FC2ブログ

平成28年8月 新日本海フェリーで北海道旅行 Vol.7

この記事はこちらからの続きです。



160807-90.jpg
反航が終わった後は・・

160807-91.jpg
あれが待ち構えています。

160807-92.jpg
ビンゴ大会です。






160807-93.jpg
左手に写っている方がこの日のジャグリングショーのお兄さん。
ビンゴ大会はちびっ子に大人気のよう。

160807-94.jpg
ビンゴが始まっても私のカードの開きはイマイチ。
今回は何ともならんな・・・と思っていたら、最後の最後で子供がビンゴ!

160807-95.jpg
非売品のクリアファイルを持って帰って来てくれました。
子どもは景品を貰ったその時が嬉しいだけ。この手の商品はほどなくして私に所有権が移ります。

160807-96.jpg
それでは部屋に戻ろう。
18時間の移動も案外忙しい。

160807-97.jpg
部屋に戻ってテラスに出てみたり、ソファーに横になってみたりしていると・・

160807-98.jpg
こんな時間になりました。

160807-99.jpg
昼ご飯だー!

160807-100.jpg

160807-101.jpg

160807-103.jpg

160807-102.jpg
メニューはこちら。

160807-110.jpg
まずはビールを。ドバっとこぼすのではないかと思ってハラハラするw

160807-109.jpg
最初のプレートがやって来ましたね。

160807-106.jpg
それでは乾杯。

160807-107.jpg
記念撮影も忘れずに。

夏の彩々ランチ ~涼感の旅~

160807-108.jpg
まずはサラダ;グレープフルーツと魚介のサマーサラダ。

160807-111.jpg
スープ;冷製とうもろこしスープ

160807-113.jpg
魚料理;ハモの温製茶わん蒸しミルク仕立て

160807-114.jpg
梅肉が添えてあるようですね。
シマエビ?も殻がパリッとしていて美味しかったです。

160807-115.jpg
往路ではうっかり寝かぶった反省もあって、ビールだけにしておこうか悩んだのですが、結局頼みました。グラスワイン500円。

160807-116.jpg
肉料理;豚肉と旬野菜の煮込みスタンレーソース。

160807-112.jpg
うっかり手を付けましたが、パンかご飯はパンの方を選びました。

・・・何だか年追うごとに料理がすごくよくなっているようですね。
給仕してくれる乗務員さんにそんな事を言ったのですが、オーセントホテルのシェフの方が時々乗船して内容をチェックしているのだそうです。
その時ばかりは皆さん相当にピリピリするのだそうです。

160807-118.jpg
デザート;オーセントホテル謹製柚子のムース

・・・オーセントホテルのシェフの方が乗船するときはやっぱり上下ジャージーでサンダル履きでくつろいでいたりするんですか?と尋ねたら、そんな事を言っているのではないと言われました。

160807-119.jpg
変な事を聞いてすみません。
御馳走様でした。美味しゅうございました。

160807-120.jpg
それでは部屋に戻ろう。

160807-121.jpg

160807-122.jpg
部屋に戻るとやっぱり気分が良くなってしまいました。

・・・



160807-123.jpg
ファー!
やっぱり寝た。

160807-124.jpg
ジャグリングショーがある前にジュースを飲みたいと子供がせがむので、起床。

160807-125.jpg

160807-127.jpg

160807-126.jpg
贅沢なやつだな!おい!!

160807-128.jpg
大人が見ても十分に楽しめるジャグリングショーが終わったら・・

160807-129.jpg
グリル前でバルーン人形を配っていました。

160807-130.jpg
外を見てみたら、陸地が見えました。
そろそろ能登半島あたりなのかな?と思ったら・・

160807-136.jpg
そのようですね。

160807-131.jpg
ジャグリングショーが終わった頃にクイズラリーの抽選発表があります。
見に行くと、私が当たっていました。

160807-132.jpg
これ、計4ついただいちゃいましたね。
お土産に調度良いや。

160807-133.jpg

160807-134.jpg
今度こそ部屋に帰ってのんびりしようと思いましたが・・

160807-135.jpg
遥か彼方にこれが見えてしまいました。

160807-138.jpg
前回もこんな時間に発見したんだった。
追い抜いていくのに小一時間かかるから、ソファーで待機して、時々テラスに出てを繰り返しながら、撮影しました。

160807-139.jpg

160807-140.jpg

160807-141.jpg
こんな感じで追い抜いていきました。

160807-142.jpg
それでは風呂に入ろう。
往路では大浴場閉鎖後の時間に入ってみたけど、案外あわただしかった。

160807-143.jpg
チョーキモチイー

160807-144.jpg
そんな事をしているとこんな時間になりました。

160807-145.jpg
夕食だ!フェアウェルパーティーだ!!

160807-146.jpg

160807-147.jpg

160807-148.jpg
復路は彼方に陸地を見ながらの食事になりました。

160807-149.jpg
夕食のメニューはこんな感じ。

『和洋創作懐石 ~暑月の宴~』


160807-154.jpg
下船前だから、特別何か飲み物を注文することはなしで。

160807-153.jpg
前菜;イカとラタトゥーユのマリネ

160807-155.jpg
魚料理;スズキのグリルハーブ焼き

160807-156.jpg
明日から仕事だと思うと少ししんみりしますw

160807-157.jpg
肉料理;牛フィレステーキシャリアビンソース

160807-158.jpg
食事;穴子の押し寿司

160807-159.jpg
吸い物;ぎばさ 車麩

160807-161.jpg
デザート;オーセントホテル謹製ムースミルティーユ

160807-162.jpg
御馳走様でした。美味しゅうございました。

160807-163.jpg

160807-164.jpg
部屋に戻って、外の景色を見てみましたが、たぶん越前海岸付近を航行中なのでしょうね。

160807-165.jpg
あの先に玉島荘があるのだ。(詳細はこちらをクリック

160807-166.jpg
そしてこんな時間には・・

160807-167.jpg
敦賀フェリーターミナルが見えてきました。

160807-168.jpg
車両甲板開放の船内放送があったので、外へ。

160807-169.jpg

160807-170.jpg

160807-171.jpg
1Fまで階段で降りていくのは大変だったな。

160807-172.jpg
1Fに誘導された人たちは早くに船内で休憩できるのは良いとして、下船は待たされますね。

160807-174.jpg
こんな時間になって・・

160807-173.jpg
ウィィィィ・・・ン

160807-175.jpg
ありがとうございました!

160807-176.jpg
その後は無理せず安全運転で、3時間後には浜松に戻ってきました。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

新日本海

食事会場へ向かう時に走っているのは?

私もいつか新日本海フェリーで北海道へ行ってみたいです。

行くなら9月か10月がいいかな?

と思っています。

Re: 新日本海

ちゅうさん、こんにちは。

子どもはとりあえず1番乗りをしたいみたいですね。
普段はそんな事も無いのですが。

浜松からの北海道航路は太平洋フェリーか新日本海フェリーの2択になりますね。前者だと仕事が終わってからの出発で間に合いますが、北海道上陸後いきなり宿泊になるのが難点と言えば難点です。

No title

シチズンは珍しい、カットガラスが入っていますね。
今はあまり見かけませんね。

Re: No title

サッピエロさん、こんにちは。

1970年代は大きくゴロンとしたケースで、鮮やかなカラーグラデーションの文字盤とカットガラスの時計が流行りました。
昔はただひたすら古臭い時計に見えましたが、今見るとこれもありかな?と思います。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR