のサンリブの前に来ました。
このビルは若松駅前の再開発で生まれた大型店舗です。

170127-72.jpg
刺身を鑑賞するの図。
美味そうだなぁ。でも、今日はフェリーで夕食なのよ。
浜松で刺身!となると赤身のマグロかカツオが定番です。でも最近はやっと慣れてきたかな。

170127-70.jpg
ここで嫁さんに頼まれていた湖月堂と言うメーカーの丸ボーロと言うお菓子を買いました。

170127-71.jpg
ところでこのサンリブの店舗周辺を見ると微妙にお客さんが少ない印象でした。
下手したら若松駅前のサンリブも撤退するかも!という噂があるようです。
出来た当初はすごいインパクトだったのに・・時代は変わっていくんだな。

170127-74.jpg
それではそろそろ港に行こうか。
この道は21世紀に入って道路拡張されましたが、石炭景気華やかだった頃は路面貨物電車が走っていました。

img_0_20170420152001d00.jpg
こんな感じです。
電車が通る時は車がよけてあげないと通れないくらいの道幅だったんですね。

170127-75.jpg
車に乗り込んで目的地をセット。向かう先は阪九フェリー新門司港ターミナルです。

170127-76.jpg
福岡時代にはすごく見慣れていた風景です。
あんたも早く変わるところは変わりなさいと言われているような気がしました。

170127-77.jpg
若戸大橋を渡り・・

170127-78.jpg
そのまま北九州市都市高速道路に流入。

170128-10.jpg

170127-79.jpg
暫く走って、阪九フェリー新門司港ターミナルに到着しました。

170128-4.jpg
乗船する車両の待機レーンに入ったら・・

170128-1.jpg
すぐに切符を購入。
今回は2等寝台B(4人部屋)です。
急な帰省だったし、贅沢する気は無かったのとこの4人部屋を使ったことが無かったので、今回利用することにした次第です。

170128-2.jpg
今回の船は前回利用の時と同じ「つくし」です。

170128-3.jpg
出港時間までもうしばらく時間がありますね。

170128-5.jpg
ターミナル待合室で待つことにしました。

170128-6.jpg
このゲームコーナーは何時からあるんだろう。
フェリーを利用する人は比較的安い運賃と、宿泊費が浮くことに魅かれて利用するものだと思っているのですが、結構ゲームコーナーで散財している人も見かけます。

170128-7.jpg
こんな時間になったら、一般乗用車の乗船開始の放送がかかりました。

170128-8.jpg
車に乗って、しばらく待つと・・

170128-9.jpg
おっ!動き出した。

170128-11.jpg
直ぐに私の車の番が来ました。

170128-12.jpg
やったー!やったー!

170128-13.jpg
一人でも気分は高揚するのです。

170128-14.jpg
車を駐車したら、客室へ。
向こうの方の天井のチカチカのある方向へ。

170128-15.jpg
ほんのつい2週間前に使っているはずなのに嬉しい。

170128-16.jpg
一応こんな写真を撮って・・

170128-17.jpg
後は細かい所をチェック。
片っ端に押しまくるおバカさんがいるんだろうな。

170128-18.jpg
かしわお握りが美味しそう。かしわとは福岡の方言で鶏肉の事です。

170128-19.jpg
アップルデニッシュはひょっとしたら値下げされたのかな?
前はもうちょっと高かった印象があります。

170128-20.jpg
それでは今晩利用する部屋に行こう。

170128-21.jpg
223号ね。

170128-22.jpg
1等室と同じ並びの内部屋です。

170128-38.jpg
場所はトイレのすぐ傍でした。深夜にトイレに行きたくなった時に非常に助かります。

170128-23.jpg
中を開けたらこんな感じ。
かつてフェリーの2等寝台と言うと8人部屋とか16人部屋が当たり前なのに、個室感覚で使える4人部屋にしたのはすごいと思います。

170128-24.jpg
こんなご歓談スペースもあるしね。

170128-25.jpg
洗面台もあるのよ。

170128-26.jpg
こんな共用の大きな石鹸が1個置いてあるのは昭和っぽい感じがしますが、この船の就航は平成14年。
ちゃんと平成しています。

170128-27.jpg
内部屋ながら窓があって、明るい時なら自然光が入ってくる設計。

170128-28.jpg
部屋に荷物を置いた時点でこの時間。

170128-29.jpg
風呂だ!風呂!!

170128-30.jpg
お客さんが少なそうだから、中の写真が撮れるかと思ったけど、願いかなわず。

170128-31.jpg
良い湯でした。

170128-32.jpg
風呂に入っている間に小刻みに船体が震えているのが分かっていました。
出港していたのですね。

170128-34.jpg
外に出て・・

170128-33.jpg
少しだけ出港シーンを見ていました。

170128-35.jpg
空を見上げると、ファンネルのちょうど真上にオリオン座が見えました。
この写真では写っていませんね。

170128-36.jpg
ここまで見届けたら、船内へ。

170128-37.jpg
この日は阪九フェリーのCMソングを歌っているミュージシャンの方のコンサートがあるようです。
船内ですれ違った時にあれっ?とと思いました。

170128-39.jpg
それではこんな時間になりました。

170128-40.jpg
飯だ!

170128-41.jpg

170128-42.jpg
こうやって見てみても、全然古臭さを感じないと思うのですが、いかがでしょう。
それはそれで良いとして、何を選ぼうかな?

170128-43.jpg

170128-44.jpg
最近は女性客をターゲットにしているのか、やたらと盛り付けの美しいメニューがある気がする。

170128-45.jpg
ここからはレギュラーメニューですな。

170128-46.jpg

170128-47.jpg

170128-48.jpg
いろいろ考えて夕食メニューを選びました。

170128-49.jpg
キモヲタシングルでも食べる場所はやっぱりグリル。

170128-50.jpg
選んだメニューはこちら。

170128-51.jpg
取り放題サラダ(少々手加減していますバージョン)。

170128-52.jpg
そして緑の札があることから分かるようにステーキ丼。
んー、まだかなぁ・・・

・・・とほんのしばらくだけ待つとやって来ました。

170128-53.jpg
ステーキ丼。ご飯大盛りバージョンです。
注文するときにご飯大盛りにできますか?と尋ねると承諾していただきました。

170128-54.jpg
うぉぉぉ、本当に大盛りだなぁ。こんもりしているよ。多少後悔しているよ

170128-55.jpg
ビールをセットしたら、それではいただきます。

170128-56.jpg
ムシャムシャ!ゴクゴク!!

170128-57.jpg
御馳走様でした。美味しゅうございました。

170128-58.jpg
食べ終わったのはこの時間。

170128-59.jpg
コンサートも終わっていました。ちょっと残念。
CDは売れているようでしたよ。

170128-60.jpg
船はもう宇部沖まで来ているようです。

170128-61.jpg
デザートを買いに行ったら、結構売れたようですね。
生クリームバージョンのパイシューが欲しいと伝えるとちゃんとレストランで作りたてのものが来ました。

170128-62.jpg
こういうのを旅慣れてきたというんだろうな。

170128-63.jpg
気が付くとこんな時間になりました。
明日も長距離運転することになるから、もう寝ましょうかね。





この記事の続きはこちらをクリック。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

こんばんは。変わらないと、と思うけど、少しだけ過去に浸りたい感覚は共感します。最近は特に。年取ってきたのかもしれないですね。
池端さんのライブ、以前乗船したときにライブを鑑賞し、サイン入りCD購入致しました。

Re: No title

あきらさん、こんにちは。

ふと昔のことを思い出して、物思いにふけったりするのは女々しいかなと思いましたが、自分だけではないのならほっとしました。
船内ライブは非常に良い試みですね。
売り出したい人には格好に機会になると思います。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR