FC2ブログ

テンワの外し方

160919-23.jpg
写真はセイコーCal.62系のものです。

機械式時計の精度はテンプの状態によるところが大きいのはマニアであれば誰でもわかること。
私が分解修理をする時は、必ず外すようにしています。

少し前にテンワを外すのはどうしているのかと言う質問をしてくれた方がいました。
そう言われると、テンプ受けからテンプを外す様子を書いたものはネット上で見たことは無いな・・と思って今回のブログ記事を作ってみました。







160920-4.jpg
まず全体をひっくり返して、緩急針を外します。
時計修理用のドライバーを使います。
一部のマイナーメーカーの物を除いて、大抵ドライバーの刃先がかかるように溝があります。

160920-5.jpg
それからテンプの天芯が穴石に入った状態で、やさしく全体を親指と人差し指で掴みます。
その状態で、ヒゲ持ちを固定するネジを緩めます。

160920-6.jpg
後はそっと手を持ち替えて、ヒゲ持ちを後ろから押してあげると・・

160920-7.jpg
ポトンとテンプが外れます。
その後に穴石も外して、それぞれの部品を洗浄、後は逆の手順で組み立てるようにしています。

テンプを外す作業があると、ひげゼンマイがよれてしまうリスクも上がるかもしれませんが、私が修理を教わった時計師の方はこの作業は特別丁寧にされていました。
テンプを外さずに丸ごと超音波洗浄にかけてしまっても良いのかもしれませんが、テンワが曇っているときはそれだけ汚れがついていると言うことで、ひげゼンマイの汚れも刷毛を使わないとちゃんと取れないと言う事を言われていました。

私もその辺はさぼらずに続けていますが、もしもまだわからないことがあったら質問をお受けします。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

U-BOAT様
早速にブログにアップしていただきありがとうございます。

補助道具を使わずに簡単にされているんですね。
そうできるまでには相当のご苦労があったかと推察いたします。

師から弟子にと伝える奥義のようなものですから叶わないかもせれませんが、よろしければもう一つ、組み立てる際にヒゲゼンマイをよじれないように収めるところをアップしていただけないでしょうか。「経験の積み重ねです」と言われれば言葉はありません。

オークションにおいてテンプの不良でお金ばかり使って部品取りを増やし嫁から厳しく指摘されている暗中模索の素人を育てるような気持ちでアップしていただければありがたいです。

よろしくお願いいたします。

Re: No title

shirai様、こんにちは。

メールを送りました。ご確認ください。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR