FC2ブログ

平成29年1月 阪九フェリーで子どもの頃の思い出に浸る旅 Vol.5

この記事はこちらからの続きです。


170115-96.jpg
大寒波が押し寄せている中、無事事故ることなく大分県国東半島の観光から帰ってきました。

170116-2.jpg
乗船レーンに入った時点でこんな時間。

170116-1.jpg
既に先着組みの車があったのですが、1レーン離して駐車になりました。
勘の鋭い人ならわかると思いますが、ゆっくりステイを使うつもりです。





170116-3.jpg
それではクーポン券を切符に交換しよう。

170116-4.jpg
日曜日発、月曜日着の便だとそれほど徒歩客も多くなさそう。

170116-5.jpg
ステイの手続きを取りましたが、一応船内に入ってもインフォメーションで船内休憩をすると伝えてくれと言われました。

170116-6.jpg
徒歩客の乗船開始が始まったので、この時間には車に戻りました。

170116-7.jpg
すると、期待した通りステイ組が先の乗船となりました。

170116-8.jpg
バンザーイ!バンザーイ!

170116-9.jpg
よっしゃ!ここでフル加速や!!(実際は最徐行)

170116-10.jpg
一般乗用車専用駐車スペースに行く通路は青く塗られているのですね。

170116-11.jpg
バックで駐車。
今回は私以外にもステイ利用組みの乗用車が居たようです。

170116-12.jpg
それでは旅客スペースへ。

170116-14.jpg

170116-15.jpg
オオッ!

170116-16.jpg
イイねぇ。
公室で吹き抜けを大きく造る構造は好きだなぁ。

170116-17.jpg
それでは船室へ。

170116-18.jpg

170116-19.jpg

170116-20.jpg
復路はデラックスルーム。
ドアを開けるとこんな感じ。

170116-21.jpg
前にもブログで出したことがありますが、ちゃんと小上り付き。(詳細はこちらをクリック

170116-22.jpg
小上りから見たのがこんな感じ。
あきらかに往路の「つくし」の1等船室よりも一回り広いです。

170116-23.jpg
窓から外を見てみました。
それなりに塩で汚れてきたなぁ。

170116-24.jpg
オーシャントランスの船ですね。
日曜日は沖出ししているのですね。

170116-25.jpg

170116-26.jpg
それでは荷物を下ろしたら風呂に入ろう。

170116-27.jpg
良い湯でした。
露天風呂の方が熱めになっていますね。寒空の中長く入ることが出来て気持ち良かったです。

170116-28.jpg
そのまま外に出てみました。

170116-29.jpg

170116-30.jpg
自動車運搬船は出港したようでした。

170116-33.jpg
名前を確認し忘れたな。

170116-32.jpg

170116-31.jpg

170116-34.jpg
底冷えしたけど、冬らしい気持ちの良い日だったな。雪で立ち往生するようなことがあったら、そんな感想も言えないのだろうけども。用心してスタッドレスタイヤを履いておいてよかったと思う。

170116-35.jpg
それでは船内へ。

170116-36.jpg
いろいろな角度で写真を撮っていると、船が出港したようです。

170116-37.jpg
ミシミシ・・・

170116-38.jpg
ビリビリビリ・・・

170116-39.jpg
何だか腹も減ってきたなぁ。

170116-40.jpg
同行者も同意見だったので、レストランへ。

170116-41.jpg

170116-42.jpg
レストランのは入り口のところに持ち込み弁当のお客さん用みたいなテーブルとイスの並んだプロムナードっぽいところがあります。名門大洋フェリーの新船に乗船した時は何となく公室エリアにテーブル付きの椅子が多くないと感じました。その辺は考え方の違いがあるのでしょうか。(詳細はこちらをクリック

170116-43.jpg
ウシッ! 気合いを入れよう。

170116-44.jpg

170116-45.jpg

170116-46.jpg

170116-47.jpg

170116-48.jpg

170116-49.jpg
物凄く目移りしますね。
盛り付けもフェリーを利用する旅行に目覚めた10数年前よりも美しくなったのではないだろうかと思います。

170116-50.jpg
頼んだメニューはこちら。

170116-51.jpg
クラムチャウダー。

170116-52.jpg
鶏のタタキ。

170116-53.jpg
豚の冷しゃぶサラダ。

170116-54.jpg
おでん4種。

170116-56.jpg
そして、必ず頼んでしまう鉄板もの。ホルモン鉄板。

170116-55.jpg
最後にご飯。
ご飯は「ぐわぁーっと大盛りにしてください。」と頼むと、厨房員の方は「ぐわぁーっと大盛りね・・・」と独り言のように呟きながらこのように盛り付けてくれました。

170116-57.jpg
ビールは大瓶を1本、その後中瓶を1本追加。

170116-58.jpg
御馳走様でした。
美味しゅうございました。

170116-59.jpg
フィー腹いっぱいだ。

170116-60.jpg

170116-61.jpg
その後は無料コンサートを最後まで見て・・

170116-62.jpg

170116-63.jpg

170116-64.jpg
売店の品ぞろえをきちんとチェックして・・

170116-65.jpg
コーヒーとパイシューを買って部屋で食べました。

170116-66.jpg
朝早くからの行動だったので、こんな時間には寝ついてしまいました。









170116-67.jpg
翌朝です。
こんな時間に起床しました。

170116-68.jpg
当たり前ですが、外はまだ真っ暗。

170116-69.jpg
テレビをつけて天気予報を見てみました。
幸い奈良県、三重県辺りは雪は降らないようですね。

170116-70.jpg
そろそろ着岸が近くなってきました。

170116-71.jpg
公室はあまり人気はありませんでしたが、何となく慌ただしい雰囲気になります。

170116-72.jpg
そういう時間帯に風呂に入ろう。滞船手続きを取っている強みだ。

170116-73.jpg

170116-74.jpg
更衣室は「やまと・つくし」よりも一回り大きく、現行「すずらん・すいせん」と非常に似た印象。

170116-75.jpg
大浴場も「やまと・つくし」と同サイズ。

170116-77.jpg

170116-76.jpg
そこにこの露天風呂ですね。

170116-78.jpg
ちょうど後進で着岸作業中でした。
このまま露天風呂で全裸で仁王立ちしているとターミナルの職員さんを驚かせて楽しいのではないかと思いましたが、何せ寒い寒い。それを理由に静かに退散。

170116-79.jpg
良い湯でした。

170116-80.jpg
それではこんな時間です。
下船時間は過ぎていますが、朝食を摂りに行こう。

170116-81.jpg
ワンコイン和朝食は泉大津航路限定のようですね。

170116-82.jpg

170116-83.jpg

170116-84.jpg
いろいろ目移りするけど、この計4日間は御馳走攻めだったので、軽めにしよう。

170116-85.jpg
・・・と言うことで、選んだのはこちら。

170116-87.jpg
トーストセット(コーヒー付き)と・・

170116-86.jpg
2人で一つのハムエッグ。
よくよく考えたら、ゆで卵があったから、ハムエッグは頼まなくても良かったかも。

170116-88.jpg
アオハタの業務用ジャムとマーガリンが小学校の頃の給食みたいで美味しかったです。

170116-89.jpg
この間レストランの利用者は私たちだけ。
船内休憩を取っている人たちは部屋の中でおとなしくしているのかな。

170116-90.jpg
部屋に戻って、荷物をまとめるとこんな時間になりました。そろそろ下船ですね。

170116-91.jpg
公室に集まって、部屋番号と人数の確認をしたら・・

170116-92.jpg
車両甲板へ。

170116-93.jpg

170116-94.jpg
エンジンを始動したら、甲板にいた乗組員の方が下船OKのジェスチャーをしてくれました。

170116-95.jpg
それを確認して、ゆっくりと動き出しました。

170116-96.jpg

170116-97.jpg
午前7時30分泉大津港上陸。

170116-98.jpg
どうもありがとうございました!

170116-99.jpg
この日は月曜日なので、はっこう21も泉大津港に着岸荷役中でした。
無理してはっこう21に乗船した時の旅行記もあるので、暇な方は見てください。(詳細はこちらをクリック

170116-100.jpg
それでは浜松に向かって帰ろう。

170116-101.jpg
名阪国道のサミット、針IC付近を無事通過。
幸い雪に振られずに帰れそう。

170116-102.jpg
・・・と思っていたら、何だか三重県に入る手前辺りから雲が増えてきたな?

170116-103.jpg
三重県に入るとさらに雲が厚くなって、雪が降り始めました。

170116-104.jpg
ヒェー!!聞いてないよう
高速道路上も交通量が少なければ積もりそうな勢いじゃないか。

170116-105.jpg
緊張しながら進んでいくと、愛知県方面は晴れ間がのぞいていました。
ここを乗り切ればきっと大丈夫だ。御在所SAでトイレ休憩に入ろう。

170116-106.jpg
・・・と思って御在所SAに滑り込んでみたら、10センチ以上積もっています。
サマータイヤで入ってきた車は駐車スペースでスタックしているようでした。(救助要員のスタッフの方?が10人くらいいました。)

トイレに入ろうとすると、ヒッチハイクのお兄さんがいました。
「岡崎まで乗せてもらえませんか?」とお願いされましたが、まぁやばそうな人では無さそうだから良いか。乗せてあげることにしました。

道中走っていると、実は東京まで帰る予定だけど、つなぎつなぎで進んでいくつもりだと喋り出しました。
実は東京で起業に失敗して2000万以上の負債を抱えたことなど話してくれましたが、このヒッチハイク旅行は三重まで実家の法事で帰るときに自分を変えるために思い立ったとか。

株やら何やらを処分して、本来の仕事に戻ってお金を返して借金も1000万まで圧縮したけど、このまま終わるつもりはないんだと話ていました。



170116-107.jpg
たくましいなぁ。そのバイタリティはどこから来るんだろ。もしかしたら、すごくインテリジェンスの高い人かしら。
岡崎付近は大きなPAも無いから浜名湖SAまで連れて行きました。浜名湖SAならいくらでも東京行きの車はいるでしょ。
もうすぐ浜名湖SAが近くなってきたな。後部座席でニコニコしているお兄さんとも間もなくお別れです。

170116-108.jpg
別れ際に写真を撮りました。人生の御安航をお祈りしますよ。

170116-109.jpg
そんなこんなで残りの道を無事走り抜き、浜松に帰ってきました。


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

U-BOATさんご無沙汰しております。ブログは欠かさず拝見しています。
デラックスルームどこかで見たような気が・・・と思ったら新日本海フェリー「らべんだあ」のステートAでした。小上がりもあって似た雰囲気です。

Re: No title

お名前が無いので、どなたか分かりませんが、お久しぶりなんですね。

個人的な見解ですが、「いずみ・ひびき」の客室の配置構造がかなり評判が良くて、新日本海フェリーの「らべんだあ」がそれに倣ったのではないかと想像しています。
「いずみ・ひびき」のプロトタイプが現行の新日本海フェリー「すずらん・すいせん」だとも思っていますが、いかがでしょう?

No title

ヒッチハイカーを乗せるなんてちょっと勇気がいります。
あのメルセデスに乗せてもらった元起業家は幸せですね。
せっかくなので事務所でもいこか?と言ってあげればよかったのにw

2000万円の負債なんてどうってことないです。
彼の笑顔がそれを語っているように思います。

Re: No title

こうじさん、こんにちは。

私は家を建てて借金しただけで震えあがっているのに、やっぱり人を雇う立場の人だと考え方が変わるんですね。
ヒッチハイカーさん、悪い人じゃなさそうだったし、この雪だったので連れて行きました。
車のところまで連れて行ったらちょっとビクッとしてましたが、それを見たら大丈夫じゃないかなと思いました。
借金の話をされたときは「お金を貸して」と言われるのかと心配になりましたけど。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR