FC2ブログ

平成28年11月 フェリーさんふらわあで南九州の美味いものを食べる旅 Vol.5

この記事はこちらからの続きです。



161127-59.jpg
この時間に・・

161127-57.jpg
志布志フェリーターミナルに到着しました。

161127-58.jpg
住所がすごいなぁ。志布志市志布志町志布志です。









161127-60.jpg
誘導員の方の指示に従って、乗用車の待機レーンへ。

161127-61.jpg
それでは切符の発券をしてもらおう。

161127-65.jpg
予約番号とクレジットカードを見せるだけでお終い。
よく見るとわかると思いますが、復路の乗用車とドライバーの切符の金額が10000円以下です。
舟遊プラン利用時の中九州航路と南九州航路の売り上げの分け前はこの金額通りになるのでしょうか??とにかくお得なプランです。

161127-62.jpg
こちらは新船のイメージ図ですね。
特等室はデッキ付きになるんですね。2018年の就航が非常に楽しみです。

161127-63.jpg
この日は中学校の団体さんがいらっしゃったようです。
2、30人程度の集団でした。

161127-64.jpg
それではこんな時間になりました。
そろそろ乗用車込の私たちの乗船開始時間です。

161127-66.jpg
開始時間になって車に待機していても、たいてい待たされるのですが、この日はすぐに移動開始。

161127-67.jpg
この日は日曜日。貨物が少ない日なのかな。

161127-68.jpg
この日に乗る船はさんふらわあきりしま。

161127-69.jpg
ほどなくして誘導されました!

161127-70.jpg
ヒャッハー!(実際は徐行)

161127-71.jpg
今までこの航路に乗る時はタラップより下の甲板に誘導されることが多かったのですが、今回は一層上の甲板に誘導されました。

161127-72.jpg
ギュリギュリギュリ・・・(甲板の上でハンドルを切って、タイヤが軋む音)

161127-73.jpg
こんな感じで駐車しました。

161127-74.jpg
それでは上に上がろう。
このフロアはイルカですな。こぼしたペンキがイルカの涙のよう。

161127-75.jpg
エレベーターに乗るの図。
壁にレストランのPRポスターがありました。右のほうに広島県産カキフライと書いてあります。
往路で食べたそれですね。

161127-76.jpg
客室層まで上がってきました。
客室乗務員さんに言葉巧みにエレベーター前に立ち止まらず中の方まで連れ込まれました。

161127-79.jpg
サクッと鍵を渡されたので・・

161127-77.jpg
上の階に上がろう。

161127-78.jpg
しかしこの船は・・

161127-80.jpg
いわゆる公室は非常に少ないですね。
あちこち写すものも無く部屋の中に入りました。

161127-81.jpg
その部屋のドアを開けるとこんな感じ。

161127-82.jpg
細かい事ですが、今回はちゃんとスタンドの照明も点けて写してみました。

161127-83.jpg
さんふらわあごーるど・ぱーると比較すると一回り広い印象です。
良く言われることですが、就航時期がバブル期に近い船の方が造りに余裕があるのです。

161127-86.jpg

161127-87.jpg
この辺も変更なし。

161127-84.jpg
往路と同じく空気清浄機付き。
前回利用時(詳細はこちらをクリック)はスイッチが入らないので、故障しているのかと思って触れませんでした。しかし実際はコンセントは外した状態で設置されています。テレビとカーテンの間の分かりにくいところにコンセントがありました。
外洋を航行する船のためだと思うのですが、空気清浄機は倒れることの無いように壁に固定されていました。

161127-85.jpg
外を見てみました。
?ひょっとしたら雨がやんでいるのかな。

161127-88.jpg
それではこんな時間だから、風呂に入ろう。

161127-89.jpg

161127-90.jpg
サクッと入ってきました。
お客さんも多数利用していて、写真は撮れず。

161127-93.jpg

161127-91.jpg
中央公室エリアに戻ってみると、ちょうど出港10分前の銅鑼を鳴らしている最中でした。

161127-92.jpg
10分前か、忙しい。
売店をチェック。

161127-94.jpg
中まで入るとインフォメーションに居る乗務員さんがレジのあるところまではいってくるので、買う気が無い場合はここまでで終了。

161127-95.jpg
因みにカップラーメンは240円です。
うっかりカップラーメンを買う位ならレストランを利用した方が個人的には(満足度が高いという意味でも)得だと思います。

161127-96.jpg
そーゆーものを確認したら、最上階に上がってきました。
旧グリルです。

161127-97.jpg
ここを開放してくれたら持ち込みの食事をしたい人たちにとっては助かるかも。

161127-98.jpg
そして、外に出てみました。

161127-99.jpg

161127-100.jpg
やっぱり雨が止んだようですね。

161127-102.jpg
このブログを始めた当初は(詳細はこちらをクリック)かなりみすぼらしい建物でしたが、綺麗にリフォームされると印象もかなり変わって見えます。

161127-101.jpg
出港よりもかなり早い段階でタラップも外されていたようです。

161127-103.jpg
最近鹿児島を巡る旅の時には良く雨に降られるな。今度は梅雨時期を外して来ようと思う。

161127-104.jpg
やがてこんな時間になると・・

161127-105.jpg

161127-106.jpg
出港したようです。

161127-108.jpg
私の自家製修理の時計は、やや進めた時間に設定しています。
多分多少フライング気味で出港しました。

161127-107.jpg
BHX-Kは確かこの航路がブルーハイウェイラインを名乗っていたころの名残のシャシーだと思う。Kは何の略だろう。

161127-109.jpg

161127-110.jpg
次回は出来たら鹿児島から九州入りする旅行プランを考えてみよう。

161127-111.jpg

161127-112.jpg
ここまで景色を眺めてたら、部屋に戻ってのんびりしました。

161127-113.jpg
そして気が付くとこんな時間。

161127-114.jpg
外はもう真っ暗。
部屋の中が映り込んでいます。

161127-115.jpg
食事に行こう!

161127-116.jpg
仁王立ちしている私が写っているのはご愛嬌です。

161127-117.jpg
食券を買って中に入るとこんな感じ。
お客さんの入りはまあまあかな。

161127-119.jpg
それでは事前にしっかりイメージトレーニングをしてレーンに入ろう。
まずは野菜。これは要る!

161127-120.jpg
次はカツオのたたきとイカ刺し。イカ刺しは往路で食べたから、カツオだけ取る!

161127-121.jpg
さつまいもと小松菜の生姜餡かけ・・かな?これはご年配の人向けっぽいから取らない。

161127-122.jpg
筑前煮はいいかな・・エビチリは要る!秋刀魚のマーマレード煮はのどが渇きそうだから止めとこう。
ミートボールはちと貰おう。

161127-123.jpg
唐揚げは中津風と書いてある。これは貰おう。
フライはいいや。その横のスパゲッティは業務用なんだろうけど、美味しそうに見える!

161127-118.jpg
そしてデザート系ともう少し余計なおかずはレストラン中央付近にあり。

161127-124.jpg
難なく窓際のテーブルに座ることが出来ました。
私が取った食事は以下の通り。

161127-134.jpg
まずはビア!

161127-128.jpg
カツオのたたき。
下にオニオンスライスをひいています。

161127-127.jpg
中津風唐揚げ(確かに大分県中津市周辺エリアの味付けを意識したものでした)。下に野菜をひいています。

161127-126.jpg
アジ南蛮。これはビュッフェ形式になったばかりの頃の名門大洋フェリーでも出ていたはずの料理です。
パプリカで彩りよく盛られているのはこちらの航路の特徴。個人的にはアジも濃すぎず好きなメニューです。

161127-125.jpg
昭和テイストを意識した太麺のナポリタン。下に野菜をひいています。

161127-133.jpg
エビチリにシュウマイ。外すことの少ない定番メニュー。

161127-129.jpg
野菜キッシュ。これは用心して少ししか取らなかったのですが、普通に美味しい。お代わりしました。

161127-132.jpg
ご飯。ゴマとアジ塩のふりかけとともに。

161127-130.jpg
最後に果物。

161127-131.jpg
ケーキ。

161127-135.jpg
ケーキは途中で追加されていました。
キーウィのケーキは甘酸っぱくて特に美味しかったです。

161127-136.jpg
コーヒーを撮るのを忘れていましたね。
御馳走様でした。美味しゅうございました。

161127-137.jpg
ご飯を食べ終わった頃に志布志湾を出たようで、軽いうねりを感じるようになりました。
この日はこの写真を撮ったら、そのまま部屋にこもって寝てしまいました。











161128-1.jpg
翌朝です。こんな時間に起きました。

161128-2.jpg
当たり前ですが、外は真っ暗。

161128-3.jpg
それでは風呂に行こう。
こんな写真も船が退役すれば貴重なものになるかもしれない。

161128-4.jpg

161128-5.jpg
風呂は午前6時よりオープン。
1時間のみの営業のようです。

161128-6.jpg
そう言えばこの写真を撮っていなかった。
ちゃんと日付も変えていました。

161128-7.jpg
次回乗る時のはコスモターミナルに移転している時になるでしょう。

161128-8.jpg
部屋に戻ってきました。

161128-9.jpg
もう明るくなっていますね。

161128-10.jpg
割と急いで風呂を済ませたつもりです。
朝食を摂りに行こう。

161128-11.jpg
この航路は朝のお風呂の営業もレストランの営業も同じ時間から1時間のみと決まっています。
風呂をあと30分早く開けてくれるとかしたらこんなに慌ただしくなくて良いんですけど・・

161128-12.jpg
レストラン入口の傍にある外部デッキに出るドアはこのようにロープで固縛してありました。
昨日は揺れたんだろうか。寝るとあんまり気付かないんだな。

161128-13.jpg
見本が置いてありました。
上手く彩りよく見せているな。

161128-14.jpg
営業開始後30分、終了まで30分のところで入ってきたのもあるとは思うのですが、利用者はあまりいない模様。

161128-15.jpg
レーンに入るとこんな感じ。
まずサラダ類。

161128-16.jpg
この辺のしょっぱいご飯のお供系はパスしておこう。

161128-18.jpg

161128-17.jpg
似たような写真になってしまった。
左端にあるのは秋刀魚です。今までは業務用アジか業務用鮭の切り身でした。
卵関係はあれかな?と思ったけど、試しに取ってみました。

161128-19.jpg
真ん中のテーブルには船の振動で小刻みに震える大量のヨーグルト。
デザート系はこれだけ。

161128-20.jpg
ご飯の通路に置いてあったおかずはちょっといただきました。

161128-21.jpg
今回の朝食プレートはこんな感じ。
卵はやっぱり白身に着色した白身のみの卵焼きとスクランブルエッグだった。。。

でもサンマは美味しかったな。業務用サーモンも業務用サバもパスパスなのですが、こちらはちゃんと脂がのっていました。

161128-22.jpg
今回はおかゆにしたのですが、こちらも載せたおかずとのマッチングが良くて美味しくいただきました。

161128-23.jpg
御馳走様でした。
美味しゅうございました。

161128-24.jpg
部屋に戻ってきました。

161128-25.jpg

161128-26.jpg
もうそろそろ大阪南港の近くまで来たようですね。

161128-27.jpg
この時間になると鍵の回収をする船内放送がありました。
乗用車込の客さんは放送があるまで部屋で待機するようにの案内も同様です。

161128-28.jpg
しばらく待たされるのかと思ったら、10分待つだけで車両甲板にドゾの放送がありました。
やはりこの日は貨物は少なかったのかもしれません。日曜日出港でしたからね。

161128-29.jpg
車両甲板に言って車に乗り込むと・・

161128-30.jpg
これまた殆ど待つことなく下船開始。

161128-31.jpg

161128-32.jpg

161128-33.jpg
大阪南港かもめ埠頭下船!
これが最後の利用になるんじゃないかな。

161128-34.jpg
それでは目的地を浜松にセットして、出発。

161128-35.jpg

161128-36.jpg
名阪国道を経由。

161128-37.jpg
無事浜松に帰ってきました。


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

BHX-K

いつも楽しく読ませていただいています。
BHX-KのKは九州の略だったと思います。

No title

おはようございます。
志布志に行って時間のあるときは市役所の支所の方を散歩したりします。

市川市市川の市川市立市川小学校をしのぐ、
「こちらは志布志市志布志町志布志の志布志市役所志布志支所です」という看板がなにげにすごいです。
(興味があれば画像検索してみてください)

Re: BHX-K

ぢぢさん、お久しぶりです。

BHX-Kはブルーハイウェイ何とか九州の略なんですね。どうもありがとうございます。
ブルーハイウェイの名前も消えて久しいですが、志布志航路も新船就航が決まって、ヲタ的にほっとしています。
今年もどうぞよろしくお願いします。

Re: No title

グレープフルーツさん、こんにちは。

志布志周辺は公共の交通機関を使って移動しようとなると大変だと思うのですが、グレープフルーツさんはひたすら徒歩で散策しているのでしょうか?いつかお会いできると良いですね。
船内レストランでニヤニヤしながらご飯を食べている男を探してみてください。私の可能性が高いと思います。

No title

こんにちは。

BHX-Kはブルーハイウェイエクスプレス九州だったかと。
「(株)ブルーハイウェイエクスプレス九州」は現存する陸運会社で、
シャーシは決して「名残」ではありません。

私はひたすら徒歩で散策、疲れればタクシーの利用を。
時間にかかわらず船内で飲んだくれてたり(徒歩乗船者の特権?)、
船内の(一般人には)どうということのない箇所の写真撮影をしたりしている怪しいヤツが
私の可能性が高いかと。

Re: No title

グレープフルーツさん、こんにちは。

BHX-K 「(株)ブルーハイウェイエクスプレス九州」はちゃんとホームページも持っている規模の大きい会社なんですね。
志布志航路の名称がフェリーさんふらわあに変わっても、関連会社に昔の名称が残っているのは個人的には好きです。
志布志フェリーターミナルには「中川」の文字が残っていた記憶がありましたが、さすがにそれは現在は見当たりませんね。

フェリーを徒歩利用しようとすると、ターミナルまでの移動に意外にお金がかかったり、体力も使うことがありますが、お互い体を大事にしましょう。

No title

こんばんは。志布志航路に新船が就航したら一度乗ってみたいです。完成予想図では客船みたいですね。ただ、車がないときつそうですね。。。

Re: No title

あきらさん、こんにちは。

志布志航路は下手したら撤退するのではないかと心配していただけに新船就航は非常に楽しみです。
最近の長距離フェリーはテラス付きの部屋を設定するようになりましたね。
公室も開放感のあるものを期待しています。
お風呂も出来れば露天風呂・・・とか言い出すと、新日本海フェリーになってしまいますね。
それほどに楽しみにしていますよ。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR