FC2ブログ

平成28年9月 東京出張とライトの弟子を訪ねる旅 2回目後編

この記事はこちらからの続きです。



160904-1.jpg
翌朝です。午前5時半に置きました。

160904-2.jpg
今回のお楽しみは帝国ホテルに宿泊させていただけることもありましたが、朝食もまた楽しみでもありました。

160904-3.jpg
好きなものを好きなだけ食べても良い、いわゆる「バイキング料理」を日本で初めて供したところと聞いています。
ここに来たならやっぱり朝食ブッフェを食べないと意味がないだろうw






160904-4.jpg
営業開始前にレストラン前に来てみましたが・・

160904-5.jpg
既に10人以上並んでいました。

160904-6.jpg
一人3800円。
家族連れでいらっしゃる人たちを見かけましたが、きっとすごいリッチな方なんでしょうね。

160904-7.jpg
インペリアルバイキングサールだそうです。
幸いオープン前ギリギリに来たため、待たされることはありませんでした。

160904-13.jpg
テーブルに着席。それでは攻撃?収奪?開始です。

160904-8.jpg
内容は・・・

160904-11.jpg

160904-12.jpg

160904-9.jpg
うひゃー

160904-10.jpg
美味しそうww

160904-14.jpg
取ってきた食事はこんな感じ。

160904-16.jpg
スクランブルエッグにベーコン、ソーセージ。
ほうれん草のクリーム煮に温野菜少々。

160904-15.jpg
こちらは野菜色々にハムなど。
オニオンスライス、ミニトマトも業務のものではなさそう。オクラはクチャッとしていない、適当に張りの有る感じ。
写真では隠れていますが、大きく切ったニンジンやパプリカも甘くておいしい。

160904-17.jpg
和食コーナーにはおぼろ豆腐がありました。

160904-20.jpg
スクランブルエッグの皿にはポークハムもありましたが、この厚み。

160904-19.jpg
オニオンスープも追加。

160904-21.jpg
飲む酢のコーナーから・・

160904-18.jpg
マンゴーとブルーベリーを頂きました。

160904-22.jpg
その後並んで待っている方が減ったので、オムレツを追加。
プレーンオムレツを頼みました。

160904-23.jpg
最後にパン。

160904-90.jpg
そしてデザート。写真には写っていないけど、マンゴーがうめぇ。

160904-25.jpg
思わずお代わりしました。

160904-24.jpg
御馳走様でした。美味しゅうございました。

160904-26.jpg
それでは部屋に戻って、荷物をまとめたら・・

160904-28.jpg
まだこんな時間だったけど・・

160904-27.jpg
出発しよう。

160904-29.jpg
人が多く居なかったので、エントランスを写真に収めておきました。

160904-30.jpg
次泊まる事なんてそうそう無いだろうな。

160904-31.jpg
そのまま有楽町駅へ。

160904-32.jpg
ちょっと寄りたいところがあったのです。

160904-33.jpg
京浜東北線で良いのかな?
これで新橋乗り換え。

160904-34.jpg
その後東海道線に乗り換え。

160904-35.jpg
藤沢駅に到着しました。

160904-36.jpg
駅の中に観光案内所があったので、場所を確認してやって来ました。

160904-37.jpg
あった、あった。

160904-38.jpg
遠藤新設計の旧近藤邸です。
先代帝国ホテルの設計者フランクロイドライトの弟子、遠藤新の作品です。

先ほどの観光協会で、「遠藤新の設計の建物を見に来ました。なんて名前でしたっけ?」と尋ねました。
別に意地悪をしたのではなくて、本当にギリギリまで忙しくて予習できていなかったのです。対応してくれた方もちょっと困っていましたが、隣の人が「旧近藤邸の事じゃない?」と教えてくれた次第です。どうもすみませんでした。

160904-39.jpg
まず舐めるようにして外観を観察しました。

160904-40.jpg
すぐ後ろに大きな建物が迫っていますが、この地に移築した当初は庭ももっと広かったようですね。

160904-41.jpg
震災直後の設計、竣工のため、屋根材量は軽いものを使用。
個人の住宅だから、帝国ホテルのように豪華ではないけど、十分にライトの雰囲気が伝わる建物。

160904-42.jpg
それでは中に入ってみよう。

160904-44.jpg
和室メインの家ながら、洋室ももちろんあります。ここは家族が集まる部屋。

160904-43.jpg
窓も

160904-45.jpg
暖炉も統一感のあるデザイン。

160904-46.jpg
洋室の向こうに和室があるようです。仕切りの窓のデザインもイイ感じ。

160904-47.jpg
そこから振り返ってみたのがこの写真。

160904-48.jpg
和室部分はあまり使っていない印象でした。

160904-49.jpg

160904-50.jpg
窓はステンドグラスを使わなくても、こんなに印象深いデザインが出来るんですね。
その他の部屋もしっかりと記録しておきました。

160904-51.jpg
どうもありがとうございました。
この写真を見たらわかると思いますが、レストランとして営業している建物です。
見学のみでも可。

160904-52.jpg
それでは藤沢駅に戻って、今度は小田急藤沢駅から次の目的地へ。

160904-53.jpg
膳行駅まで向かいます。

160904-54.jpg

160904-55.jpg
膳行駅に着きました。

160904-56.jpg
駅からほど遠くないところに・・

160904-57.jpg
県民スポーツセンターがあります。

160904-58.jpg
もう見えてきましたね。

160904-59.jpg
アントニンレーモンド設計のグリーンハウスです。

これも先の観光案内所で尋ねました。
「アントニンレーモンド設計の建物で、元藤沢カントリークラブと言うゴルフ場のクラブハウスだった建物がスポーツセンターの中にあるのですが・・・」と尋ねてみたのですが、結局パソコンで調べて「グリーンハウスの事ですね。」と・・・


いろいろと勉強になりますと言われてしまいますた。



160904-60.jpg
ここには食堂が入っているのですよ。

160904-61.jpg
中に入ってみましょう。

160904-62.jpg
入り口に入るとこんな感じ。

160904-64.jpg

160904-63.jpg
目の前に階段があって、その奥にメインホールがある構造。

160904-67.jpg
この構造はこちらの旅行の時に訪れた門司ゴルフクラブのクラブハウスと非常に似ていますね(詳細はこちらをクリック)。
どちらもアントニンレーモンド設計の建物。
こちらは戦前に、門司ゴルフ倶楽部は戦後の設計。こういう構造をレーモンドはかなり以前より温めていたものなのではないかと思いました(素人なりにですけど)。

160904-65.jpg
食堂のメニューですね。

160904-66.jpg
福山雅治主演の「ガリレオ」のロケにも使われたのだそうです。

160904-68.jpg
床には竣工時の物からと思われる豆タイルで表現した絵が残っていました。

160904-69.jpg

160904-70.jpg

160904-71.jpg

160904-72.jpg

160904-79.jpg
こういうものはレーモンドの奥さんの発案によるものと伺っています。
一部(たぶん)後年の補修で失われたものもあるようですが、雲のかかった富士山を模したものもあったり、見ていて楽しかったです。

160904-74.jpg
模様の上にズガン!とテーブルやストーブが置かれているのはやむを得ないですね。現役バリバリの大衆食堂として使われています。

160904-73.jpg
その他戦前のゴルフクラブハウスの紹介はしてありましたが、戦後のレーモンド設計のクラブハウスには触れていなかったな。
門司ゴルフ倶楽部のクラブハウスと設計に近似性があることに気付いていないのだろうか?

160904-75.jpg

160904-76.jpg

160904-78.jpg

160904-80.jpg

160904-81.jpg
外をよく見て・・

160904-77.jpg
逆サイドからよく見て・・

160904-82.jpg
出ていくときにはトイレ側から階段を写してみたりして・・

160904-83.jpg

160904-84.jpg

160904-85.jpg
最後に全景を撮ってみました。
かなり荒れていますね。後世に残そうと思うなら、そろそろしっかり手を入れるべきだと思う。
財源をどこから持って行くかと言う事ですが・・


160904-86.jpg
9月に入ったばかりだと非常にクソ暑くて、汗だくでしたが、満足しました。

160904-87.jpg
膳行駅に戻って藤沢へ。

160904-88.jpg
新横浜駅方面へ向かって行き・・

160904-89.jpg
新幹線で浜松に帰りました。




スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

こういうのを見てしまうと行きたくなります。3,800円の朝食、話の種に長持ちしますからお得?
DIY、簡単なモルタルか壁塗りなら手出し出来そう(笑)。タイルは…(苦笑)。私には無理っぽいです、配置と平面に模様となると…。
古い建物に後付の電源や表示は仕方ないにしても、掲示物を茶色のテープ留めって…、せめて両面テープ位は使って欲しいですね。それと、中は良いとして、外回り、特に壁を何とかしないと……。

>師きりの窓
「仕切り」ですよね?

Re: No title

秋田利用さん、こんにちは。

「仕切り」校正しました。ご指摘ありがとうございます。
地元の人もあまり知ることのない藤沢カントリークラブのクラブハウスなんだから、是非に残って欲しいですね。
予算をどこから出すかに寄るのでしょうけど・・
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR